検索キーワード:ナレーター "秋共 憬希"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:10件
並べ替え:
    • 月夜とめがね

    • 著者: 小川 未明
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 16 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    1922年「赤い鳥」に掲載された童話で「日本のアンデルセン」とも「日本児童文学の父」とも呼ばれた小川未明の代表作の一つ。 月夜の晩に針仕事をしているおばあさんに訪れた不思議な物語―― ■BGM 「Memories2」PeriTune http://peritune.com/ 「Code of Honor」作曲者ポリスピカデリー

    価格: ¥ 500

    • 賢者の贈り物

    • 著者: オー・ヘンリー, 結城 浩
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 2

    オー・ヘンリーの代表作となった短編小説。
    1ドル87セント。それで全部。しかもそのうち60セントは小銭でした。小銭は一回の買い物につき一枚か二枚づつ浮かせたものです。乾物屋や八百屋や肉屋に無理矢理まけさせたので、 しまいに、こんなに値切るなんてという無言の非難で頬が赤くなるほどでした。デラは三回数えてみました。でもやっぱり1ドル87セント。明日はクリスマスだというのに――
    <版権表示>
    Copyright (C) 1999 Hiroshi Yuki (結城 浩)
    本翻訳は、この版権表示を残す限り、 訳者および著者にたいして許可をとったり使用料を支払ったりすること一切なしに、 商業利用を含むあらゆる形で自由に利用・複製が認められます。
    プロジェクト杉田玄白正式参加作品。
    <版権表示終り>

    • 3 out of 5 stars
    • 匿名

    • 投稿者: ボビー 日付: 2018/02/17

    価格: ¥ 500

    • 葉桜と魔笛

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    太宰治の短編小説。腎臓結核により18歳で亡くなった妹のことについて語る老夫人による独白体で描かれている。 桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出します。 ――と、その老夫人は物語る。―― いまから三十五年まえ、父はその頃まだ存命中でございまして、私の一家、と言いましても、母はその七年まえ私が十三のときに、もう他界なされて、あとは、父と、私と妹と三人きりの家庭でございましたが、父は、私十八、妹十六のときに島根県の日本海に沿った人口二万余りの或るお城下まちに、中学校長として赴任して来て、恰好かっこうの借家もなかったので、町はずれの、もうすぐ山に近いところに一つ離れてぽつんと建って在るお寺の、離れ座敷、二部屋拝借して、そこに、ずっと、六年目に松江の中学校に転任になるまで、住んでいました。私が結婚致しましたのは――

    価格: ¥ 500

    • 里の春、山の春

    • 著者: 新美 南吉
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    昭和初期に活躍した小説家・新美南吉の児童文学。 野原にはもう春がきていました。 桜がさき、小鳥はないておりました。 けれども、山にはまだ春はきていませんでした。 山のいただきには、雪も白くのこっていました。 山のおくには、おやこの鹿しかがすんでいました――

    価格: ¥ 500

    • 犬のいたずら

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    日本探偵小説三大奇書の一つ「ドグラ・マグラ」の作者・夢野久作の短編。 去年の十二月の三十一日の真夜中の事でした。一匹の猪と一匹の犬がある都の寒い寒い風の吹く四辻でヒョッコリと出会いました。 「ヤア犬さん、もう帰るのかね」 「ヤア猪さん、もう来たのかね」 と二人は握手しました。 「もうじき来年になるのだが、それまでにはまだ時間があるから、そこらでお別れに御馳走を食べようじゃないか」 「それはいいね」 二人はそこらの御飯屋へ行って、御飯を食べ始めました――

    価格: ¥ 500

    • 飴だま

    • 著者: 新美 南吉
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    昭和初期に活躍した小説家・新美南吉の児童文学。 春のあたたかい日のこと、わたし舟ぶねにふたりの小さな子どもをつれた女の旅人たびびとがのりました。 舟ふねが出ようとすると、 「おオい、ちょっとまってくれ。」 と、どての向こうから手をふりながら、さむらいがひとり走ってきて、舟にとびこみました。 舟ふねは出ました。 さむらいは舟のまん中にどっかりすわっていました。ぽかぽかあたたかいので、そのうちにいねむりをはじめました。 黒いひげをはやして、つよそうなさむらいが、こっくりこっくりするので、子どもたちはおかしくて、ふふふと笑わらいました。 お母さんは口に指をあてて、 「だまっておいで。」 といいました。さむらいがおこってはたいへんだからです――

    価格: ¥ 500

    • 手袋を買いに

    • 著者: 新美 南吉
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    昭和初期に活躍した小説家・新美南吉の児童文学。手袋を買いに人間の町に行くきつねの親子の物語。 寒い冬が北方から、狐きつねの親子の棲すんでいる森へもやって来ました。或朝あるあさ洞穴ほらあなから子供の狐が出ようとしましたが、「あっ」と叫んで眼めを抑おさえながら母さん狐のところへころげて来ました。「母ちゃん、眼に何か刺さった、ぬいて頂戴ちょうだい早く早く」と言いました―― ■BGM 「lovesickness」 「Letters in your mind」 作曲者:soundorbis

    価格: ¥ 500

    • がちゃがちゃ

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    日本探偵小説三大奇書の一つ「ドグラ・マグラ」の作者・夢野久作の短編。 草の中で虫が寄り合って相談を始めました。 蟋蟀こおろぎが立ち上って、 「鈴虫さん、オケラさん、スイッチョさん。もっとこちらへお寄りなさい。だんだん涼しくなりますから、みんなで合奏会をやってお月様にきかせようではありませんか。きっと御ほうびを下さいますよ」 と言いますと、皆パチパチと手をたたきました――

    価格: ¥ 500

    • てかてか頭の話

    • 著者: 小川 未明
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    明治・昭和時代の小説家・児童文学作家である小川未明の児童小説。 ある田舎に、おじいさんの理髪店がありました。おじいさんは、もうだいぶ年としをとっていまして、脊が曲っていました。いいおじいさんなものですから、みんなに、おじいさん、おじいさんと慕したわれていました―― ■BGM 「茶屋にて」 作曲者:MATSU エンディング歌唱:TOYro

    価格: ¥ 500

    • キャラメルと飴玉

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 秋共 憬希
    • 再生時間: 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    日本探偵小説三大奇書の一つ「ドグラ・マグラ」の作者・夢野久作の短編。 キャラメルと飴玉あめだまとがお菓子箱のうちで喧嘩をはじめました。 「ヤイ、飴玉の間抜け野郎。貴様はまん丸くて甘ったるいばかりで何にもならないじゃないか。俺なんぞ見ろ。ちゃんと着物を着て四角いおうちにはいっているんだぞ。貴様なんぞは着物なんか欲しくたって持たないだろう。態ざまをみろヤーイ」 飴玉は真赤になって憤おこり出しました――

    価格: ¥ 500