最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

・はだかのきぞく

―夜の町を走る車の中で、きぞくの男はなぜかはだかになります。そのわけとは……?



・親と子のえん

―ぬすみ食いをしたからと子どもとえんを切った父親は、ひどい親?



・子どもをさらったサル

―たすけたサルが、おんがえしどころか子どもをさらっていってしまいます。



・どろぼうの心がわり

―とのさまのもとに「自分はどろぼうです」と男がやって来ます。そのわけとは?



・おじいさんとふしぎなウリ

―おじいさんがひろったたねをうえると、あっという間にウリがそだっていきますが……。



・正しいことのむずかしさ

―正しいことを言ったつもりが思いもよらずうらまれて、いのちをねらわれてしまいます。



・どろぼう知らずのお金もち

―だれからもものをとられたことのないお金もち。そのひみつとは?



・いくじなしのさむらい

―いつもえらそうなさむらいが、自分のかげを見ておびえてしまいます。



・うまい魚がやすいわけ

―おばあさんが売りに来る、やすくておいしい魚。しかしその正体は……。



・ふしぎなゆめ

―町にのこしてきたつまのもとへひさびさに帰るとちゅう、男はいやなゆめを見ます。
(c)2015 Pan Rolling

いっしょに楽しむ にほんむかしばなし 28に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。