検索キーワード:ナレーター "古川 雅達"

すべてのカテゴリー

検索結果:26件
並べ替え:
    • メディアの仕組み

    • 著者: 池上 彰, 津田 大介
    • ナレーター: 中川 典, 古川 雅達
    • 再生時間: 3 時間 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 23
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 22
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 22

    ニュース解説でお馴染みの池上彰氏とウェブメディア界の寵児と謳われる津田大介氏が メディアについて徹底解説します。 情報を精査する目を養い、正確なニュースと事実を知るために必読の一冊。 ネットなんてわからない世代も、もはや新聞なんて読まない世代も読むべき、 現代日本の<メディアの取扱説明書>です。

    • 4 out of 5 stars
    • 津田さん、池上さんが見えてくる

    • 投稿者: BIキクタ 日付: 2018/08/16

    価格: ¥ 2,500

    • 恵比寿屋喜兵衛手控え

    • 著者: 佐藤 雅美
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 8 時間 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 7

    争いは世の常、人の常。江戸の世で、その争いの相談所が恵比寿屋のような公事宿だ。ある日、若者が恵比寿屋を訪れ、兄が知らぬ男に金を返せと訴えられたと相談した。喜兵衛は怪しい臭いを感じとる。事件の真相は如何に? 江戸の街に生きる市井の人々を、愛情込めて描く長編時代小説。第110回直木賞受賞作。

    価格: ¥ 3,000

    • 会社とは「戦闘集団」である

    • 著者: 内田 樹
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 3

    昨今、ブラック企業の問題が取り上げられるようになりましたが、その一方で大企業であれば安心、というほど話は単純ではないように感じます。多くの人が会社組織に所属する現代において、私たちはどのような会社、あるいは組織を選ぶべきでしょうか。 「会社」というもののあり方はもうこの50年ですっかり様変わりしてしまいました。1960年頃のサラリーマン映画(森繁久彌の『社長漫遊記』シリーズとかクレージーキャッツの『無責任』シリーズとか)の登場人物たちが「会社」というときのニュアンスはもう現代のサラリーマンにはほとんど共感不能でしょう。(本文より) 内田樹&平川克美「大人の条件」はこちらから→http://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

    • 江戸の怪人たち

    • 著者: 童門 冬二
    • ナレーター: 根本 泰彦, 古川 雅達
    • 再生時間: 8 時間 19 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 6

    童門冬二。昭和二年金融恐慌発生年に生まれ、海軍特攻隊を経て、目黒区役所・都立大学事務・知事秘書・東京都広報室長・企画調整局長・政策室長等をつとめた。その経験を生かし人間管理と組織の実学をとおして歴史を見る目がとらえた、江戸の世の「怪人」18人。義人.傑人.自由人.奇人.変人.酔狂人.謀反人.策謀家.殉教者・・決して歴史の表舞台には出てこない男達の素顔です。

    価格: ¥ 3,000

    • 図解 頭のよい「超」記憶術

    • 著者: 多湖 輝
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 1 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 3

    記憶に向かう頭をつくるポイント、イメージで覚える右脳記憶術のポイント、芋づる式・派生記憶術のポイントなど、さまざまな記憶のコツを、わかりやすい図解を織り交ぜて紹介!

    価格: ¥ 2,000

    • 10年後失業に備えるためにいま読んでおきたい話

    • 著者: 城 繁幸
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 4 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 3

    眼を閉じて、10年後の自分を思い浮かべてみてください。

    「責任ある仕事を任され、安定した収入を得ている」
    そんな自分を明確にイメージすることができますか?
    「さすがに失業している……ってことはないだろう」
    そう思ったあなたは、日本の雇用環境についての見通しが少し甘いかもしれません。

    人事部門にはこんな格言があります。
    「人材は職場環境で作られる」

    環境は人を変えます。

    でも、その環境を変えるのもまた人であり、その人自身の心の持ちようです。

    さて、あなたは10年後に仕事で困らないために今、どんな心構えで、何を準備すればいいのでしょうか。

    この本では、もし労働組合総連合がプロ野球チームを保有して、 全選手を終身雇用にしたら何が起こるのか」を細かくシミュレーションしました。

    そこには多くの日本人が見落としている「雇用の真実」を見つめるヒントが詰まっています。

    「ありえないこと」が普通に起こる激変の「10年後」の世界で力強く生き残る方法、お伝えします。

    価格: ¥ 2,500

    • 労働とは不自然なものである

    • 著者: 内田 樹
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 24 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    「働くことが生きがい」という人もいれば、「仕事は生活していくための手段」であって、できることなら遊んで暮らしたい、という人もいます。人間にとって「働く」とはどういうことでしょうか。 「働くとはどういうことか?」 大切な主題なので、じっくり論じることにします。 働くこととは何か。それを定義してみましょう。 「それが何であるか」を実定的に定義するよりは、「それが何でないか」を詰めていったほうが話が早いということがよくあります。今回もその手を使ってみましょう。 「働くこと」、「労働」の対立概念は何でしょうか。それは「何でない」のか? 「怠けること」でしょうか? なるほど、そういう二項対立もありそうです。 労働と無為。 でも、ほんとうにそうでしょうか。 よく考えてください。「無為」の対立概念は「有為」です。(本文より) 内田樹&平川克美「大人の条件」はこちらから→http://yakan-hiko.com/uchida.html

    • 5 out of 5 stars
    • 面白かった

    • 投稿者: taro 日付: 2018/08/03

    価格: ¥ 500

    • 図解 頭のよい「超」勉強術

    • 著者: 多湖 輝
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 1 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 7

    仕事・資格・就職・に役立ち、人生が変わる!世界一わかりやすい頭がよくなる30の勉強術! 

    価格: ¥ 2,000

    • 死について考える

    • 著者: 内田 樹
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 6

    「死について考える」というのはたいへんに難しいことです。 わりと簡単に「死」を口にする人がいますけれど、どこまで本気でそう言っているのか、僕にはよくわかりません。なにしろ生きている人間は誰も死んだことがないんですから。「臨死体験をしたことがある」という人がたまにいますけれど、それだって「死にかけた」のであって、ほんとうに「死んだ」わけじゃありません。 大学生の頃に、「私、一度自殺したことがあるの」という女の人に出会ったことがありました。じゃあ、今ここにいるあんたは幽霊か。こういうときの言葉の使い方はもうすこし厳密にして欲しいものですね。 僕はもちろん死んだことがありませんし、「死を経験した」という人に会ったこともありません。他のことなら、自分が経験しなくても、信じられないような経験をした人の話を聴く機会がどこかでありますが、死についてだけはそれがない。(本文より) 内田樹&平川克美「大人の条件」はこちらから→http://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

    • 世界一即戦力な男

    • 著者: 菊池 良
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 3 時間 54 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 16
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 12
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 12

    ◆菊池良とは何者なのか?
    2013年2月2日、全世界のネットユーザーに衝撃が走った。
    変な顔、変なプロフィールの男が、本名をさらけ出し、
    不遜な態度で雇ってくれる企業を募集する逆就活サイト
    「世界一即戦力な男・菊池良から新卒採用担当のキミへ」が公開されたのだ。
    瞬く間にソーシャルメディアで話題になり、
    Facebookで2万、ツイートは2000、PVは100万を超えた。
    さらにNHK、朝日新聞に取り上げられ、フジテレビ制作でドラマ化もされるなど、
    一気に就活戦線の先頭へと駆け上がる――。
    そんな即戦力な男・菊池良とは一体何者なのか?
    なぜ彼は、6年間引きこもりながらも優良企業から内定をゲットできたのか?
    閉塞した社会に風穴を空けた時代の寵児が、
    人生の壁にぶち当たっているすべての人たちに向けて
    「即戦力」をつかむまでの生き様をさらけ出す!


    ◆世界一即戦力な著者・菊池良から本書の読者になるキミへ
    この本は高校中退の元ひきこもりが
    どうやって就活を乗り越えて内定を得たかを書いたものです。

    「夜、眠くなってきたから電気を消そうと立ち上がったら、目が覚めた」
    「明日が返却期限だから、急いでDVDを見た」
    「評判のレストランに行ったら行列ができていたから、

    • 4 out of 5 stars
    • 楽しく聴ける

    • 投稿者: ichichiki 日付: 2018/08/08

    価格: ¥ 2,500

    • 映画『母と暮せば』評〜山田洋次が描いた「救い」

    • BK_YKHK_000138
    • 著者: 切通 理作
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    長崎を舞台とし、吉永小百合演じる主人公のもとに原爆で死んだ、二宮和也演じ る息子が現れる……という内容であることは、事前告知で知らされていた。 母が、原爆および日本の敗戦3年後になって、それまでどこか諦めきれないでい た息子のことを諦めようと決心したタイミングで、息子の亡霊が現れることも、 劇場で幾度も見た予告編で知っていた。 そして、息子がかつて恋仲だった黒木華演じる女性の幸せを願う気持ちと、彼女 に伴侶となる新恋人が現れることには複雑な思いを持つ葛藤が母子の間で話し合 われることも、内容紹介に書かれていた。 つまりそれは、映画の方向性が、死者の事はいつか諦め、前に進んでいく前段階 としての「敗戦直後」の時間を描いた映画だと、容易に推測できる。(本文より)切通理作の「映画の友よ」はこちらから→http://yakan-hiko.com/risaku.html

    価格: ¥ 500

    • 『シン・ゴジラ』で描かれた「虚構」とはなんだったのか

    • BK_YKHK_000139
    • 著者: 切通 理作
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    ◇まったく新しい出現の仕方 ついに蓋を開けた、『シン・ゴジラ』。まずゴジラの登場シーンに、この映画独自のものがある。 ギャレス・エドワーズ監督による2014年版ハリウッド『ゴジラ』では、日本の初代ゴジラからあり、また『JAWS』でも描写として際立っていた「怪物の登場のさせ方」に凝りまくった。 人間の生活圏に「ぬっと」あらわれる怪獣。そのインパクトに徹底的に寄せて作られたのがギャレス版『ゴジラ』であった。 本作『シン・ゴジラ』でも、この登場のさせ方は意識したに違いない。この場合の「意識した」とは、「その手はやらない」という方向性だ。いかにも映画の主人公よろしく「ハイ、ここで出ました!」という演出を、意識的に排するという作戦を採ったのだ。。(本文より)切通理作の「映画の友よ」はこちらから→http://yakan-hiko.com/risaku.html

    価格: ¥ 500

    • 現代のゴルフ理論は根本から大間違い

    • BK_YKHK_000141
    • 著者: 甲野 善紀
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 14 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 2

    ◇動かないボールを見て打つのはナンセンス このところ、とにかく今までにない忙しさで、かなり重要な用件もうっかり直前まで気づかなかったり、ダブルブッキングをしてしまったりする事が相次いでいて、「何とかしなくては……」と思うが、何ともならないありさま。ただ、そうした環境の中でも技の気づきは続き、進展がある。いや、そういう環境だからこそ、かえって稽古への意欲が高まったり、忙しさのあまり数日前までやっていた事を忘れていたりするので、かえって発想が新しくなるのかもしれない。 (本文より)甲野善紀の「風の先、風の跡~ある武術研究者の日々の気づき」はこちらから→http://yakan-hiko.com/kono.html

    価格: ¥ 500

    • 映画『バケモノの子』評〜細田守は時代の子?

    • BK_YKHK_000136
    • 著者: 切通 理作
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 24 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    劇中、主人公である人間の少年・九太にとって剣の師匠となる「バケモノ」の熊徹が、卵かけごはんを豪快に食べるシーンがある。 だが九太は、生で卵を食した事がない。「うえっ」となりながらも、そこを生理的に乗り越える事で、彼は人間でありながら「バケモノ」の弟子になるという事を、自らの固い意志として受け入れていく。 アニメーションだから、絵に描かれた黄色い卵かけご飯は、実においしそうに見える。だが九太はそれを、吐き気と戦いながら食べ続けるのである。 ここは監督・細田守による、「アニメの嘘」に対する自覚的な姿勢があるのではないかと思った。(本文より)切通理作の「映画の友よ」はこちらから→http://yakan-hiko.com/risaku.html

    価格: ¥ 500

    • 宮崎駿監督との出会い

    • BK_YKHK_000140
    • 著者: 甲野 善紀
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      2 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    この夏、話題となっている映画『風立ちぬ』は、宮崎駿監督の作品だが、宮崎監督といえば、私にとって今まで観たあらゆる映画・演劇の中で最も大きな衝撃を私に与えた『もののけ姫』の印象があまりに強いため、それ以降の作品はどうしても私の中に深く入ってはこない。これは、私の勝手な推測だが、宮崎駿監督にしても、『もののけ姫』を作ってしまった以降は、あれほどのメッセージ性を持った作品は作ることが大変困難なのだと思う。とにかく今から16年前の1997年に観たあの『もののけ姫』の衝撃は、薄まったとはいえ今なお私の中に深く残っていて、宮崎監督と聞けば反射的に『もののけ姫』という事に連想が結びついてしまう。(本文より)甲野善紀の「風の先、風の跡~ある武術研究者の日々の気づき」はこちらから→http://yakan-hiko.com/kono.html

    • 4 out of 5 stars
    • ナレーターが

    • 投稿者: covy 日付: 2018/05/01

    価格: ¥ 500

    • 映画『寄生獣・完結編』評〜思わぬ副産物だったラブシーン

    • BK_YKHK_000135
    • 著者: 切通 理作
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    『寄生獣・完結編』は岩明均による90年代のヒット漫画を映画化した二部作の後編である。 現代日本が舞台だが、パラサイトと呼ばれる謎の微小生物が人間に寄生して肉体を乗っ取り、他の人間を捕食し始めている。 主人公の高校生・泉新一もまたパラサイトに襲われるが、ある偶然から、寄生されても脳の侵入を防ぐ事が出来たため、奇妙な共同生活が始まる。新一は右手に寄生したそれを「ミギー」と呼ぶ。新一との交流によって、ミギーにもそこはかとなく人間の感情が生まれているようだ。 そんな新一の通う学校に赴任してきた教師・田宮良子は、実はパラサイトに乗っ取られていたのだが、人でもありパラサイトでもある新一に興味を持つ。人間との共存を望む田宮は「実験」と称して人間の子どもを産む。その一方、彼女は市役所を根城にするパラサイトたちの指導者格の仲間であり、市政を牛耳っている彼等は一大コミューンを築こうとしていた。(本文より)切通理作の「映画の友よ」はこちらから→http://yakan-hiko.com/risaku.html

    価格: ¥ 500

    • 映画『進撃の巨人』実写版二部作を改めてレビューする

    • BK_YKHK_000137
    • 著者: 切通 理作
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 23 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    実写版『進撃の巨人』二部作、8月1日公開の前編『進撃の巨人ATTACK ON TITAN』、9月19日公開の後編『進撃の巨人ATTACK ON TITANエンド オブ ザ ワールド』は、一度それぞれ鑑賞していた。 前編の批評は以前にも発表している。今回、後編のレビューを書く段になって、あらためて二部作を、それも同じ日に鑑賞する事にした。 そうすれば、前後編続いている話を、構造的に捉え直すことが出来ると思ったからだ。 同時に、この映画の前編は公開当時激しい酷評にさらされ、私もそれらの一部を読んで「そんなにヒドい映画だったのだろうか? だとしたら、私の目は節穴だったのだろうか? あるいは作り手側に知己を持つ関係で、無意識の裡に『ひどい部分』を見ないようにしていたのだろうか?」という疑問が湧いてきた。 (本文より)切通理作の「映画の友よ」はこちらから→http://yakan-hiko.com/risaku.html

    価格: ¥ 500

    • 織田信長の人事制度ーー天下布武の影に成果主義あり

    • 著者: 城 繁幸
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 6

    尾張の一角から台頭し、天下統一への道筋をつけた異端児・信長。彼の人事を見ていくと、彼の独特の価値観が深くかかわっているのが良く分かります。 戦国大名と言っても、実はいくつかのタイプに分類できる。1.室町幕府の守護大名 足利将軍家に任じられた正統な大名家。武田、今川、朝倉、九州の島津といった大名家がこれにあたる。特徴として、他の大名家をバカにして、家柄を誇る傾向がある。そして当然ながら、自らの権威の源泉である将軍家への忠誠もあつい。(本文より) 城繁幸『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法はこちらから→http://yakan-hiko.com/joe.html

    価格: ¥ 500

    • 管理職になれる人なれない人

    • 著者: 城 繁幸
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    昔から、人事の仕事をしていると話すと、管理職について聞かれることが多い。一般的に言って、管理職とは課長以上、労働組合も脱退してマネージメントに専念する役職者だ(係長=主任までは組合員のケースが多い)。経営的な判断が要求されるわけではないものの、年収も一千万円を超え、幹部候補という扱いになる。 終身雇用型の単線型キャリアパスでは、社内の職位を挙げていくしか出世という道が無いため、管理職になれるかどうかが非常に大きな意味を持つ。簡単にいえば、ある年齢までに課長に上がれなかった時点で出世競争からは完全に脱落し、一時金を除けば、昇給も頭打ちとなってしまう。そこで今回は、管理職の決定プロセスや選抜基準について、順を追ってまとめてみたい。(本文より) 城繁幸『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法はこちらから→http://yakan-hiko.com/joe.html

    価格: ¥ 500

    • フェアネス(公平・公正)とは何か

    • 著者: 内田 樹
    • ナレーター: 古川 雅達
    • 再生時間: 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    フェアネス(公平・公正)とは何でしょうか。中央と地方、老人と若者、富裕層と貧困層。今の日本ではさまざまなところで不公平感が高まっています。しかしそもそも社会がどうなれば「公平・公正である」と言えるのか? と考えると、一筋縄ではいかないように感じます。 ちょっと武者震いするようなよい質問であります。 フェアネスとは何か。 たしかに僕はこれまでこの言葉を頻繁(ひん ぱん)に使ってきていながら、その定義を「自明」のことだと思って、改めて吟味したことがありませんでした。ご質問をいただいたことを奇貨として、この語の意味について考えてみたいと思います。 ある語の定義をするときのやり方は記号論的には定型があります。「それが何でないか」から詰めてゆくのです。 フェア(fair)の反対語は何でしょう。よく使われるのはunfairです。でも、これは「フェアじゃない」ですから、何も言っていないのと同じ。 僕の見るところ、一番印象的な反対語はfoulです。(本文より) 内田樹&平川克美のメルマガ「大人の条件」はこちらから→http://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2