検索キーワード:ナレーター "比嘉 良介"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:3件
並べ替え:
    • 仕事は楽しいかね?

    • 著者: デイル・ドーテン, 野津 智子
    • ナレーター: 比嘉 良介, 隈本 吉成
    • 再生時間: 3 時間 54 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 414
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 325
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 323

    出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。 本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。 ...

    • 5 out of 5 stars
    • 参考になります

    • 投稿者: AmazonDaisuki17 日付: 2018/05/14

    価格: ¥ 2,800

    • この胸に深々と突き刺さる矢を抜け(上)

    • 著者: 白石 一文
    • ナレーター: 比嘉 良介
    • 再生時間: 8 時間 52 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 18
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 15
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 15

    数々のスクープを物してきた敏腕編集長、カワバタ。大物政治家Nのスキャンダルを追う彼の前に現れた奇妙なグラビアの女。彼女を抱いた日から、人生は本来の軌道を外れて転がり出す。不敵なまでの強引さと唐突さで物語に差し挟まれる数々の引用。小説が真理に近づく限界を極めた、第22回山本周五郎賞受賞作。 (下巻は2017/08/02 配信予定)

    • 3 out of 5 stars
    • タイトルと本筋の関連がわかりません

    • 投稿者: とっと 日付: 2018/05/23

    価格: ¥ 3,000

    • この胸に深々と突き刺さる矢を抜け(下)

    • 著者: 白石 一文
    • ナレーター: 比嘉 良介
    • 再生時間: 9 時間 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 38
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 31
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 30

    カワバタは胃ガンであった。手術の直後から、数年前に死んだ息子が自分をどこかに導こうとする囁きが聞こえ出す。格差社会、DV、売春――思索はどこまでも広がり、深まり、それが死の準備などではなく、新たな生の発見へとつながってゆく。発表されるや各メディアから嵐のような絶賛を浴びた、衝撃の書。

    • 4 out of 5 stars
    • 読み応えありました

    • 投稿者: みたよ〜 日付: 2018/01/09

    価格: ¥ 3,500