最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

ミステリー小説はいかにして生み出されるのか。 女性推理作家のパイオニア夏樹静子は、エラリー・クイーン(米・推理作家)と親交を深め、自らの作品を世界にも発表する道を切り開いた。その創造性の秘密、人生とミステリーの関係に脳科学者の茂木健一郎が迫る!対談には、人生を前向きに生きるためのヒントがあふれています。ライブトークでしか味わえない二人の本音の会話をお楽しみください。配信音源のために収録した舞台裏インタビュー付き! ○夏樹静子(なつき・しずこ)作家。慶応大学英文学科卒。在学中に江戸川乱歩賞候補。73年『蒸発』(第26回日本推理作家協会賞)、78年仏訳『第三の女』(フランス冒険小説大賞) 82年『Wの悲劇』(映画化。主演:薬師丸ひろ子)、84年 『妻たちの反乱』92年『白愁のとき』、97年 『椅子がこわい-私の腰痛放浪記』、01年『量刑』、07年日本ミステリー文学大賞、10年『裁判百年史のがたり』、ほか多数。(c)2010朝日カルチャーセンター/NHKサービスセンター
(C)朝日カルチャーセンター/NHKサービスセンター

「脳とミステリー」 茂木健一郎×夏樹静子 Brain LIVE Talkに寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。