最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

実説 城谷怪談
老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介
「命取り」(30分)
真由子さんが子供の頃、奈良県へ引っ越した。
数年たって大きな部屋が空いたというので同じ家の中ではあったが部屋を移り住んだ。間もなく真由子さんは酷い喘息の発作で入退院を繰り返すように...。心当たりは、ある晩ふと目を覚ました時に天井に浮いていたものすごい形相の老婆を見てからだった。

「助けを求める少女」(29分)
二十年以上前、体験者のさくらさんは地元にあるスーパーで正社員をしていた。
その日も一人二階の事務所に向かって店じまいの作業にかかったのだが、集中力散漫で仕事が手につかない。ふと一階に降りたとき、コンコン...。乾いたノックの音に驚いて振り向くと、出入り口のガラス戸の向こうには赤いランドセルを背負った女の子が。

「沖縄の兵隊さん 前編」(28分)
Mさんが専門学生だった頃。
夏休みには彼氏が地元の沖縄に帰省することになり、一緒に観光がてら遊びについていったそうだ。 沖縄でも旅費を稼がねばならず短期のアルバイトなどしながらだったが、 肝試しに行ったり、ビーチパーティに行ったりと満喫していた。
ところがとあるビーチの横にある岸壁を訪れてからMさんは具合が悪くなり、 顔や胸がチリチリと焼けるように熱くなった。

「沖縄の兵隊さん 後編」(26分)
彼が言うにはその岸壁は、かつての大戦時多くの人が亡くなった場所だという。
霊感の強いMさんはそれが原因だろうとその日は外出を控え宿泊先だった彼の部屋に寝ていた。
もし夜中に具合が悪化したら隣室に彼が寝ているから 壁を叩いて起こせと言われていたのではじめは安心していたのだが、 夜中パチパチ...と何かが爆ぜるような音と低い怒りに満ちた声に目を覚ます。
目の前には焼け焦げた日本兵と思しき人が...。
©2020 Wataru shirotani

実説 城谷怪談 撰集五十八に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。