最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

三十六歳という若さで、あの世とこの世の橋を一気に渡ってしまった四代目林家小染。若くして本格的な落語家と称された実力を、現存する全てのアーカイブから限界まで選りすぐり収録。

※本作品は全9巻含むまとめ版です。

【収録内容】

Vol.1

1. 相撲場風景(1980年11月22日放送 読売テレビ「お笑いネットワーク」音声素材協力:読売テレビ)

2. 禁酒関所(1983年2月12日放送 朝日放送「爆笑上方落語」)

3. たいこ腹(1983年2月26日放送 NHK「第23回国立名人会」)

4. 鹿政談(1983年10月16日収録 近鉄百貨店アベノ店「上方落語らいぶ100選)

Vol.2

1. 景清(1983年10月18日収録 近鉄百貨店アベノ店「上方落語らいぶ100選」)

2.こんにゃく問答(1983年6月12日放送 朝日放送「エキスタ寄席」)

3.鍬潟(1983年9月11日放送 花王名人劇場「満員御礼!!爆笑大相撲」)

4.らくだ(1980年5月11日収録 厚生年金中ホールNHK「上方落語の会」)

Vol.3

1. うどん屋(1972年6月7日収録 なんば花月 定席)

2.堀川(1973年8月31日収録 難波高島屋ホール「第51回上方落語をきく会」)

3.応挙の幽霊(1974年6月13日 なんば花月 定席)

Vol.4

1.首屋(1974年10月5日収録 心斎橋パルコ「パルコ十円寄席」)

2.こんにゃく問答(1975年3月25日収録 難波高島屋ホール「第56回上方落語をきく会」)

3.腕食い(1975年6月30日心斎橋パルコ「パルコ十円寄席」)

4.ふぐ鍋(1975年12月1日難波高島屋ホール「第58回上方落語をきく会」)

Vol.5

1.時うどん(1976年1月16日収録 なんば花月 定席)

2.運廻し(1976年10月29日収録 甲南女子大学「東西お笑い劇場」)

3.鍬潟(1976年11月8日収録 あべのアポロホール「東西お笑い劇場」)

Vol.6

1.禁酒関所(1977年12月28日収録 難波高島屋ホール「ヤンリク落語会」)

2.茶目八(1980年4月10日収録 難波高島屋ホール「第67回上方落語をきく会」)

3.酒百態(1980年5月7日収録 なんば花月 定席)

4.鹿政談(1980年10月30日収録 難波高島屋ホール「第68回上方落語をきく会」)

Vol.7

1.たいこ腹(1982年1月28日収録 難波高島屋ホール「第71回上方落語をきく会」)

2.お文さん(1982年3月13日収録 大淀ホテルプラザ ビスタラウンジ「第七回日曜名人会」)

Vol.8

1.景清(1982年8月21日収録「第12回土曜名人会」)

2.莨の火(1982年10月1日収録「第72回上方落語をきく会」)

Vol.9

1.猿後家(1983年3月19日収録「第20回土曜名人会」)

2.尻餅(1983年11月27日収録「第20回土曜名人会」)

 本作品に収録されている音声は、収録時の録音技術、録音環境に起因して、一部お聞き苦しく感じられる場合がございます。また、演目により現在では不適切な表現が使われている場合がございますが、古典落語の文化を尊重し、音声処理を行わず、収録時のままの音声を使用しております。予めご了承ください。

©2009 NHK, ABCテレビ, ytv, YOSHIMOTO

四代目 林家小染 Vol.1 – Vol.9に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。