検索キーワード:ナレーター "wis"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:76件
並べ替え:
    • wisの谷崎潤一郎(2) 「刺青」「秘密」「柳湯の事件」

    • 著者: 谷崎 潤一郎
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 2 時間 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    【解説】 刺青師の清吉が肌にさす針、抜く針の度ごとに、その光輝ある美女は悶え深い吐息をついた。針のあとは次第に巨大な女郎)蜘蛛の形を具え始め、やがて女の背一面に広がった。糸のような呻き声が女の唇にのぼり、蜘蛛の足は生けるが如く蠕動した …。美しいものを征服し、征服される官能の喜びを描いた谷崎潤一郎の処女作の 「刺青」。 夜毎、美しい女に仮装して人の目を惹く快感に酔う私の「秘密」…。しかしある日、人々の視線は美貌の女に注がれた。それは二、三年前に上海への航海途中の汽船の中で、暫く関係を結んでいたT女だった。浅草雷門での再会を約したその日、私はき...

    価格: ¥ 2,000

    • wisの太宰治04「津軽(抄)」「雪の夜の話」他3編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    【解説】 「津軽」は、太宰の故郷訪問記。ある年(注:昭和19年)の春、私は、生まれ故郷の金木のある津軽半島を三週間かけて訪問した。蟹田での中学時代の唯一の友人N君からの歓待、T君とその友人らと観瀾山に登っての志賀直哉談義、Sさんのお家に招かれての疾風怒濤のような津軽らしい歓待ぶり、竜飛崎の凄愴な光景と巡ったのち、生家にたどり着く。長兄、次兄らとの対面には気疲れするが、嫂、姪、祖母らと再会できた。そしていよいよ、幼少の頃、子守として育ててくれたたけとの再会のために深浦に向かう。30年ぶりに念願の再会を果たし、私はたけの子だと改めてつくづく思うのであった(なお、朗読テキストは、響林社のサイトにてダウンロードできます(無料)。 変人で無精者の小説家の兄、妊娠している嫂と3人暮らしの「私」の家での、深々と雪が降る夜の他愛もないがほのぼのとした「雪の夜の話」。...

    価格: ¥ 2,500

    • wisの江戸川乱歩(1)「屋根裏の散歩者」「人間椅子」

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 3

    【解説】「屋根裏の散歩者」は密室殺人事件の傑作で、発表当時、世間から非難を浴びたという問題作。卒業後も親の仕送りで下宿で暮らす郷田三郎は、屋根裏の散歩で20人もの下宿人の意外な姿を盗み見ることがこの上ない快楽となった。ある日、虫の好かない遠藤が口をあけて寝ている姿を見て、ある「犯罪(殺意)」に夢想して興奮し、実行に移すのだが・・・。名探偵、明智小五郎とのスリルあるやりとりが物語を終焉へと誘っていく。 「人間椅子」は、椅子職人の異常な告白の物語。ある日、洋館に住む美しい閨秀作家の佳子のもとに届いた手紙に綴られた告白では、自分が外人ホテルからの特別注文で作った肘掛椅子を愛するあまり、その中に自分の体を忍び込ませたという。皮一枚隔てて触れる様々な外国人の男女の肉体の感触に陶酔するが、やがて彼の欲求は日本人のそれへと沸き立っていく。そしてその椅子は、ある洋館に引き取られていったのだが・・・。 【朗読者】wis(透明感のある声で知られる女性朗読家です)

    • 5 out of 5 stars
    • 奥行きあり!

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/03/14

    価格: ¥ 2,500

    • wisの夏目漱石 08 「永日小品(全)」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    【解説】「永日小品」は、漱石の日常生活を描いた随筆風のもの、あるいは青少年時代の追憶や英国留学時代の回想など、多彩な25の作品群から成っている。いずれの小品も、自由な語り口で、深い情感を湛えている。 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • 雪国(上)-Wisの朗読シリーズ(58)

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」の冒頭部分が有名な川端康成の代表作。雪国の温泉宿を舞台に、東京に妻子のある島村と、土地の芸者である一途な駒子の揺れ動く心の襞を軸に、彼女とも知り合いの美しい葉子への関心と平行しながら描かれる。雪国の雪の白さ、冷たく澄みきった空気の透明感や緊張感、温泉の温かさや湯煙、突き抜けるような青空、若葉の瑞々しい緑、列車の汽笛、そして駒子の肌の感触、女性2人の美しい声や手鞠歌の歌声、火事の紅い炎と熱気・・・五感に訴える哀しくも美しい川端美学の結晶的な作品。 ...

    価格: ¥ 2,500

    • wisの太宰治01「人間失格」「日の出前」他2編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 8 時間 16 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    【解説】 「人間失格」は、「恥の多い生涯を送って来ました。」という告白で始まる人間を恐れる男の手記。子どもの頃から、人間を恐れる一方で求愛するがために、道化となり人を笑わせる。長じて、女性に好かれる天性があることを悟り、女道楽に耽り心中未遂も起こす。実家から縁を切られた「私」は、編集者の女との同棲、荒れた飲酒などの日々の後、人を疑うことを知らない処女のヨシ子に惹かれて結婚。しかし、彼女が出入りの商人に汚され、「私」は荒れて薬物中毒となり、遂に脳病院に入れられてしまった。人間失格・・・。しかし、それでも、ある女性は彼のことを、「とても素直で気がきいて、神様みたいないい子でした。」と語るのだった。 「日の出前」は、実際にあった殺人事件をもとに書かれた小説で、昭和十七年に「花火」という題名で発表されたが、検閲で全文削除された。戦後に改題して刊行。高名な画家の息子が、非行に走り凶暴化していく。チベットで事業をやるなどと非現実的なことをいい、金や妹の着物、親の作品を持ちだして売り払う、家族を脅し、女中を犯す、無頼の作家や左翼の活動家とつきあう。一家は疲弊しきった。そんなある月夜の晩、泥酔した息子と一緒に、井の頭公園でボートに乗った父親が、一人だけで岸に戻ってきた…。最後の妹の言葉が衝撃的である。 ...

    価格: ¥ 3,000

    • wisの吉行淳之介「驟雨」

    • 著者: 吉行 淳之介
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 1 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    【解説】吉行淳之介の初期の短編で、芥川賞受賞作。  山村英夫は会社員で3年目。女性を愛する煩わしさから、娼婦街での交渉で済ませている。女性との関わりは遊戯の段階に留めておくのが精神の平衡にいいと考えている。ある日、好ましい印象の道子の部屋に上り一夜を過ごした。彼女は、しとやかで知的な風貌を持っていた。数週間後、待ち合わせの喫茶室に向う自分に「ときめき」の感情があることに驚いた。そして、「今度お会いするまで、わたし、操を守っておく」という道子の言葉が心に刻み込まれ、それから何回も通うことになった。やがて、山村の心の裡に、道子を占有できないことへの嫉妬が鮮明になっていく・・・。底本は、昭和60年発行の新潮文庫です(現在のものと多少異なる部分があります。)。

    価格: ¥ 1,000

    • wisのアンデルセン「絵のない絵本(全)」

    • 著者: アンデルセン, 山室 静
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 2 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    【解説】 デンマークの世界的童話作家アンデルセンの珠玉の名作。数々の童話の翻訳で知られる山室静氏の名訳で全文(全33夜)を朗読。 『「絵のない絵本」は連作短編小説、あるいは散文詩集というべきもので、屋根裏に住む貧しい画家に、幼なじみの月が、夜々訪れてきて、自分の見たことを語ったのを、画家が書きとめた形式になっていますが、これは彼の実際の経験から思いついたものだそうです。 少年時代のアンデルセンは、遅ればせながらにラテン語学校の給費生になりましたが、卒業を前にして、いろいろの悩みでひどい神経衰弱になり、退学してしまいます。そしてコペンハーゲンに帰って屋根裏に下宿して大学の入試にそなえながら、彼の最も苦しい時期を送ります。このときに一夜、窓の外に幼なじみの月を見出してなぐさめられたのだそうです。 題材は、「旅することは生きること!旅の生活は私にとって最上の学校だった」と言い、生涯を旅から旅に過ごしたアンデルセンらしく、インドやグリーンランドやパリやローマ、さてはサハラ砂漠と、世界各地から拾い集めてあります。主調をなすものは、無邪気なもの、若わかしいものの賛美と、寂しく生きて死んでゆく無名の人々への深い同情でしょうか。これは、彼の童話に通じる心情でしょう。 いずれも、手の中に入りそうな短編ですが、誰かが「クルミの殻の中のホメロス」と評したように、すぐれた人生の断面をさりげなく描

    価格: ¥ 2,000

    • wisの太宰治02「ヴィヨンの妻」「葉桜と魔笛」他6編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 52 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    【解説】 太宰治の名作シリーズの第2として、8編を収録。 「ヴィヨンの妻」は破滅型の夫と彼を支える妻を巡る世界のえも言われぬおかしみと哀しさを醸し出す太宰晩年の短編の傑作。酔った夫が、店の金を盗んだことをきっかけに妻は夫婦の店で働き始める。 椿屋の「さっちゃん」として、店は賑わいをみせていくが・・・。「桜桃」は、 有名な「子供より親が大事、と思いたい。」で始まる。太宰自殺直前の遺作で、これにちなんで、桜桃忌が6月19日に開かれる。葉桜のころになるときっと想い出す若くして結核で死んだ妹のことを回想する「葉桜と魔笛」。「お別れ致します。あなたは嘘ばかりついていました」…両親の反対を押し切って、金や名誉には無関心に見えた若手画家に嫁いだものの、日に日に俗物化していく夫に幻滅し、遂に別れる決心をするに至る「きりぎりす」。夫の肺の療養で禁欲を余儀なくされてきた奥様が、医者からお許しが出た喜びを描く「満願」。万引きして捕まった少女が、自分中心の論理で懸命に言い募り、最後は両親との小さな団欒に幸せを見出す「燈籠」。 他に、「フォスフォレッセンス」「鴎」の佳作2編を収録。 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • wisの宮沢賢治(1)「銀河鉄道の夜」「グスコーブドリの伝記」他2編

    • 著者: 宮沢 賢治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 5 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    【解説】 宮沢賢治童話の名作シリーズの第1として、4編を収録。 代表的名作の「銀河鉄道の夜」では、ジョバンニは、父親が北の海に漁に出かけたまま消息がわからず、母親も病気なので、家計を助けるために働いている。子供たちからは仲間はずれにされるが、カムパネルラだけは優しくしてくれた。ある日、いじめっ子のザネリたちにからかわれ、丘の草原に寝転んで星空を見上げていたところ、目の前がぱっと明るくなり、気が付くとカムパネルラとともに銀河鉄道に乗っていた。鳥捕りらいろいろな人々と出会ったが、やがて誰もいなくなり、二人だけになった。そして、カムパネルラもいなくなる。その意味は、目が覚めたところで明らかになる・・・。 「グスコーブドリの伝記」の主人公は、イーハトーヴの森に、名高い木こりの子として生まれたグスコーブドリ。妹ネリと毎日楽しく遊んでいたが、ある日、父親が森に行ったまま帰らず、それを探しに行った母親もそれっきりになってしまった。そして、突然やってきた男がネリを連れていってしまい、とうとうブドリは一人ぽっちになってしまう。 それからある農場で雇われて懸命にオリザ作りに励んだ。それが縁でクーボー大博士と出会い、火山局の仕事を得る。イーハトーヴには三百幾つの火山があり、その働き具合は手にとるようにわかって来た。やがて、地球に大寒波がやってきた。クーボー博士が言うには、「カルボナード火山島が爆

    価格: ¥ 3,000

    • wisの川端康成(1) 「眠れる美女(全)」

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 5

    【解説】 三島由紀夫が「熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の逸品」と激賞した川端康成の傑作。深紅のビロードのカーテンの部屋に横たわる全裸の美女を眺め、そっと愛撫する老人、江口――ここは海辺の宿の一室。彼がここへ来る理由はただ一つ、不思議な薬で眠らされ、目覚めることのないた女たちと一夜を過ごすためだった。通うたびに、江口は違う美女と眠りを共にした。そして、その度ごとに、過去に付き合った女たちのことを鮮明に思い出すのだった。ここは、老人の楽園…? 何を聞いても秘密だと言って答えない謎の館の女主人。ほつれ出す秘密のからくり。サスペンスの薫りを漂わせ、最後は思いかけない展開で終わりをむかえる。 【朗読 wis】 透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • wisの瀬戸内寂聴01「藤壷」

    • 著者: 瀬戸内 寂聴
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    【解説】 源氏物語当時、高貴な女人の部屋に忍び込むのには、側近の女房の助けなしには不可能でした。父帝の妃にして義母である藤壺への想いに駆られる源氏は、藤壺の女房、王命婦に藤壺との密会をせがみます。顔も知らない亡き生母桐壺の更衣に瓜二つの藤壺。密会は、源氏にとっても藤壺にとっても、手引きをする王命婦にとっても、身の破滅につながる出来事です。それを実現させたのは、王命婦の源氏への恋心があったからでは―と語る瀬戸内寂聴氏。寂聴の描く熱くも哀しい男女の恋路をご堪能下さい。 底本:講談社文庫『藤壺』 【朗読時間】51分44秒 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 1,000

    • wisの芥川龍之介01「羅生門」「蜘蛛の糸」「舞踏会」他2編

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 1 時間 45 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    【解説】 「羅生門」「蜘蛛の糸」「舞踏会」「鼻」など、芥川龍之介の多彩な内容の短篇を5作品収録。 天災や飢饉でさびれた京の都の荒れ果てた羅生門で、死人の髪の毛を一本一本抜いている老婆を見つけた下人が、生きるために老婆から着物を奪い取る「羅生門」。地獄に落ちた男が、蟻に慈悲を一度だけ見せたことがあるために垂れてきた救いの蜘蛛の糸を上るも、自分だけが助かりたいという身勝手さを出した途端にまた地獄に落ちる「蜘蛛の糸」。明治19年、鹿鳴館の舞踏会に初めて参加した名家の令嬢明子は、その美しさにより周囲の注目を一身に集める。やがて、フランスの海軍将校とワルツやマズルカを踊り、夜空を眺めながら語らう。明治の開化物の代表作「舞踏会」。他に、顎まで下がる長い鼻を気に病む高僧が、鼻を短くするために四苦八苦する可笑しみを描く「鼻」、仙人になりたいといって医者の家に長年住みこむ男を描いた「仙人」を収録。 【朗読時間】1時間45分47秒 【朗読】wis(透明感のある声で知られる女性朗読家です)

    価格: ¥ 1,000

    • wisの谷崎潤一郎 (1)「鍵(全)」

    • 著者: 谷崎 潤一郎
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 7 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 3

    【解説】京都に住む大学教授の夫は、妻郁子とは長年、暗闇の中でしか関係したことがなく、その姿態を明るい灯の下でじっくり味わいたいと願っている。特に美しい足先には強く惹かれるものがある。妻も性的欲求は旺盛で、刺激を得たいと思っている。夫と妻はそれぞれの性的願望を日記に書き、相手が見るように仕向けるべく、夫は抽斗の鍵を落としておいた。夫は、娘敏子の恋人、木村と妻とが接近することにも異常な興奮を覚える。ある日、ブランデーを過ごした郁子が浴室で意識を失ったことから、夫の欲求が満たされる時が来た・・・・。 フェティシズム、腹上死を描く谷崎潤一郎による性愛小説の代表作。

    価格: ¥ 3,000

    • wisの太宰治(3)「女生徒」「美少女」他3編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 40 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    【解説】 太宰治の名作シリーズの第3として、5編を収録。 若い一人称独白小説のスタイル確立の先がけとなった「女生徒」。若い女子学生の感覚、心理、生理を その細かい襞まで描いている。 甲府盆地の猛烈な暑さによる汗疹を治す妻に誘われ、太宰は温浴場に出かけた先で出会った「美少女」。縁遠かった主人公が、小卒で離婚歴のある図案工と結婚し仲睦まじく暮らしていたが、吹き出物がポツっとできたことをきっかけに広がる不安と嫉妬を巧みに描く「皮膚と心」。 大学教授の娘の「私」が、小説家戸田さんの作品を現実のもとと勘違いして押しかけ大恥をかく抱腹絶倒の「恥」。若松屋の女中・トシちゃんは、しったかぶりの文学好きだが、粗相をし馬鹿にされていたが、その粗相の背後に、ある事情があったことが最後にわかる「眉山」。 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • 雪国(下)-Wisの朗読シリーズ(59)

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 2 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    いつか来たときの列車で向いの席にいた声の美しい女性の葉子は、駒子の家の若い病人を看病していたが、その病人も亡くなった。その後毎日、墓に参っていた。葉子は、湯に入るといつも澄んだ声で歌うのだった。駒子の使いでやって来た葉子と話すと、いずれ東京にいくので一緒に連れて行ってほしいという。ある日の早朝、駒子は宿の裏の坂を上ってそっと島村の部屋にやってきた。その夜も泥酔して島村の宿に立ち寄った。「君はいい女だね」という言葉に突然怒りだす。島村は、いつか駒子が通ってくるのを心待つにする気持ちになりながら、他方で自分のわがままに呵責が募るのであった。もうこれからは来られないだろうと思いながら長逗留を続けた晩秋のある日、島村の乗る車に飛び乗ってきた駒子と街を歩く。そこに突然、半鐘が鳴り出した。映画上映が行われている繭倉が火事だという。二人は駆けだした・・・。

    価格: ¥ 2,000

    • wisの小川洋子03「人質の朗読会(中)」

    • 著者: 小川 洋子
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 2 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    南米でゲリラになった日本人の人質7人が、特殊部隊突入の際に死亡し世間の人々のショックを与えたが、人質として過ごす間に、彼らが自らのささやかな体験を語る朗読会が開かれていたことが、盗聴した録音テープの存在によって判明。彼らが生きていた最期の証としてこの朗読会の全容が放送されることになった。本屋大賞5位入賞作で、2014年にドラマ化された。上中下の全3巻で全体で第九夜まで。この中巻では、「第四夜 冬眠中のヤマネ」「第五夜 コンソメスープ名人」「第六夜 槍投げの青年」を収録。

    価格: ¥ 2,000

    • wisの夏目漱石(5) 「門(全)」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 10 時間 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    【解説】友人から奪った妻との人目を避けた質素な生活を描く。『三四郎』『それから』に続く三部作完結編。 友人の安井から、その妻・お米を奪った宗助は、世間の目を避けて夫婦でひっそりと暮らしている。質素で単調ながら穏やかな愛情でむすばれた生活である。弟の小六が居候で同居しながら大学に通っているが、叔父の死によりその学費が打ち切られたり、職場の役所で人員整理の動きがあったり、あるいは大家の坂井の弟がたまたま安井と友人で、蒙古から一時帰国で坂井宅に立ち寄ったりと、小さな波乱が起こり、宗助の心は乱れる。安息を求めて禅寺に籠るが、悟りを開けないまま戻った宗助・・・。しかし、月が変わり、寒さが緩む頃、夫婦の上に平穏が戻った。 【朗読】wis(透明感のある声で知られる女性朗読家です)

    価格: ¥ 3,500

    • wisの藤原正彦「祖国とは国語」「数学者の休憩時間」(抄)

    • 著者: 藤原 正彦
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間 32 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      2 out of 5 stars 1

    【解説】  数学者にしてユーモラスなエッセイイストでもある藤原正彦の2編。 1....

    価格: ¥ 2,500

    • wisの谷崎潤一郎(4)「猫と庄造と二人のおんな」

    • 著者: 谷崎 潤一郎
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    【解説】 谷崎潤一郎の風刺的文学の逸品。猫好きにはたまらないペーソスとユーモアが滲 み出ている。 愛猫リリーを一日中溺愛する庄造に、妻の福子は嫉妬が隠せない。前妻の品子を 姑と両親とが謀って追い出して、その後釜に座ったはいいものの、これではたまらない。そんなある日、品子から手紙が舞い込んだ。家を出て寂しいからリリーだけでも譲ってくれないか、というのである。あんなに冷たくしていた猫を急に好きになるはずはない、これは何か魂胆があっての事…と、初めはとりあうつもりがなかったが、庄造のあまりのリリーの溺愛ぶりに福子さえも嫉妬を覚え、姑とともに説得して品子のところにやってしまった。 庄造は、リリーがつらい思いをしていないかと気になって仕方がなく、或る日、福子との喧嘩をきっかけに、すがるようにリリーの様子を見に行くのだが、案に相違にして、 リリーは品子にすっかりなついてしまっていた…。 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4