最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

私は現在、在宅でライティングやパソコンでおこなう内職的な仕事をして、お金を稼いでいます。
「パソコンを使って仕事をしよう」と思いついたのは、20代の頃でした。
その頃は子供がまだ1歳半頃のこと。
周りのワーキングママを見ていると、育児しながら外で働くということが精神的・肉体的にしんどいのではないかと思ったからです。
もちろん外で仕事をするというのは色々な刺激もあって楽しいこともあるのでしょうが、通勤時間や交通費、保育料などを考えても、やはり家で仕事をした方がメリットが大きいと感じました。
それに小さな可愛い我が子と一緒に過ごす貴重な時間を多くして大事にしたい、そういう想いもありました。
現在は子供も大きく成長し、あまり手がかからない年齢にはなりましたが、それでも在宅でおこなえる仕事は色々な面で融通が利き、助かります。
これからも長く続けていきたい、そう思える仕事です。
自宅での自粛期間が増え、在宅ワーク・リモートワークが注目されている昨今。
様々な副業がある中で、特に注目なのが電子書籍です。
今、電子書籍で収益を上げる人が増えています。
スマホやタブレット端末の普及によって若者の本離れなども関係し、電子書籍で本を読むことや漫画を読むのにハマる人が急増中です。
また、ビジネスノウハウや小説などをKindle出版するのって、意外と簡単にできてしまいます。
今回はそんな電子書籍で稼ぐための方法、メリットやデメリットについて解説します。
これから電子書籍の副業を始めたいと思っている方の参考になれば幸いです。
©相川 正樹 (P)2021 相川 正樹

「たった1か月」電子書籍で収益を得たい人必見!稼ぐ唯一の方法に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。