2か月無料キャンペーン中。今すぐ聴こう。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介
「殺すぞ 前編」(21分)
木村さんという五十代の男性が覚えていた話。兵庫県に生まれ育った木村さんの近所に地元でも乱暴者で有名なIさんという男性がおりました。
木村さんよりも一回りも年上の人で、おはようやこんばんはという挨拶の代わりに決まって「何しとんねん」とすごんでくるというんですから、よほど短気だったんでしょう。ちょっとすると「もっぺん言ってみ」と堪忍袋の緒が切れて、言葉よりも手が先に出るという。
ですがただの乱暴者ではありません、曲がったことが嫌いな人情家でした。
ですが、Iさんは幽霊に向かっては容赦なく「殺すぞ」と挑むのです。「殺すぞ」というようになったきっかけは想像できないものでした。
©2021 Wataru shirotani

実説 城谷怪談「殺すぞ 前編」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。