• 【後編】加谷珪一と語る「『国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶』から学ぶ 景気復活へのカギ」

  • 著者: 幻冬舎
  • ナレーター: 加谷 珪一, 杉浦 雄大
  • 2022/04/08
  • 再生時間: 33 分
  • ポッドキャスト

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
  • サマリー

  • 今回のゲストは加谷珪一氏。
    編集者杉浦のナビゲートで『国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶』についてのお話と、ご自身の勉強法・読書法について語っていただきます。

    <トーク内容>
    【後編】コロナとスペイン風邪/乗り越えるヒントは歴史にある/ウクライナ進行が日本経済に与える影響/国内経済にシフトしていくチャンス/アウトプットの量を増やしていくための仕事術/成果を上げるには量を積むこと/電子書籍と紙の書籍を使いこなして効率化/ほか

    <書籍内容>
    『国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶』
    他の先進国が消費を拡大する中、なぜ日本だけが沈み続けるのか――原因は、緊縮財政でも消費増税でもなく「日本人の性格」だった。高度成長からバブル期は、人口増加、輸出主導で我が世の春を謳歌した。が、自己陶酔した「優しさ」「思いやり」「絆」の像とは裏腹に、じつは猜疑心が強く、他人の足を引っ張るという隠れた国民の本性が、「失われた30年」で明らかになった。後ろ向きな心持ちでの景気向上はあり得ない。本書は日本人の消費マインドが萎縮する現状を分析、数多のデータから景気浮揚できない理由を指摘し、解決策を提示する。
    【書籍】https://amzn.to/3xKrWhr
    【電子書籍】https://amzn.to/3y5BxR6
    【Audible】https://amzn.to/3n5LOX8

    <著者プロフィール>
    加谷珪一(かやけいいち)
    経済評論家。仙台市生まれ。
    一九九三年東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。
    野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。
    独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。
    現在は、「ニューズウィーク日本版」や「現代ビジネス」など多くの媒体で連載を持つほか、テレビやラジオで解説者やコメンテーターを務める。
    主な著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『日本は小国になるが、それは絶望ではない』(KADOKAWA)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『日本はもはや「後進国」』(秀和システム)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。
    加谷珪一オフィシャルサイト http://k-kaya.com/
    ©2022 Gentosha (P)2022 Audible, Inc.
    続きを読む 一部表示

あらすじ・解説

今回のゲストは加谷珪一氏。
編集者杉浦のナビゲートで『国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶』についてのお話と、ご自身の勉強法・読書法について語っていただきます。

<トーク内容>
【後編】コロナとスペイン風邪/乗り越えるヒントは歴史にある/ウクライナ進行が日本経済に与える影響/国内経済にシフトしていくチャンス/アウトプットの量を増やしていくための仕事術/成果を上げるには量を積むこと/電子書籍と紙の書籍を使いこなして効率化/ほか

<書籍内容>
『国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶』
他の先進国が消費を拡大する中、なぜ日本だけが沈み続けるのか――原因は、緊縮財政でも消費増税でもなく「日本人の性格」だった。高度成長からバブル期は、人口増加、輸出主導で我が世の春を謳歌した。が、自己陶酔した「優しさ」「思いやり」「絆」の像とは裏腹に、じつは猜疑心が強く、他人の足を引っ張るという隠れた国民の本性が、「失われた30年」で明らかになった。後ろ向きな心持ちでの景気向上はあり得ない。本書は日本人の消費マインドが萎縮する現状を分析、数多のデータから景気浮揚できない理由を指摘し、解決策を提示する。
【書籍】https://amzn.to/3xKrWhr
【電子書籍】https://amzn.to/3y5BxR6
【Audible】https://amzn.to/3n5LOX8

<著者プロフィール>
加谷珪一(かやけいいち)
経済評論家。仙台市生まれ。
一九九三年東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。
野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。
独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。
現在は、「ニューズウィーク日本版」や「現代ビジネス」など多くの媒体で連載を持つほか、テレビやラジオで解説者やコメンテーターを務める。
主な著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『日本は小国になるが、それは絶望ではない』(KADOKAWA)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『日本はもはや「後進国」』(秀和システム)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。
加谷珪一オフィシャルサイト http://k-kaya.com/
©2022 Gentosha (P)2022 Audible, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

【後編】加谷珪一と語る「『国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶』から学ぶ 景気復活へのカギ」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。