最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

実説 城谷怪談
老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介
「魅入られた子」(28分)
登録している派遣会社からの斡旋で、展示会にコンパニオンとして入ることになった。 気も張っていたのだろう、イベントが始まって早々連日の疲れもあって具合が悪くなってしまった。少し休むことになったのだが、誰もいない暗い控室でソレは息をひそめて待っていた。

「海」(31分)
小樽出身の体験者の男性は小さい頃から海には慣れ親しんでいたはずだが、20代の頃に体験したあることをきっかけに苦手になってしまった。
海水浴場兼キャンプ場の駐車場に車を止めると、浜辺には人っ子一人いない。8月の天気のいい週末、キャンプ日和だというのに彼ら以外誰もいなかったことがそもそも不思議に思えたそうだ。そうしてその不思議は、ほどなく恐怖に変わることになった。

「見える?」(25分)
小学生の時、同級生の一人に親族と思しき霊がついていると教えたことがきっかけで、周囲に霊感少女としてもてはやされ、よく霊がらみの相談など受けていたそうだが、高校生になった頃から次第に感が鈍くなりついには何も感じなくなった。そんなある日の放課後の教室での出来事である。

「東京の荒れ地にて」(30分)
聞けばある財団からの依頼で、その土地の相続人から早く土地を売って住宅地として開発してほしいとせっつかれているのだが、工事に着工しようとすると関係者に体調を崩すものが続出したり、事故が頻発し、ついには死人まで出てしまったので、霊的なものの仕業じゃないかという。もしそうなら除霊してほしいというのだ。
©2020 Wataru shirotani

実説 城谷怪談 撰集六十二に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。