検索キーワード:ナレーター "横居 将"

すべてのカテゴリー

検索結果:6件
並べ替え:
    • リスナーズパック

    • Welcome Pack Vol. 4
    • 著者: 浅田 次郎, 乃南 アサ, 林 貞年, 、その他
    • ナレーター: 榊原 忠美, 大森 ゆき, 横居 将, 、その他
    • 再生時間: 24 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

       こちらは複数の作品のセット商品です。   

    価格: ¥ 10,700

    • なぜあの人が話すと納得してしまうのか?

    • 著者: 大森 健巳
    • ナレーター: 横居 将
    • 再生時間: 5 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 49
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 35
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 34

    内容紹介

    「交渉を制するものが人生を制する――」

    世界の著名人が絶賛の一冊!

    世界一のサクセスコーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズ、
    不動産投資のロバート・キヨサキ、マーケティングの天才ジェイ・エイブラハム、
    販売心理学のブライアン・トレーシーなど、各分野で「世界一」と呼ばれるトップたちと一緒の舞台に立つ唯一の日本人、大森健巳。

    著者の提唱する「バリュークリエイト交渉術」は、従来の交渉の概念を覆す、まったく新しいコミュニケーション法。

    目次

    "Chapter1 無敵の交渉人"
    "Chapter2 なぜコミュニケーションがうまくいかないのか?"
    "Chapter3 あなたの言う通りに相手が動く仕組み"
    "Chapter4 「YES」を生み出す7つの道具"
    > "Chapter5 どこでも使えるバリュークリエイト交渉術"
    "Chapter6 「バリュークリエイト交渉術フレーム」
    Epilogue コミュニケーションこそ最優先の課題
    オーディオ版特典対談音声

    オーディオブック特典として、「売れるまでの時間―39秒」
    著者 遠藤K....

    • 5 out of 5 stars
    • ガロン

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/03/03

    価格: ¥ 3,000

    • 潜在意識をコントロールする自己催眠術

    • 著者: 林 貞年
    • ナレーター: 横居 将
    • 再生時間: 3 時間 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 35
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 31
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 32

     

         潜在意識をコントロールし、なりたい自分になるための本です。  

        ********************************************** 本書は『自己催眠・心を変える技術』の改訂版です **********************************************  

        思い通りの生き方をするためには、自分自身をコントロールできなくてはいけません。 でも、人は潜在意識という自動的に働く心を抱えているため、意識的にはコントロールできないのが通常です。  

          人前で緊張しなくないと思っていながらも、人前に出ると無条件に緊張してしまうのは、潜在意識が「自分は人前に出ると緊張する」と思っているからです。 よく、潜在意識は暴れ馬にたとえられますが、この暴れ馬を乗りこなす者が自分を征し、思い通りの人生を送れるのです。  

    • 5 out of 5 stars
    • 100%に近く良かった。

    • 投稿者: mm 日付: 2018/01/12

    価格: ¥ 2,500

    • ソクラテスに聞いてみた 人生を自分のものにするための5つの対話

    • 著者: 藤田 大雪
    • ナレーター: 横居 将, 西村 健志
    • 再生時間: 4 時間 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 49
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 44
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 44

    「屁理屈?ぼくが言っているのは本当のことなんだけど」
    その常識。本当に本当?

    失笑しながらタメになる。
    悩める普通の会社員サトルに“ソクラテス”から友達申請が来た!?
    身の回りにあるちょっとした不安、不満、悩みを、お喋り(対話)を通じてスッキリしちゃう。 あなたの中にある「本当の考え」を引き出す、ソクラテス最強の問答法。そうだ。今夜もソクラテスに会いにアゴラ公園に行ってみようっと。

    <収録内容>
    プロローグ
    第1章 友達 どうしたら「本当の友達」はできるのか?
    ゼウスに誓って、ぼくはソクラテスだけど、何か?
    「友達」はどう定義できる?
    一緒にいて楽しかったら、それは友達?
    人生の成功は友人関係で決まる!?
    自分を精神的に成長させてくれたら、それが友達?
    「定義」について考えてみる
    「利益になる友達」「楽しい友達」「善い友達」
    結局、「本当の友達」とは何か?
    友達は自分の映し鏡

    第2章 恋愛...

    • 5 out of 5 stars
    • 勉強になる

    • 投稿者: Ampjag 日付: 2018/06/12

    価格: ¥ 2,500

    • 最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?

    • 著者: 太田 肇
    • ナレーター: 横居 将
    • 再生時間: 5 時間 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 16
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 13
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 13

    心理を深読み「人を動かす」究極の「モチベーション」解説書の決定版

    モチベーションを左右する原理原則から、意外な真実、「やる気」を高める実践的な手法、部下のタイプやケースに応じた処方箋までを、最新の豊富な事例やエピソードを交えながら、余すところなく、わかりやすく解説。

    部下をもつすべての人必読!!

    モチベーション研究の第一人者である太田肇氏が、「やる気」を左右する原理原則から、意外な真実、上手なほめ方・叱り方・認め方などの実践的な手法、部下のタイプやケースに応じた処方箋までを最新の事例を交えて、余すところなく、わかりやすく解説します。

    ◆ほんとうの「やる気」は何によって、どのように生れるか
    ◆人の行動に隠された理由(ホンネ、損得勘定、潜在意識など)
    ◆5つの「やる気の足かせ」と、3つの「やる気倍増のツボ」
    ◆効果的な「ほめ方」「叱り方」「承認の動機づけ」
    ◆すぐ凹む若手、マンネリ中高年、派遣社員の意欲の引き出し方、etc

    経営者、管理職、リーダーにとって、モチベーションをいかに高めるかは永遠のテーマ。
    これまでになかった見方、とらえ方、至高の解決策を手にすることができる!...

    • 3 out of 5 stars
    • 基本的には経営者向け

    • 投稿者: 矢崎ひかり 日付: 2018/02/19

    価格: ¥ 2,500

    • 40分でわかるリチャード三世 -シェイクスピアシリーズ19-

    • 著者: ウィリアム・シェイクスピア, 大久保 ゆう
    • ナレーター: 横居 将, 野口 晃, 青野 早恵
    • 再生時間: 44 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 8

    オーディオブック シェイクスピアシリーズ第十九弾

    読み聞かせでもなく、サウンドドラマでもない。
    オーディオブックならではの圧倒的な表現力。
    誰もが知っている"はず"のシェイクスピア作品をダイジェストにして続々お届けします。

    ●解説
    シェイクスピア初期の傑作で、稀代の悪党とされるリチャード三世が主人公。16世紀前半のマキャベリズムに影響を受けた専制君主を目指して、権謀術数に長けた人物が「目的のためなら手段を選ばず」権力欲を振り回す話。
    この「リチャード三世」は、「ヘンリー六世」三部作に続く、シェイクスピア「第一・四部作(薔薇戦争もの)」の最後を飾る作品であるため、上演する際も組み合わせられることが多く、イギリスではバートン&ホール、映画ではローレンス・オリヴィエ、本邦でも木下順二が一連の劇を合成させており、本稿でも一部「ヘンリー六世」の筋書きや台詞を採り入れている。
    なおシェイクスピア原典ではエドモンドが末子とされているが、クィーチ版では史実通りリチャードが末の子に修正されている。またリチャード三世は、史実ではこうした残虐な人物ではなかったという説もある。

    ●内容紹介
    「おれか?...

    • 5 out of 5 stars
    • おぼ

    • 投稿者: Hibiki Imagawa 日付: 2018/05/27

    価格: ¥ 1,200