検索キーワード:ナレーター "上泉 雄一"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:2件
並べ替え:
    • 注文の多い料理店

    • 著者: 宮澤 賢治
    • ナレーター: 上泉 雄一
    • 再生時間: 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 18
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 13
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 13

    『注文の多い料理店』は、1924年(大正13年)9作品を収めた短編集『注文の多い料理店』の表題作。二人の青年紳士が猟に出て路に迷い、入ったレストランで経営者から逆にとんでもない注文されてしまう話で、都会文明に対する賢治の痛烈な批評精神をあらわした作品。 宮沢 賢治(みやざわ けんじ、岩手県生まれ、1896年 - 1933年)。童話作家、詩人。郷土をこよなく愛し、作品中にも岩手をモチーフにした架空の理想郷が登場する。『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』といった童話作品が知られている。

    • 5 out of 5 stars
    • おもしろかった。

    • 投稿者: 燕の尾 日付: 2018/03/02

    価格: ¥ 500

    • 影が重なる時

    • 著者: 小松 左京
    • ナレーター: 上泉 雄一
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 4

    『影が重なる時』は1963年に「SFマガジン」に掲載された短編小説。
    自分自身の幽霊を見たという人が、一人また一人と増えて行く、最初は半信半疑だった主人公もやがて自分自身の幽霊を見ることとなる、その謎を追う彼が最後にたどり着いたのは・・・。ミステリーの要素も加味されたSF的ホラー作品です。
    作者、小松左京(こまつさきょう、大阪生まれ、1931年 - 2011年)は日本を代表するSF作家。1961年「地には平和を」でSF作家としてデビュー。「日本沈没」「復活の日」など映画化された長編の名作や、「ゴルディアスの結び目」などの短編小説の名作も多数執筆しています。又、1970年の大阪万博のテーマ館のサブ・プロデューサー、1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーを務めるなど、その才能は多岐にわたりました。

    価格: ¥ 1,000