最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

実説 城谷怪談 撰集三十八

著者: 城谷 歩
ナレーター: 城谷 歩
再生時間: 2 時間 1 分
カテゴリー: 落語・寄席・演芸
4 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

実説 城谷怪談

老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介

「カウントアップ」(31分)
体験者の30代男性は、10年以上前に神奈川県下の地下にある3LDKのマンションを購入した。
ある夜中の出来事だ。トイレに起きてくると廊下からボンヤリ光が漏れている。
光の出元は浴室だが電気の消し忘れとは違う仄かな灯で、気になって見に行くと通電していないはずの 浴室用テレビがほんのりと光っていた…。

「三面鏡」(32分)

城谷がまだ小学生の頃、実家の物置部屋で古い三面鏡を見つけた。
鏡は魔力があるとか、合わせ鏡をしてはいけないだとか言われているが、その三面鏡にもそうした力があったのかもしれない。
こっそり三面鏡を覗いた晩だ。一人起きだして用を足した後、視線の先にある洗面の鏡に違和感を感じる。そこには自分ともう一人、女の姿がはっきりと映っていたのである。

「マンションのヒビ」(24分)

大坂出身の50代の男性は幼少のころから強い霊感を持っている。彼がまだ小学生の頃だ。
新聞配達のアルバイト をしていた地区で、一棟のマンションが立ち入り禁止になった。聞けばそこに住む女子高生が 飛び降り自殺をしてしまったとのこと。
その事件は思いもよらない展開と、大きなひび割れに込めた念を 後日、顕すこととなった。
「消えた」(33分)

声優になりたい一心で日々レッスンやオーディションを受ける人は全国に大勢いる事だろう。このエピソードの主人公も正にそうした夢に燃える若い青年である。
なかなか思わしい成果を上げられず、 生活のためのアルバイトにいそしんでいたのだが、遂に大きな仕事のオーディションで最終選考まで選ばれるという好機がやってきた。
ところが彼は前日高熱をだしてしまう…。
©2019 PanRolling.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2019/11/21

Good

very good excellent super