検索キーワード:ナレーター "武川 智美"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:3件
並べ替え:
    • 葉桜と魔笛

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 武川 智美
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

    『葉桜と魔笛』は1939年(昭和14年)「若草」に発表された作品。 老婦人の語りによるこの作品は、太宰が妻の美和子から聞いた悲話を素材にしたとの説もある。 太宰 治(だざい おさむ、青森県生まれ、1909年 - 1948年)。27歳の時、短編集『晩年』でデビューする。代表作として、『走れメロス』『斜陽』『人間失格』などがある。1948年(昭和23年)に入水自殺。

    価格: ¥ 500

    • くだんのはは

    • 著者: 小松 左京
    • ナレーター: 武川 智美
    • 再生時間: 1 時間 33 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    「くだんのはは」は、1968年に「話しの特集」で発表されました。『召集令状』と同様に、その物語の背景には、小松左京の戦争体験が大きく影響を与えています。
    『くだんのはは』は、戦争末期のつらい日々を過ごす、小松左京の分身のような旧制中学の生徒である主人公の語りで、超自然的で恐ろしい「くだん」に纏わる、大きな渦のなかに吸い込まれるような、逃れがたい物語が展開されます。
    ホラーとして大変評価が高いため、自身の作品集だけでなく、様々なホラーや幻想系のアンソロジーに選ばれ、未だに人気がある作品です。
    作者、小松左京(こまつさきょう、大阪生まれ、1931年 - 2011年)は日本を代表するSF作家。1961年「地には平和を」でSF作家としてデビュー。「日本沈没」「復活の日」など映画化された長編の名作や、「ゴルディアスの結び目」などの短編小説の名作も多数執筆している。又、1970年の大阪万博のテーマ館のサブ・プロデューサー、1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーを務めるなど、その才能は多岐にわたりました。

    価格: ¥ 1,000

    • 桜桃

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 武川 智美
    • 再生時間: 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 6

    『桜桃』は、1948年(昭和23年)、太宰治の死後発表された晩年の短編小説。「子供より親が大事、と思いたい」・・・夫婦、家族に対する父親のジレンマを描いた作品。 太宰 治(だざい おさむ、青森県生まれ、1909年 - 1948年)。27歳の時、短編集『晩年』でデビューする。代表作として、『走れメロス』『斜陽』『人間失格』などがある。1948年(昭和23年)に入水自殺。

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 武川 智美
    • 再生時間: 22 分
    • 配信日: 2017/06/20
    • 4 out of 5 stars 7件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500