検索キーワード:著者 "許 成準"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:3件
並べ替え:
    • 超訳 孫子の兵法

    • 著者: 許成準
    • ナレーター: 柴山平和
    • 再生時間: 6 時間 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 38
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 31
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 30

    『孫子の兵法』は紀元前770年から前403年の中国春秋時代に、思想家孫武によって著された兵法書である。全一三篇で構成され、戦いの進め方は勿論、事前の準備がいかに大切かを説いている。孫子は兵法書でありながら、洋の東西を問わず最高のビジネス書として評価され、経営者の聖書とさえ言われる。戦いだけでなく、人生に発生するほとんどすべての問題に応用することができるからである。しかし、これまでの孫子の本は訳を省きがちであり、誤訳が誤訳のまま伝えられてきた。本書は「原文の意味に最も近く、最も理解しやすい」現代語による全訳である。また、より深い理解のために故事や現代ビジネスの例を多く用いて解説を加えている。春秋時代の戦乱期同様に、現代日本は今や能力次第で生き残りが決まる厳しい時代となっている。孫子のエッセンスを取り入れ、苦難に対処し明日に勝利する力をつけることが求められているのである。●解説-本書は『孫子の兵法』を、これまでの誤訳を正し理解しやすい現代語で全訳したものです。「超訳」とありますが、所謂「意訳をさらに推し進め、訳文の正確さを犠牲にしてでも読みやすさを優先させる」ような超訳ではなく、原文の意味に忠実に、時には補足を加えながら、不明瞭な部分なども分かりやすく翻訳したものです。ポイントは、著者が文中で言っているように、訳と解説の分かりやすさです。Google、Twitter、Appleの成功や

    価格: ¥ 3,000

    • 超訳 資本論

    • 許 成溁E
    • 著者: 許 成準
    • ナレーター: 志葉丈瑠
    • 再生時間: 5 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 36
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 32
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 31

    解説

    『資本論』は我々を取り巻く世界、つまり資本主義社会の構造を解き明かした本だ。
    著者のカール・マルクスが生きた時代は、産業革命の直後である。
    彼はその産業革命のメッカと言えるイギリスで活動した。
    産業革命による機械文明の発達は、生産性を飛躍的に向上させ、巨大な富を生み出したが、豊かになったのは一部の資本家だけで、大多数の人々は、資本家に雇われる貧乏な労働者として一生を送った。
    マルクスは、資本主義システムで起こるこのような問題を、既存の経済学理論では説明できないと考えた。
    そこで彼は、資本主義の仕組みを労働者の立場に立って科学的に分析し、原因を究明しようと考えたのだ。完成させた『資本論』が、世界中の指導者、思想家、労働者たちに多大なる影響を与えたのは言うまでもない。

    では、その『資本論』を読むことで、あなたは何を得られるのだろうか?

    「社会主義者」や「共産主義者」という言葉は聞いたことがあるが、「資本主義者」と名乗る人は見たことがない。それだけ我々は、自分を取り巻くシステムを意識することなく生活している。これはまるで、水の中に住んでいる魚のようだ。魚は水について理解していなくても、問題なく生きていけるかもしれない。しかし、水がどこから来るのか、水が汚染されているとしたら、その原因は何

    • 5 out of 5 stars
    • 大変勉強になりました

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/01/15
    • 許 成溁E
    • 著者: 許 成準
    • ナレーター: 志葉丈瑠
    • 再生時間: 5 時間 48 分
    • 配信日: 2017/08/22
    • 4.5 out of 5 stars 36件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

    • 超訳君主論

    • 著者: 許 成準
    • ナレーター: 志葉 丈瑠, 小墨 カフロ
    • 再生時間: 4 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 27
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 19
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 18

    『君主論』―それは西洋の『孫子の兵法』とも呼ばれる、リーダーのための教科書である。中世イタリアの官僚ニッコロ・マキャベリが、自らの経験を基に「成功する組織の作り方」「統治の技術」「人間の本質」などについて著した。本書はその『君主論』を現代のビジネスマンが読んでも分り易いように「原文の意味に最も近く、最も理解しやすい」現代語に訳した。リーダーシップは先天的な素質ではなく、訓練して身に付けるものである。ぜひ本書を聴いて「人を思いのままに動かす方法」を会得して欲しい。

    価格: ¥ 2,500