検索キーワード:ナレーター "田丸 一男"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:4件
並べ替え:
    • 文鳥

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 田丸 一男
    • 再生時間: 1 時間 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    『文鳥』は、明治41年(1908年)「大阪朝日新聞」に掲載された作品。
    知人に勧められて飼い始めた文鳥。
    まるで目の前に情景が浮かぶような小鳥の描写の素晴らしさ、そして人間の身勝手さを描いた漱石の傑作短編。
    夏目漱石(なつめ そうせき、東京生まれ、1867年 - 1916年)。『我輩は猫である』『坊ちゃん』『三四郎』などの作品で広く知られる、明治・大正時代の文豪である。

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 田丸 一男
    • 再生時間: 1 時間 6 分
    • 配信日: 2016/10/14
    • 4.5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • 画の悲み

    • 著者: 国木田 独歩
    • ナレーター: 田丸 一男
    • 再生時間: 29 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 5

    『画の悲み』は、1902年(明治35年)「新青年」に発表された短編小説。 画のライバルだった2人の学生に芽生えた友情、そして突然の・・・。 簡潔な文体で描かれたラストが、悲しみをより際立たせている。

    価格: ¥ 500

    • 著者: 小松 左京
    • ナレーター: 田丸 一男
    • 再生時間: 1 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    「骨」は1972年(昭和47年)小説新潮に掲載された作品です。
    主人公が庭に井戸を掘り始めると中から次々と大量の骨が。そしてとりつかれたようにどこまでも深く井戸を掘り進めていく男が、最後に掘り当てた物とは・・・。小松左京が得意とする遥かな時の流れというテーマを、ホラー短編に凝縮した不条理感あふれる物語となっています。
    作者、小松左京(こまつさきょう、大阪生まれ、1931年 - 2011年)は日本を代表するSF作家。1961年「地には平和を」でSF作家としてデビュー。「日本沈没」「復活の日」など映画化された長編の名作や、「ゴルディアスの結び目」などの短編小説の名作も多数執筆している。又、1970年の大阪万博のテーマ館のサブ・プロデューサー、1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーを務めるなど、その才能は多岐にわたりました。

    • 著者: 小松 左京
    • ナレーター: 田丸 一男
    • 再生時間: 1 時間 28 分
    • 配信日: 2016/07/26
    • 5 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • トロッコ

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 田丸 一男
    • 再生時間: 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 8

    『トロツコ』は、芥川龍之介の短編小説で1922年(大正11年)に発表された。 少年時代のトロッコでのちょっとした冒険譜。そしてふとした瞬間にその時のことが脳裏によみがえる主人公、大人になった彼は一体何を想うのでしょうか? 芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、東京生まれ、1892年 - 1927年)。作品の多くは短編小説であるが、『蜘蛛の糸』『杜子春』のような児童向けから『地獄変』のような古典を題材にした作品も数多く執筆した。

    価格: ¥ 500