検索キーワード:ナレーター "前田 阿希子"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:2件
並べ替え:
    • 雪の夜の話

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 前田 阿希子
    • 再生時間: 16 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

    「雪の夜の話」は1944年(昭和19年)に雑誌『少女の友』に掲載された短編小説。 主人公の少女は、雪の夜に義理の姉に渡す届け物を、雪の降る道で無くしてしまうのだが・・・。 太宰にしては、やさしく暖かく、心を穏やかにする短編作品。又作品の中に出てくる水夫のエピソードは太宰自身が気に入ったらしく、随筆『一つの約束』でも紹介している。 太宰 治(だざい おさむ、青森県生まれ、1909年 - 1948年)。27歳の時、短編集『晩年』でデビューする。代表作として、『走れメロス』『斜陽』『人間失格』などがある。1948年(昭和23年)に入水自殺。

    • 4 out of 5 stars
    • ナレーションが残念

    • 投稿者: aoikawa 日付: 2018/06/06

    価格: ¥ 500

    • ラプンツェル

    • 著者: グリム兄弟
    • ナレーター: 前田 阿希子
    • 再生時間: 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    「ラプンツェル」は、グリム兄弟により「グリム童話集」に収められたお話。 生まれてすぐに両親の元から魔女に連れ去られ、森の中の高い塔に閉じ込められたラプンツェルだったが、ある日・・・。ドイツの民話をもとに描かれたグリムの代表的な作品。 グリム兄弟は19世紀に活躍したドイツの文献学者で兄ヤ-コブ(1785 - 1863)と弟ウィルヘルム(1786 - 1859)の二人、他に「白雪姫」「ヘンゼルとグレーテル」などの有名な作品がある。

    価格: ¥ 500