検索キーワード:ナレーター "関 泰二"

すべてのカテゴリー

検索結果:9件
並べ替え:
    • 40 翼ふたたび

    • 著者: 石田 衣良
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 10 時間 32 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 25
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 24
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 24

    人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。会社を辞めて、投げやりにプロデュース業を始めた喜一・40歳の元を訪れる、40代の依頼人たち。凋落したIT企業社長、やりての銀行マン、引きこもり……。生きることの困難とその先にある希望を見つめて、著者が初めて同世代を描いた感動長編。

    • 5 out of 5 stars
    • 街の人には元気のでる話し

    • 投稿者: minerva2050 日付: 2018/11/22

    価格: ¥ 3,500

    • 問題解決のためのセパレート思考

    • 著者: 鈴木 進介
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 4

    本タイトルで参照する付属資料は以下URLよりダウンロードいただくことができます。
    http://www.forestpub.co.jp/audible/data/B-1713/ 
    PDF提供元:フォレスト出版
    ※ iOS, Android、Windows10をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただくことができません。
    当タイトルをaudible.co.jp上で検索していただきますと、「あらすじ・解説」の箇所に、PDFファイルのURLを掲載しておりますのでぜひご利用ください。
    ■あらゆる問題は、「仕分け」するだけで9割解決できる 「やるべきことが多すぎて、何から手をつけたらいいのかがわからない」 「選択肢を絞れなくて、何を残して、何を捨てればいいのか迷う」 「つい考えすぎてしまって、なかなか行動に移せない」 「一生懸命やっているのに、結果につながらない……」 「アイデアが煮詰まってしまって、出てこない」 こうなってしまうと、 正しい判断ができなかったり、 行動することができないものです。 これらの悩みには、 1つの共通点があります。 それは、「頭の中がごちゃごちゃ」です。 頭の中がごちゃごちゃで整理されていないから、 このような悩みが湧き出るわけです。 問題をいかにシンプルにして、 正しい決断や行動につなげていけばいいのか?

    価格: ¥ 2,500

    • 山口組と関東連合の人事制度を割と真面目に考察する

    • 著者: 城 繁幸
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 30 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 2

    先日、六本木で起きた傷害致死事件の被告に対し、懲役22年が求刑されて話題となりました。男は関東連合の幹部で、海老蔵暴行事件でも名前の出た石元被告です。殺人ではなく傷害致死、それも直接参加はしていない連絡係という役回りにも関わらず22年という求刑からは、検察の関東連合潰しへの強い執念を感じます。彼ら関東連合とは何者なのでしょうか? また、従来のヤクザ組織と何がどう違うのでしょうか? ちょうどそうしたつながりがよく分かる優れた書籍が2冊ほど世に出ました。経済・雇用関連を除く一般書籍の中では、個人的に一番のヒットだったように思います。単純に読み物として面白いのにくわえ、この二冊を続けて読むと「アウトローのキャリアデザイン」まで理解できるという優れモノです。(本文より) 城繁幸の『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法はこちらから→http://yakan-hiko.com/joe.html

    価格: ¥ 500

    • 桃太郎とスター・ウォーズに学ぶ超一流の交渉術

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 6 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 7

    旅に出た桃太郎は、その端緒で犬と出会う。面白いのが、この桃太郎と犬との関係である。この両者の関係もまた、主体性と他動性の絶妙なハイブリッドとなっているのだ。 それを、童謡「桃太郎」の歌詞から見てみたい。 桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた きびだんご 一つわたしに 下さいな やりましょう やりましょう これから鬼の 征伐に ついて行くなら やりましょう これを見ると、最初に行動を起こしたのは「犬」であることが分かる。彼は食べ物に飢えていた。あるいはきびだんごが食べたかった。そうした欠落状態にある能力者が、何らかの行動を起こした。桃太郎は、その機先をとらえるのである。その行動に乗じて、こちらからのオファーを出すのだ。 この間合いが、すぐれた武道家のように見事である。 武道には「先の先」と「後の先」という考え方がある。「先の先」とは、相手の動作を始めようとする心を読み取り、その直前に行動すること。後の先は、相手の行動を誘発して、その隙に打ち込むことである。(本文より) 岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

    • マスコミが衰退し、「SNSの呪い」の時代が訪れた

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 6 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      2 out of 5 stars 1

    これは2年ほど前のことだ。ぼくが飛行機の窓から外を撮った写真をツイートしたら、「これって滑走路を走行中に撮った写真じゃないですか? だったらアウトですよね?」というリプライが来た。もちろん、それは停止中に撮った写真で、当時の航空会社のルールに違反していたわけではないのだが(今は走行中でもセーフになった)、そのときに強烈に感じたのが、「多くの人々はぼくがルール違反を犯すことを潜在的、無意識的に望んでいる」ということだった。 多くの人にとって、ぼくはどうでもいい人間だ。そういう人間がルール違反に手を染めることほど、愉快なことはない。そのために、多くの人が潜在的、無意識的に、ぼくがルール違反を犯すことを望んでいるというわけである。(本文より)岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    • 3 out of 5 stars
    • 退廃的というか、保守的というか、、、

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/05/11

    価格: ¥ 500

    • ホリエモン支持者のほとんどがホリエモンの本質を理解していない理由

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 7 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 7

    堀江貴文さんつくった「755」というトークアプリで堀江貴文さんと対談した。 この対談で思ったことは、「やっぱり多くの日本人(特に若者)が、問題の本質を認識していないのではないか?」という疑いだった。この疑いはかねてから抱いていたが、それが強化された形だ。 堀江さんには若者のファンが多いが、ぼくははっきりいって彼らのほとんどが堀江さんを誤解していると思う。どう誤解しているかというと、「堀江さんが新しい道を切り拓いて実力主義の社会を作ることで、今、老害世代に虐げられている自分たちにもチャンスが巡ってくるのではないか」というふうにだ。(本文より) 岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    • 5 out of 5 stars
    • ホリエモン信者 の大半はカス

    • 投稿者: HxC 日付: 2018/05/09

    価格: ¥ 500

    • 「偏差値なんか無くなってしまえ!」と思った時に読む話

    • 著者: 城 繁幸
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 22 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 2

    茂木健一郎氏の魂の叫びが大きな反響を読んでいます。 <っていうか、偏差値とか勝手に計算しやがっている、予備校って、社会に害悪しかもたらさない存在だから、マジでつぶそうぜ。ふざけやがって。お前らが勝手に計算している「偏差値」とかやらで、どれだけ多くの18歳が傷ついていると思っているんだ、このクソ野郎どもが。>(茂木健一郎氏のツイートより) 筆者も基本的に氏の主張に同意します。これからの日本は間違いなく脱偏差値教育の方向に舵を切るべきだし、偏差値の重力を振り切った人達が引っ張っていくことでしょう。 とはいえ、筆者は全ての人が偏差値の重力を振り切って活躍できるわけではないとも考えています。そして、それはそのまま、社会人になってからのキャリア開発にも通じる話です。 自分は偏差値なんてなくても活躍できる人材かどうか。そして、これからの日本社会で活躍できる人材になるには何をすればいいのか。(本文より) 城繁幸の『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法はこちらから→http://yakan-hiko.com/joe.html

    価格: ¥ 500

    • 同窓会に行ったら自分以外の同期がみんな充実してそうに見えた時に読む話

    • 著者: 城 繁幸
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 17 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    同窓会というのは楽しいですね。昔の友人たちが今はどういう人生を送っているのか、互いに紹介し合うだけであっという間に2時間くらいは過ぎてしまうものです。でも、紹介しあううちにきっとこんな感想を抱いた人もいるのではないでしょうか。 「あれ、なんだかみんな自分より全然成功してるし、人生すごく充実してそうだな……」 苦労している人に「貧困国ではもっと苦しんでる人がいっぱいいるんだから頑張れ!」的なアドバイスが糞の役にも立たないように、人間はしょせん周囲の人間との距離感で相対的に価値判断して泣いたり笑ったりしている生き物です。なので、旧知の友人とはいえ単純にその成功を喜べないのは当然のこと。 というわけで、今回は、そういった時にどういう風に現実に向き合うべきかについてまとめておきましょう。(本文より) 城繁幸の『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法はこちらから→http://yakan-hiko.com/joe.html

    • 3 out of 5 stars
    • ちょっと無理やりっぽい

    • 投稿者: AppleTown 日付: 2018/01/31

    価格: ¥ 500

    • なぜ、疑り深い人ほど騙されやすいのか

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 関 泰二
    • 再生時間: 7 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    騙される人、つまり詐欺にあったりマインドコントロールされたりする人というのは、純粋で素直な人――という場合はほとんどない。その逆に、疑り深く、小心で、捻くれている人ほど、実はよく騙される。 なぜかというと、疑り深い人には一つの大きな「落とし穴」があるからだ。それは、「疑り深い自分自身を疑わない」ということである。 疑り深い人は、「自分は疑り深い性格だから騙されない」という妙な自信を持っている。あるいは「疑り深いのはいいことだ」と、疑り深いことそのものに強い肯定の気持ちを抱いている。 実はそれこそが、詐欺師やマインドコントローラーにとって「つけいる隙」となっているのだ。 疑り深い人に信用されるのは簡単だ。一言、こんなふうに言えばいいのである。 「あなたは『用心深い人』ですね」 こう言われると、疑り深い人は鼻息を「ムフー!」と荒くして喜んでしまう。そして、疑り深い自分に対する信頼をますます強める。 (本文より) 岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500