最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

実説 城谷怪談 撰集三十五

著者: 城谷 歩
ナレーター: 城谷 歩
再生時間: 2 時間 1 分
カテゴリー: エンタメ・カルチャー
5.0 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

実説 城谷怪談
老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介
「いずい」(32分)
永田さんが、勤め先の7歳年上の店長と男女の一線を越えたのは、慣れない都会暮らしの寂しさからだったからなのかもしれない。
ところがある時、店長がやたらと疲れる、しんどいと体調の不良を訴えるようになり、 彼の出身地である北海道の方言で「いずい(不快である、具合が良くないといった意)」の言葉を頻繁に言うようになる。

「薄闇」(24分)
池端さんは、将来声優になるという大志を胸に上京してきた。
しかしオーディションには一向に受からず、事務所への所属もならず、次第に目標を見失って行った。
やがてそんな暮らしが数年続き、遂にギリギリで踏ん張っていた生きる希望がぷつんと途絶えてしまう。 知らない街に行こう、そしてそのまま…。

「脅迫電話」(29分)
安藤さんという男性が、誤って携帯電話を故障させた時の出来事。
電話に記録してあったアドレスがすべてダメになってしまった。改めて自分あてに連絡先を送ってほしい旨の記事をあげると友人、知人からメールが送られてきて間もなく元登録してあった連絡先は復旧するだろうと思っていた。そこに見知らぬ番号から狂ったように何十件もの着信が入った。

「白百合の部屋」(36分)
あっつんは小学校5年生の修学旅行を忘れない。
楽しかったからではない、恐ろしい記憶として忘れられなくなってしまっているのだ。
行先は軽井沢だった。修学旅行生ばかりを受け入れる、その旅館の一階の奥にある「白百合の部屋」というのが問題だった。
幸いあっつんの部屋は二階で、自身は難を逃れたが、当時片思いしていたヤエちゃんが奇しくもその白百合の部屋にわりあたってしまう。
初日の晩、件の部屋から絶叫が響いた。一体何が起こったというのか。
©2019 Wataru Shirotani

実説 城谷怪談 撰集三十五に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。