最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

地縛霊に正拳突き!M男霊に放置プレイ!ガチからエロまで何でもあり!怪談バカ一代、北極ジロの怖オモロネタが炸裂する!!
怪談ソムリエにしてガチ怪談からエロ怪談までなんでもありの怪談バーリトゥーダー!あらゆる「怪」の現場に現れる神出鬼没の怖オモロ男、またの名をいたこ28号!
そんな彼が集めに集めたネタの中から怖さとエロさと笑いを織り交ぜた怪談の機銃掃射!他では絶対聴けない、唯一無二のトークが炸裂する!!

001:案内人・蜃気楼龍玉による北極ジロ紹介
002:お墓に面した部屋で寝ていると…「夏の合宿」
003:事故物件と知りつつ“気合”で住み始めたのだが…「空手部の先輩」
004:自分を呼び止めた“拝み屋”と称するおばちゃんの口から語られたのは…「ねじれる」
005:夜道でふと見上げた電柱のてっぺんからぶら下がっていたのは…「黒いヤッケ」
006:サブカル同好の士の集まりで貰った名刺の肩書には“豚”と…「宙に浮かぶ縄」
007:知人宅の一周忌で訪れた家の床の間にあったのは顔の腫れた人形だった…「市松人形」
008:父に買ってもらった新古車。誰もいないはずの助手席には…「助手席の女」
009:ゴミ屋敷の廊下の奥。「ドボン」という音とともに消えた老婆は…「ゴミ屋敷の老婆」
©2018 楽創舎 (P)2018 楽創舎

北極ジロ 怪奇蒐集者(コレクター)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。