最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

二廃人

著者: 江戸川 乱歩
ナレーター: テルヤン
再生時間: 48 分
カテゴリー: 名作文学
4 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

<内容紹介>
湯上りに世間話を交わしていた二人の男がいた。その一人、斎藤氏の顔は無残に傷ついており、身体にも戦場で数々の傷を負ったのだという。一方の井原氏は、彼と宿も違い、身分も違うのに、急に親しくなったことを不思議に思っていた。何かしら前世の約束のような不思議な縁を感じていたのだった。
昔話に花が咲く中、斎藤氏は一つ懺悔話を聞いて欲しいと切り出した。それは、斎藤氏が大学に在学していた時に犯してしまった罪の話だった。
ある朝のこと、同じ下宿にいる友人がやって来るなり、奇妙な話を始めた。昨日の斎藤氏は大変な気焔で、いきなりやって来て議論を吹っ掛けては、言いたいだけ言ってさっさと帰ってしまったと。だが、その記憶が定かでない斎藤氏は、キツネにつままれたような心境でその話を聞いた。その友人は昔からの夢遊病が再発したのではというのだが……

<江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)>
日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。
(c)2018 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ceptor
  • 2018/07/12

苦い笑み

乱歩の小説は、まずタイトルだけでひとつの作品になっているのだと思う。この話もまったくどういう方向へ向かうのかわからず、タイトルを手がかりに想像を働かせていると、華麗に裏切られてしまい、またそれが心地よい。