最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

クローン。法律により禁じられている無性生殖による複製人間。研究者のハギリは、ペガサスというスーパ・コンピュータから、パリの万国博覧会から逃亡したウォーカロンには、クローンを産む擬似受胎機能が搭載されていたのではないかという情報を得た。彼らを捜してインドへ赴いたハギリは、自分の三人目の子供について不審を抱く富豪と出会う。知性が喝破する虚構の物語。
©森 博嗣 (P)2020 Audible, Inc.

ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • クンクン丸
  • 2021/06/05

サヨナラ

Wシリーズ第7弾。ウグイは出世して担当を外れているので淋しいなと思っていたら、ああいうことに。ツェリン博士が息子のことを話すのを今までも何度かあったが、これの伏線だったのか。ショッキングだったけど、面白いし、人間や生命について考えさせられる。読者は作者に翻弄され続ける。