最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

実説 城谷怪談
老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介
「見える人には見えたから」(32分)
失恋の傷がまだ生々しくヒリヒリ痛んでいた12月、体験者の小野屋さんという女性は友人のMちゃんに誘われてMちゃんの実家がある山梨県に遠出することになった。
温かなご家族に迎えられ、大みそかはMちゃんの弟や地元の友人たちと富士急ハイランドへ出向くことになった。だが二人を待ち受けていたものは...。

「骨董店の鏡」(27分)
優香さんという女性の体験談。開発前の下北沢駅周辺には週替わりで面白い小さなお店が出店されていた。
ある日、骨董好きの優香さんは誘われるように入った一軒の店で、アンティークの鏡に目を引かれた。

「本当にか 前編」(26分)
めぐみさんがまだ離婚して間もない頃、幼い子供二人を養うためにヘアメイクと画商という二足のわらじでてんてこまいだった時の話である。
画廊の仕事を終え、当日ホテルへチェックインしてみると案内されたのは4階の角部屋。嫌な予感がしたが果たして。

「本当にか 後編」(28分)
仕事が終わり、行きつけの飲み屋で遅めの食事とお酒を飲んで、いい心持でホテルに戻りカギをもらおうと受付を呼び出すと、チェックインの時とは別の中年男性が応対してくれた。部屋を告げると「え?」と訝しんで奥に行き何やら揉めている様子。無事カギは受け取れたがその晩の事、寝入ってしばらくすると体が動かなくなった。金縛りだと気づく頃には自由は奪われ、やがてガサゴソと引っ掻くような物音が。開いていた目を必死に音の出元に向けるとラクダ色の下着上下を着たやせこけた老人がドアをよじ登ろうと引っ掻いており更に...。
©2020 Wataru shirotani

実説 城谷怪談 撰集六十三に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。