最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

新進の若手女性作家である八束穂国の短編時代劇小説「あかり」が、脚本家東海林桂の手によりオーディブックとして世に出ました。主人公の隼人は喧嘩のとばっちりで、果たし合いを申込まれる羽目に...。”幸福とはなにか”?生きる力や存在意義を求めて彷徨う私達が、希求してやまない”幸福”?。しかし、誰もが口にするその言葉の実体は、まるで陽炎のようにあやふやで。言葉だけが幽霊のようにそこにある。その幽霊と対話をしたいと思ったのが、この話を書いた始まりだと作者は語る。そして「蝉」を見ながら辿り着いたひとつの幸福のかたち。絞り出すような生への訴えを描いてみせた。八束穂国:1983年広島生まれ。東京女子大学文理学部日本文学科卒。(C) 八束穂国/Pamlink Corp.
(C) 八束穂国/Pamlink Corp.

あかりに寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。