検索キーワード:ナレーター "パンローリング"

すべてのカテゴリー

検索結果:128件
並べ替え:
    • 宮沢賢治童話全集

    • 著者: 宮沢 賢治
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 34 時間 14 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    <収録内容> 銀河鉄道の夜
    猫の事務所
    北守将軍と三人兄弟の医者
    洞熊学校を卒業した三人
    耕耘部の時計
    林の底
    セロ弾きのゴーシュ
    マリヴロンと少女
    化物丁場
    四又の百合
    山男の四月
    茨海小学校
    とっこべとら子
    やまなし
    烏の北斗七星
    狼森と笊森、盗森
    風の又三郎
    どんぐりと山猫
    革トランク
    気のいい火山弾
    マグノリアの木
    ツェねずみ
    畑のへり
    イギリス海岸
    台川
    祭の晩
    ひのきとひなげし
    おきなぐさ
    タネリはたしかにいちにち噛んでいたようだった
    かしわばやしの夜
    氷河鼠の毛皮
    鹿踊りのはじまり
    インドラの網
    二十六夜
    シグナルとシグナレス
    よだかの星
    楢ノ木大学士の野宿
    注文の多い料理店
    さるのこしかけ
    ざしき童子のはなし
    ガドルフの百合
    土神ときつね
    なめとこ山の熊
    いちょうの実
    クねずみ
    氷と後光
    よく利く薬とえらい薬

    価格: ¥ 5,000

    • お話、きかせて! 聴く絵本 せかいむかしばなし ベスト100

    • 著者: パンローリング
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 11 時間 54 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    内容紹介

    世界中で愛されている「むかしばなし」を集めて100話にまとめました。

    全100話...

    • 5 out of 5 stars
    • 凄くいいです

    • 投稿者: 三児の母 日付: 2018/09/15

    価格: ¥ 3,500

    • 日本の昔ばなし

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 5 時間 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    『遠野物語』でよく知られる日本民俗学の父・柳田国男が日本各地で聴き集めてきた昔話108話を朗読で収録しました。

    収録しているお話...

    価格: ¥ 3,000

    • 芥川龍之介全集 二

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 10 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    日本の文学史でも、指折りの短編小説の名手である芥川龍之介。その名を冠する「芥川龍之介賞」(芥川賞)は、今日に至るまで権威のある文学賞として社会的関心を集めています。主に短編小説に多くの傑作を残し、その作品は平易な文体ながらも、その秀逸な言葉選びや、深くまで切り込んだ心理描写の生々しさも相俟って、読み手を瞬く間に作品世界に引き込んでくれます。それも一因となって非常に人気が高い作家であり、没後には、何度も全集が刊行されて広く愛読されています。この度、芥川龍之介全集が、満を持してオーディオブックに登場です。代表作以外にも隠れた傑作が数多く収録されています。通勤や移動の合間にも、文学史上に輝く綺羅星のような作品に触れられる当オーディオブックは、きっと感性にも豊かに響く、意義深い時間を届けてくれることでしょう。こちらはシリーズ第二集です。第一集に続きまして、名作の数々をお届けします。

    <あらすじ>
    「鼻」
     禅智内供の鼻は長さが五六寸あり、上唇の上から顋の下まで下っていた。
     そして内供は、人に笑われ、馬鹿にされるこの鼻のことを非常に気にしていた。絶えず他人の鼻を気にしたり、内典外典の中に、自分と同じような鼻のある人物を見出して、せめても幾分の心やりにしようとさえ思った事がある。一方ではまた、積極的に鼻の短くなる方法を試みたが、どれも上手く

    価格: ¥ 3,500

    • 芥川龍之介全集 一

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 10 時間 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    日本の文学史でも、指折りの短編小説の名手である芥川龍之介。多くの傑作を残し、その作品は平易な文体ながらも、その秀逸な言葉選びや、深くまで切り込んだ心理描写の生々しさも相俟って、読み手を瞬く間に作品世界に引き込みます。

    「羅生門」
    ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨が止むのを待っていた。彼は四五日前に主人に暇を出されていた。雨が止んだところで、彼に行き先は無かったのである。羅生門の楼の内には、噂に聞いた通り、幾つかの死骸が無造作に棄てられていたが、その中に蹲っている人間を見た。檜皮色の着物を着た、背の低い、痩やせた、白髪頭の、猿のような老婆であった。その老婆は、女性の死骸の首に両手をかけると、丁度、猿の親が猿の子の虱をとるように、その長い髪の毛を一本ずつ抜きはじめた。その様を見た下人は、悪を憎む心に駆られ、太刀に手をかけながら、大股に老婆の前へ歩みよった。老婆は、一目下人を見ると、まるで弩にでも弾かれたように、飛び上った。下人は、老婆が死骸につまずきながら、慌てふためいて逃げようとする行手を塞いで、こう罵った。
    「おのれ、どこへ行く」……

    「魔術」
    私が友人を介して交際していたインド人のマティラム・ミスラは魔術の大家でもあったが、実際に彼が魔術を使ったところを見たことの無かった私は、約束を取り

    価格: ¥ 3,500

    • 不思議の国のアリス

    • 著者: ルイス・キャロル, 山形 浩生
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 4 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    アリスと不思議な世界へ行ってみませんか?

    三月うさぎ、公爵夫人、女王さまなどキャストが活き活き!!

    楽しいアリスの世界を表現した作品となっています。

    『不思議の国のアリス』は著者のルイス・キャロルが知人の少女であるアリス・リデルに聞かせるためにつくった物語が元となった童話で、知人らの間で好評を得たことを機に書籍化されました。その『不思議の国のアリス』を聴く絵本にし、耳でアリスの世界を楽しんでいただくようになっています。

    ある日、少女アリスは川のほとりで姉と一緒に過ごしていましたが、だんだんと退屈になり意識がぼーっとしてきてしまいます。
    するとアリスの目の前を、服を着た白ウサギが慌てたように走っていき、興味を持ったアリスはその白ウサギを追いかけはじめました。そこからアリスは不思議な世界に迷い込み、愉快な動物や植物たちとの出会いを繰り返しつつ、奇妙な出来事に遭遇していきます。
    道中出会った口がとても大きなチシャ猫に道案内されたり、帽子屋と三月うさぎが開いている「終わらないお茶会」に参加したりと、どこか幻想的でユーモラスに描かれている登場人物たちと、夢の中の出来事のようにナンセンスなシーンが楽しい作品です。

    本作は児童文学にありがちな教訓を与えたり、道徳心を育むといった目

    価格: ¥ 2,000

    • こども論語

    • 著者: 藤川 淡水
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 7 時間 42 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 3

    人生を導く「論語」の教えを、お子様にも親しみやすく!

    「論語」とは、中国の大賢人・孔子とその弟子たちのやりとりを、孔子の死後に弟子たちがまとめた言行録です。その中には生きていく上で必要な考え方であったり、人生をより豊かなものにするための教えがたくさん詰まっています。 その「論語」をお子様向けに、短編の物語という形に描き直して、いっそう理解しやすく作られているのが「こども論語」です。 <「論語」における孔子の言葉>

    過ぎたるは猶お及ばざるがごとし。
    (いきすぎているのは、足りないのと同じようなものだ)

    三軍も帥を奪うべきなり。匹夫も志を奪うべからざるなり。
    (大軍であってもまとまっていないと、その総大将を討ち取ることが出来るが、たとえ身分の低い一人の男でも、意志が堅ければ、その志を変えさせることは出来ない)

    位なきことを憂えず、立つ所以を患う。己れを知ること莫きを患えず、知らるべきことを為すを求む。
    (地位のないことを悩まないで、地位を得るための正しい方法を考えることだ。自分を認めてくれる人がいないことを気にかけないで、認められるだけのことをしようと努めることだ) 収録内容
    第一 論語会
    第二 おべっか大臣
    第三...

    価格: ¥ 3,000

    • ひとごろし

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 1 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 26
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 23
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 23

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
     その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

    <あらすじ>
     双子六兵衛は臆病者といわれていた。二十六歳の六兵衛は妹のかねと二人でひっそり暮らしていた。二人共独身であるが、縁談を持ち込まれることもなく、行き遅れを気にするかねはしばしば六兵衛を責めた。
     六兵衛はある日、狩場で小姓を斬って逃げた仁藤昂軒の討ち手を引き受けた。藩主の命で追討の令が出ていたものの、剣と槍の達人である彼を恐れて誰もその役目を引き受けようとしなかった中、名乗り出たのである。六兵衛は六兵衛で長い間の「臆病者」の汚名をすすごうとしたのであった。
     まともにやりあっても勝ち目はなかったが、六兵衛は仁藤昂軒を追い詰める術を思いついた。それは彼がこれまで「臆病者」と罵られ、人の評判を気にすることもないからこそ思い付いた、意外な方法であった……

    <山本周五郎>
    1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六

    • 5 out of 5 stars
    • 山本周五郎ファンになりました。

    • 投稿者: なみかぜ書店 日付: 2018/05/15

    価格: ¥ 1,500

    • 没落金持ち1000人に学ぶなぜかお金が逃げる人 大きくたまる人

    • 著者: 立川 昭吾
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 4 時間 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 14
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 10
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 10

    逆境の中から生まれた成功のセオリー! 株式投資の格言に「人の行く裏に道あり花の山」というのがある。ことお金についても同様で、 没落金持ちの考え方や行動の逆を行けば大成功への道にたどり着く。わずか15年前には 自ら倒産の憂き目を見た著者が、筆舌に尽くしがたい苦労の末復活を遂げる過程で身に つけた究極の成功セオリーを初めて公開!事業再生のスペシャリストとして、1000人を 越す没落金持ちと接してきた著者だからこそ導き出せた、“逆境で生き、順境でブレイクする”金持ちへの王道学。

    価格: ¥ 2,500

    • 智子の運命

    • 著者: 高塚 旧太郎
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 4 時間 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    内容紹介

    この2年間の長い夏…、溢れかえる智子の想い

    身のうちから湧き上がる肉欲に悩む智子。智子の肉体を捕らえたもの。黄金の液体『スクリュー・ドライバー』。伊藤教官が智子の肉体を弄ぶ時に使用した一種の媚薬である。蜂蜜に似たそのジェル状の液体は、性感帯に塗りたくり、掬い取って舌先で転がしながら飲み込むと…、若い16歳の智子の肉体を信じられないほど淫らにした。合宿から帰宅した智子はあの黄金のジェルが与えてくれる快感を忘れる事が出来ない。淫らな妄想の中、連日の自慰の中で智子は完全に快楽の虜になっていく。智子の若い肉体は激しく火照り、歓喜の悲鳴を上げる。智子の肉体に武者振りつく男たちの手、その一物は、容赦なく智子から自律の衣服を引き剥がしていく。智子はその禁断の悦楽の中で、自分の肉体を弄んだ相手に恋すらしてしまう。実の弟にすらその裸身を差し出し、めくるめく快感に悶える智子。禁断…、そんなものは今の智子にとって無意味だった。そしてそんな時“あの人”との再会。過去に辿った、智子の恋の軌跡。そして智子の肉体を蝕んでいく、ある変化。羞恥の運命に抗いもがく智子…。 やがて智子は自らの運命を選び出す。...

    価格: ¥ 2,500

    • 智子の赤い糸

    • 著者: 高塚 旧太郎
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 5 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      2 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    内容紹介

    運命が赤い糸によって引き寄せられる!

    智子は、この夏の自分を思い出すだけで混乱する頭を抑えきれなくなる。
    いろんな人に迷惑をかけ、心配させ…、そして智子自身も散々に大恥をかいた。
    いろいろとあり過ぎた、高校1年の夏。2年前のあの時から続く、暑い夏…。
    そしてその終わりの無い季節は、今も智子に纏わりつきながら続いている。
    二学期に入り、智子はホームレス男の性奴としての放課後を送る。自分の中の
    女の子としてのプライド、自律…、そういったものと戦い、葛藤し、それでも
    若い智子は再び性の奴隷へと舞い戻ってしまう。体の芯の部分から突き上げてくる
    激しい快感。女としての喜びの快感をとめることができない。
    普通の女の子の日々に戻りたい…。揺れ動く智子の決意。
    やがて訪れる突然の別れと転機。
    恋に揺れ動く16歳。運命の赤い糸を求めて彷徨う智子。
    智子の小指の先の赤い糸は何処に繋がっているのだろう…。

    禁断の関係、異常な肉欲、絶叫、狂乱、変態…。淫乱なる智子の夏。
    官能と倒錯の物語が紡ぎ出す究極の性世界がここに

    収録内容

    ・序章
    ・通学路(1)
    ・通学路(2)
    ・駅前広場

    価格: ¥ 3,000

    • 小川未明童話全集 9

    • 著者: 小川 未明
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 10 時間 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    児童文学の父であり、日本のアンデルセンと呼ばれる小川未明の童話「眠い町」、「やんま」など全47話を朗読で収録しています。 小川未明と聞いてピントくる人は少ないのではないでしょうか?
    小川未明は数多くの作品を残していることから、「日本のアンデルセン」、日本児童文学の父」と称されています。生まれは1882年(明治15年)、新潟県高田(現上越市)。坪内逍遙などから学び、後に逍遥から「未明」の号を授かります。1961年(昭和36年)、享79歳で没。没後は上越市により新人発掘のコンクール、小川未明文学賞が創設されています。

    9巻に収録
    「眠い町」
    私はこの少年の名を知らないので仮にケーと名づけておきます。

    世界旅行をしているある日、ケーは「眠い町」という名の不思議な町に行きました。 活気がなく、寂然とした町で建物は古びて壊れたままでした。どうして「眠い町」という名がついているかというと、この町を通る旅人は自然と体が疲れて眠くなるからです。 この話が伝わり、旅人はこの町を通ることをおそれるようになりました。

    ケーは人々がおそれるこの町に行くことにしました。町に入るとケーも同じく眠くなり、いびきをかいて寝入ってしまいました。

    自分を揺り起こしているように感じ驚いて起き上がります

    価格: ¥ 3,500

    • 小川未明童話全集 10

    • 著者: 小川 未明
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 11 時間 13 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    児童文学の父であり、日本のアンデルセンと呼ばれる小川未明の童話「金のおのと人形」、「ねこ」など全56話を朗読で収録しています。 小川未明の作品は明治~昭和にかけての当時の日本の生活、子ども達の暮らしなどが物語を通して感じることができ、日本の歩みを子どもたちに教えることができます。
    そして、小川未明の作品の中には戦時中の背景が描かれているものあります。今、語り継がれることの少ない戦時中の経験を物語でわかりやすく子どもたちに...

    価格: ¥ 3,500

    • 小川未明童話全集8

    • 著者: 小川 未明
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 11 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    児童文学の父であり、日本のアンデルセンと呼ばれる小川未明の童話「月と海豹」、「赤いガラスの宮殿」ほか全48話を朗読で収録しています。

    小川未明の作品は明治~昭和にかけての当時の日本の生活、子ども達の暮らしなどが物語を通して感じることができ、日本の歩みを子どもたちに教えることができます。
    そして、小川未明の作品の中には戦時中の背景が描かれているものあります。今、語り継がれることの少ない戦時中の経験を物語でわかりやすく子どもたちに...

    価格: ¥ 3,500

    • 小川未明童話全集6

    • 著者: 小川 未明
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 11 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    児童文学の父であり、日本のアンデルセンと呼ばれる小川未明の童話「ねずみの冒険」、「電信柱と妙な男」ほか全61話を朗読で収録しています。

    6巻に収録
    「電信柱と妙な男」
    ある町に人と交流をもたず、夜になると独り外を歩くのが好きな妙な男が住んでいました。ある夜、往来を歩いていると、背の高い大男が歩いてきました。妙な男がおまえはだれかと聞くと、背の高い男は電信柱だと答え、昼間は自分みたいな大きなものは歩けないので、いつも夜に散歩すると言いました。妙な男は世の中の人がみんなきらいで顔をあわせたくないので、今時分歩くのだと言いました。電信柱と妙な男は気が合い、友達になることになりました。身長差がありすぎて話しづらいため、電信柱が妙な男を屋根の上にのせ、二人は夜の中を散歩しました。すると、雲間から月が出てお互いの顔がはっきりと見え、妙な男は電信柱の顔が真っ青で傷があることがわかりました。どうしたのかと聞くと、電信柱は時々恐ろしい電気が通ると真っ青になり、傷口は針金でつつかれた跡だといいました。それを聞いた妙な男は「危険だ、お前さんには触れない」と急に逃げようとしたが、高い屋根から降りられませでした。そうるすうちに夜が明けてきましたが、妙な男は一向に屋根から降りられません。電信柱も帰る時間を遅れてしまい・・・。

    「金銀小判」

    価格: ¥ 3,500

    • トルストイ民話集

    • 著者: トルストイ
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 4 時間 31 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 9

    ロシアを代表する文豪が贈る、心を照らす文学の灯火。

    この「トルストイ民話集」は、「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」なので知られるレフ・トルストイが、ロシアに古く伝わる民話や伝説を材に取った改作群を集めた作品集です。...

    • 5 out of 5 stars
    • トルストイってこんなに優しかったっけ?

    • 投稿者: 矢崎ひかり 日付: 2018/03/12

    価格: ¥ 2,500

    • アンドリュー・ラング童話全集

    • 著者: アンドリュー・ラング
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 66 時間 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    子どもの想像力を豊かに育むアンドリュー・ラングの童話...

    価格: ¥ 3,500

    • トム・ソーヤーの冒険

    • 著者: マーク・トウェイン
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 12 時間 36 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 3

    内容紹介

    ミシシッピ川のほとりにあるピーターズ・バーグの村でポリーおばさんと一緒に暮らしているトム・ソーヤー。 わんぱくでイタズラが大好きなトムは、ポリーおばさんだけでなく村中の人も皆、振り回してしまいます。トムは親友ハックルベリー・フィンと共に数々の事件を巻き起こしますが、持ち前の正義感と明るさのために村の人気者でもありました。

    ある日、真夜中に墓場を探険に出かけたトムとハックが見かけたのは、殺人犯インジャン・ジョーでした。二人が見つからないように隠れていると、その目の前でインジャン・ジョーは殺人を犯してしまうのです。それを見てしまったトムは裁判で証言をしますが、法廷中インジャンは逃亡をしてしまいます・・・。 収録作品 1_わんぱくトム
    2_すばらしいへいぬり
    3_愛の殉教者
    4_日曜学校で
    5_かみつき虫
    6_ベッキーにあう
    7_だに遊びと仲たがい
    8_海賊の夢
    9_夜ふけの墓地
    10_犬の遠ぼえ
    11_うなされるトム
    12_しろうと療法とねこ
    13_海賊団の出帆
    14_楽しいキャンプ
    15_わが家を偵察する
    16_たばことあらし
    17_自分の葬式
    18_夢のふしぎ
    19_愛情の

    価格: ¥ 3,500

    • 日本神話

    • こどものための聴く絵本シリーズ
    • 著者: パンローリング
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 1 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    世界の神話を収めた「世界の神話」シリーズ。 「日本神話」には、とにかくたくさんの神さまが出てきます。笑ったり、怒ったり、いじけたり・・・感情豊かな日本神話の世界を朗読でお楽しみください。 ●ワクワクと成長がいっぱいの神話の世界 プロによる感情豊かな読み聞かせで・・・お話に出てくる神さまや動物たちの楽しい気持ち、悲しい気持ち、驚いた気持ち、うれしい気持ちが伝わる。 日本の神話について 1 世界の始まり 2 イザナギとイザナミ 3 神さまの夫婦げんか 4 天の岩戸 5 ヤマタノオロチたいじ 6 オオクニヌシといじわるな兄たち 7 スサノオとオオクニヌシ 8 国ゆずり 9 天孫降臨 10 海幸彦と山幸彦 11 山幸彦とトヨタマビメ

    価格: ¥ 1,500

    • 鏡の国のアリス

    • 著者: ルイス・キャロル, 山形 浩生/訳
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 5 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      2.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 2

    アリスと一緒に鏡のチェスの国へ
    トゥィードルダムとトゥィードルディー、ハンプティ・ダンプティと 有名なキャラクターが登場!
    音楽たくさんでお話を盛り上げます!!

    『鏡の国のアリス』は著者のルイスキャロルの代表作『不思議の国のアリス』の続編となるお話です。前作同様、キャロルの知人女性であるアリス・リデルがモデルとなっており、不思議の国を冒険したアリスが、今度は鏡の国に迷い込んでしまいます。

    ある晩、アリスは暖炉の前で子猫を相手に、架空の『鏡の国』について空想を語っていました。するとアリスは本当に鏡を通り抜け、鏡の国に迷い込んでしまいます。歩いても歩いても何故かアリスの家の前に戻ってきてしまったり、迷い込むと物の名前が分からなくなってしまう『名無しの森』を彷徨ったりと、不思議な出来事が続く中でアリスはこの世界には赤の女王と白の女王が存在し、世界がチェスゲームによって構成されていることを知ります。

    どこか不条理で、夢の中を彷徨っているような不思議なシーンが続きますが、鏡の国の住人である愉快なキャラクターたちが全体の雰囲気をコミカルにまとめてくれています。

    続編ではありますがまったく別の世界を旅するお話なので、前作を読んだことがない方でもすんなりと物語に入り込むことができま

    • 1 out of 5 stars
    • 音楽が騒がしい

    • 投稿者: ぶるどっぐ 日付: 2018/04/28

    価格: ¥ 2,000

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 7