最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

あなたの耳に、不気味で妖しい闇話を。
女流怪談師 山口綾子。
可憐で、時に妖艶なその見た目からは想像だにしえないほど、情感豊かに語られる深く黒い闇の話の数々。あなたの身の回りにもある、人知れず存在している数々のイビツに切り取られた風景に浸っていただきたい。

『あいさつ』(9分)
ある女子大生が、冬休みに地元青森県に帰省したときの話。深夜にタクシーで自宅付近まで移動し降車すると…。真夜中の恐怖と隣り合わせになった彼女が知ることとなる、恐ろしい真実とは。

『試験勉強』(5分)
女子高生の彼女はその日、三日後に控えた試験に備えて夜遅くまで勉強に励んでいた。いつもと変わらない朝のはずだった。ところが、ある"信じられないモノ"を見てしまった…。その真実は、何気なく過ごしている日常の中に潜んでいた。

『勘違い』(14分)
Sさんはその日、SNSのある投稿を見て驚いた。その内容とは、"投稿者とその友人の部屋が、内装から家具の配置や色合いまで、偶然とは思えないほどそっくりだった"というもの…。驚愕の真実がSさんを襲う。

『まっしろ公園』(7分)
近所の子どもたちが「まっしろ公園」と呼んでいる場所でよく遊んでいることを知った彼女は、ある日…。楽しい記憶を辿ったとき、恐怖の真実が明らかとなる。

『ハッピーバースデー』(10分)
小学生のみっちゃんはその日、クラスメイトの女子たちを自宅に招いて自身の誕生日会を開いた。誕生日ケーキのロウソクの炎は1本だけ残ってしまった。気を取り直してもう一度息を吸い込んだ時、炎が消えるのを阻止するように、友人の一人が声を上げた…。 『死後の記憶』(12分)
よしえさんは子どもの頃、両親と父方のおばあちゃんの4人で暮らしていた。幼い頃からおばあちゃんの"嫁いびり"を目撃していたよしえさんは、母とおばあちゃんの仲が良くなるように、「おばあちゃんの好物はお饅頭だ」とこっそり母に教えてあげた…生と死の狭間で、おばあちゃんは何を想ったのか。
他、収録作品
『大好きだった歌番組』(4分)
『うわさの真相』(8分)
『おねだり』(12分)
『ヒトミさんの話~短編3話~』(10分)
『ふざけた理由』(10分)
©2020 Ayako Yamaguchi

イビツナリ(歪形)5 ~紫の夜~に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。