2か月無料キャンペーン中。今すぐ聴こう。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介
『市朗妖怪百科 第三集 ~タヌキとムジナ、伝説伝承と実話系怪異の奇妙な共通点』

『妖怪百科第2集』ではキツネに化かされる日本人について考察し語ってみたが、 今回はタヌキにまつわる怪異を集めてみた。
キツネは美女に化けるがタヌキはいろいろなモノに化け、時にはノッペラボウの妖怪となり、日露戦争では兵隊となってロシア軍と戦ったという伝説も残る。 だが、そんなタヌキ話は、昔の伝承とほぼ同じ状況、同じ形態で、この現代の日本にも出現しているようなのだ。
そんな実話系怪談としてのタヌキの話と、伝説、伝承に残るタヌキの話を比較しながら、この不思議な現象の要因を探ってみよう。

「化け寺」(7分)
実家である寺の跡取りとして古寺に住むこととなった新婚夫婦。その初日の夜。
離れのトイレと雑草の生い茂る庭で奥さんは奇妙な体験をする。僧侶である夫に助けを求めるが、それは一つ目の小坊主の仕業だという。

「タヌキの祠(ほこら)」(7分)
四国のある町の旅館に宿泊したMさん。真夜中に不思議なモノを見た。庭先に提灯に灯が点いている祠のようなものがあり、その前に人がうずくまっている。
一体あれは何だろうと思いながらもその晩は寝た。翌朝庭先に出て見るとそんなものは無い。すると旅館の主から話しかけられ、祠の秘密を知る。

「タヌキの里」(8分)
仲間数人と東北のキャンプ場でバーベキューを楽しみ一泊した。この時全員が、ささいだがなんだか奇妙な体験をする。しかもその体験にはある共通点が見られた。
しかもこのキャンプ場には、あるタヌキの伝説が残されていて…。

「如雨露」(6分)
箱庭作りが趣味の男性。ある朝自宅の庭先に見たこともない立派な箱庭が置いてあった。
あまりに立派でよくできた箱庭を感心して見ていると、箱庭はまるで本当の山の風景のような様相で動き出した…。

「あれタヌキやで」(13分)
私と北野誠さんの体験談。ある夜、取材で京都市の保津峡駅に向かった。真っ暗な山道にヘッドライトの光だけ。その光の中にある者が飛び込んできた。
ジョギング姿の初老の男だった。ただ、その様子がおかしい。第一こんな時間。もう一度確かめようとすると北野誠氏がこんな一言を…。

「信楽の鹿」(6分)
「檻の中のタヌキ」(3分)
「芝右衛門狸」(20分)
「日露戦争に参加した化け狸」(6分)
「小泉八雲のムジナ」(8分)
「たまご」(4分)
「ムジナを見た人」(10分)
「ムジナの山道」(14分)
「天王寺のムジナ」(4分)
「私の赤ちゃん」(12分)
©2021 Ichiro Nakayama

市朗妖怪百科 第三集 ~タヌキとムジナ、伝説伝承と実話系怪異の奇妙な共通点に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。