最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

2120年からの未来から、究極の犯罪AIがこの現代に降臨してきた。ネットもコンピューターもデータも自在に支配できる犯罪AI「ASKR」は、水面下で、とある人物を殺戮しようとする。その犯罪を阻止しようと、AI刑事「アレク氏」が、平凡な大学生西門慧の「アレクサ」にインストールされ、慧は、アレク氏と、ASKRに立ち向かっていく。
 

100年後の世界観と現在が交差し、今を生きる私たちに、友情とは何か、人間とは何かを問う…
「TRICK」「SPEC」「池袋ウエストゲートパーク」など数々のドラマや映画を手掛けてきた堤幸彦監督自身初となるオーディオエンターテイメントがAudible Originalsで登場。

 

[主な登場人物]

  • Echoが好きな普通の大学生:西門 慧(梶 裕貴)
  • 2120年からきたAI刑事:アレク氏(山寺 宏一)
  • 2120年からきたクライムAI:ASKR(窪塚 洋介)
  • ASKRの存在に気づき慧たちに協力する超ハイスペック超美人刑事:高樹 聡子(三石 琴乃)
  • 中年パンクロッカー:駮馬 浩二(波岡 一喜)
  • 女医:海野 亮子(伊藤 歩)
  • バチェラー:蒔田 慈朗(尾上 松也)
  • 慧の大学のマドンナ:赤城 翔子(白石 聖)
  • 天才小学生:醍醐 久美(山口 陽愛)
     

[アナザーストーリー第8話]

  • 寧々の夫で寡黙な大工:酒巻 哲夫(竹中 直人)
  • 亡き夫にメールを送り続ける妻:酒巻 寧々(木野 花)
  • 寧々の娘/小さなレストランを経営している:石川 萌(星野 真里)

※各エピソードのタイトルに相関図の付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

©2020 Audible Originals, LLC (P)2020 Audible Originals, LLC

アレク氏 2120に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    98
  • 星4つ
    18
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    4
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    96
  • 星4つ
    17
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    3
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    76
  • 星4つ
    27
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/11/21

堤ワールドに期待!!

「アレク氏2120」ウェブニュースで知り、さっそく無料体験版にて視聴!
没入感ハンパない!! 軽い気持ちで聴いてみたらあっという間に3話とも聴き終えていた。
これから登場する豪華キャスト陣にも期待しかない!!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/11/21

オーディオドラマの可能性

堤監督の「聴く映画」という記事を見てaudibleを始めて聴きましたが、そのポテンシャルの高さに驚きました。 単調なラジオドラマと違い、次々と変化するシーンと物語のスピード感。 それでありながら、決して物語においてかれる事のない、計算された精密な台本や音響効果の設計。さすが堤監督といった感じでした。 説明を限りなく排除しながら、「音」だけで情景やキャラクターを想起させる、まさに聴く映画だなと思いました。 音だけだから…と侮らず、みなさんにこの新感覚のエンタメを体験してほしいです。とりあえず友人にはお勧めしまくってます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 釜揚うどん
  • 2020/11/27

本の読み聞かせじゃない。「オーディブル」が、映画やコミック化のエントリーゲートになる?

これ、漫画でも読みたい。なんなら実写(声のイメージが最高なのでアニメの方が良し)で、観たい。
映像の魔術師、堤幸彦監督は、音の魔術師でもあったんだなと戦慄。
どんだけ多才なんだ。

そして三話でお終い??
続編希望。
と言っても、監督も役者さんも、みんな忙しすぎる人ばかりだろうけど。

しかし、Amazonオーディブル。オリジナルの「物語」を作り始めたということは、
色んな「企画」のエントリーゲートになるってことなのか。


  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/11/26

キャストの説明、ありがとうございます。

「どのナレーターさんが、誰の役なのかを解説欄にでも書いてあると嬉しいです。」とレビューに書いたら、すぐに対応していただきました。ありがとうございます!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • おのめのめ
  • 2020/11/21

聞き応え十分な豪華さ!

凄く豪華で多層なオーケストラを真ん中で聴いているような感じです。どちらかというと静かな作品がおおいなか、この物語の世界を作る音のひとつひとつが立っていて聞き応えがあり世界への没入感が十分楽しめます。
堤監督作品のスピード感もこれから出てくるのかな?と思うと楽しみ。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2020/12/06

楽しい

Audibleの中でも抜きん出て気楽に楽しめるストーリーにやっと出会えた気分です。山ちゃんのアレク氏サイコー!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • うさぎニンジン
  • 2020/12/01

こういうのを待っていたかもしれない

オーディブルを使うようになり、ときどき声優さんの朗読を聴くとすごい得した気分になっていた。
これはストーリーも去ることながら声優さん達のアツい仕事が詰まっている作品だと感じた。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Kindleユーザー
  • 2020/12/04

安堂ロイド_2.0

2013年の早すぎた「安堂ロイド」の方が「半沢直樹」よりも良かったと思った方は是非、視聴しましょう.

「安堂ロイド」は、庵野氏の野心的な挑戦作でしたが、低視聴率に苦しみました.

2020年の今なら、AIの「危険性も含めた可能性」がSF好きの方以外にも理解されたでしょう.

「アレク氏2120」は、AIが実用的に一般社会で常用可能となった現在が舞台となっており、受け入れやすいものと思いました.

エヴァンゲリオンの葛城役の三石琴乃さんのTV版での良い意味で弾けた言い回しを味わいたい方、

楽しい山寺節を聴きたい方、

窪塚さんのファンの方、

是非、お楽しみください。

追記:TBS系の「安堂ロイド」、「SPEC」を観ておくとより楽しめます、が観ていなくても十分楽しめます.

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 🚲カスタマー
  • 2021/05/25

こんな豪華な作品が!

俳優陣、声優陣が豪華で、楽しめる作品でびっくりしました!
無料で聴けるとは思いませんでした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • みなみ
  • 2021/02/10

楽しかった!

更なる続編を期待したくなる作品でした。
窪塚洋介さんの演技力は衰えてないのですね、とても嬉しかったです。
ストーリーは、幾つかご都合主義かな?と感じられなくもない部分がありましたが、それを補って余りある程の、豪華声優陣の素晴らしい演技力!
ファンにはたまらないネタ満載、「上手いな」と感心するところ、そこまで出していいの?と思っちゃうようなところ、思わず声を出して笑ってしまうところなど、とても耳福な時間でした^^