2か月無料キャンペーン中。今すぐ聴こう。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

器量良しのおせきは使いの帰り、影踏み遊びに興じる子どもたちに影を踏まれる。子どもらが去ったあとも追われるように逃げ帰ったおせきだったが、迎えた親たちも恋人も、「寿命が縮まる」と怯えるおせきを落ち着かせることはできなかった。やがて、影を作る月夜を恐れ、日光を恐れるようになったおせきに、恐ろしい異変が……。「半七捕物帳」とは一味違う、岡本綺堂の江戸怪異譚。(注)朗読において、今日の表現基準に照らして不適切と思われる語句や表現がありますが、発表時の時代的背景と文学性を考え合わせ、底本どおりに読んでおります。ご了承ください。 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」
ことのは出版

影を踏まれた女に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。