最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

実説 城谷怪談 撰集 三

著者: 城谷 歩
ナレーター: 城谷 歩
再生時間: 2 時間 20 分
カテゴリー: ミステリー・ホラー
4.5 out of 5 stars (10件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

<実説 城谷怪談>
老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

<内容紹介>
「新築マンションの呪い」
三十代半ばの独身女性が、長年住み慣れたアパートを出て新築の大きなマンションに引っ越して間もなくのこと。深夜一人きりの寝室に足音が聞こえてくる。足音は彼女の寝ている背後でピタリと止まるのだが…。連日に渡って彼女に襲いかかる怪奇現象には悲しい事実が隠されていた。

「魚溜の滝」
札幌市から南に進む山中、峠道の途中に突如表れる滝の入り口。
獣道を下った先の沢の大きな1枚岩があり、水死体が引っ掛かっていたとの噂に好奇心おおせいな若者が五人肝試しに訪れた夏の深夜。待ち受けていたものとは…。城谷氏本人の体験談。

「もう淋しくないよ」
当日三十二才だった体験者の女性。いつも決まった通勤路を徒歩で行き帰りしていたのだが、その日は深く考えもせず、普段使わない小路に足を差し向けた。するとそこには想像もつかない景色が広がっていた。好奇心の赴くままに進んでいった先にあった小さな公園…異世界に足を踏み入れた彼女を待っていたものは

「薄野の交差点に現れた女郎」
札幌薄野と言えば、明治時代から続く花街である。
霊感の強い飲食店経営者の男性がまだ十代後半、とある小料理屋で板前の修行をしていたころ、同い年の後輩が入店してきた。聞けば後輩も霊感があるという。意気投合した二人がある日の閉店後、帰路の途上にある小さな交差点で出会った不思議な光景とは。

城谷 歩(しろたに わたる) プロフィール
1980年2月16日生
北海道小樽市出身
15歳から舞台演劇を中心に俳優活動を始める。
20歳の時、劇団深想逢嘘(2000年~2011年)を発足、主宰を務める。
ローカルのCMタレントやラジオレポーター、カルチャースクールの講師などを経て2012年1月怪談師デビュー。
怪談ライブバー スリラーナイト札幌本店で活動後、2014年から同六本木店オープンに合わせ上京。
店での口演の他、外部出演、独演会開催、メディアへの出演多数。
2018年独立し、フリーランスプロの怪談師として活動開始。

■メディア
・「所さんの目が点」
・「大人養成所バナナスクール」
・「Rの法則」
・「柴田阿弥の金曜thenight」
他多数

■書籍
・恐怖怪談「呪ノ宴」(竹書房 単著)
・怪談師恐ろし噺「裂け目」(竹書房 単著)

■DVD
・「怪奇蒐集者」(楽創舎)
・「六本木怪談 呪・祟」(楽創舎)
(c)2018 Wataru Shirotani

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2018/06/17

ちょっとだけネタバレ含むかも

最後の お話 面白かったです。見えるもの同士。
もっと進めて考えて見ると 同じ場所に存在する者同士では
お互いが どの様に見えているのか?又は 見えないのか?
想像の膨らむ お話でした。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • gv
  • 2018/06/12

作りすぎ

あまりに作り込み過ぎて、ただのファンタジー小説になってる。あたかも実話を話してますという体なのに、怖い演出を作り出すために設定、説明を詰め込み過ぎて、怖いという感覚より、嘘臭さが強くなり過ぎて、腹が立ってきます。