検索キーワード:著者 "芥川 龍之介"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:101件
並べ替え:
    • 羅生門

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 宮本 充
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    本オーディオブックは、大正六年に刊行された短篇集「羅生門」全十四話の中で最初に登場するものです。人生のどん底にいても人としてやってはいけないことがあると思っていた下人が羅生門の上で死人の髪を抜いている老婆に出会ったとき何かが変わる。二十五歳という青年が人の心の奥に潜むものを描いた作品に出会えることに感動を覚えることと思います。当時の出版では、版を重ねるたびに作者自身が変更を加えることもよくありましたので、みなさんのご存知の内容と微妙に違うところがあるかもしれません。本オーディオブックでオリジナルに近いものをお聞きください。(C)株式会社AIR

    価格: ¥ 500

    • 芥川龍之介全集 一

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 10 時間 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    日本の文学史でも、指折りの短編小説の名手である芥川龍之介。多くの傑作を残し、その作品は平易な文体ながらも、その秀逸な言葉選びや、深くまで切り込んだ心理描写の生々しさも相俟って、読み手を瞬く間に作品世界に引き込みます。

    「羅生門」
    ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨が止むのを待っていた。彼は四五日前に主人に暇を出されていた。雨が止んだところで、彼に行き先は無かったのである。羅生門の楼の内には、噂に聞いた通り、幾つかの死骸が無造作に棄てられていたが、その中に蹲っている人間を見た。檜皮色の着物を着た、背の低い、痩やせた、白髪頭の、猿のような老婆であった。その老婆は、女性の死骸の首に両手をかけると、丁度、猿の親が猿の子の虱をとるように、その長い髪の毛を一本ずつ抜きはじめた。その様を見た下人は、悪を憎む心に駆られ、太刀に手をかけながら、大股に老婆の前へ歩みよった。老婆は、一目下人を見ると、まるで弩にでも弾かれたように、飛び上った。下人は、老婆が死骸につまずきながら、慌てふためいて逃げようとする行手を塞いで、こう罵った。
    「おのれ、どこへ行く」……

    「魔術」
    私が友人を介して交際していたインド人のマティラム・ミスラは魔術の大家でもあったが、実際に彼が魔術を使ったところを見たことの無かった私は、約束を取り

    価格: ¥ 3,500

    • 朗読執事~羅生門~

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 近藤 隆
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    人気の声優が名作作品を朗読する話題のiPhoneアプリ「朗読執事」。その朗読がついにオーディオブックになって登場!


    ◆あらすじ◆

    平安時代。
    飢饉や辻風など天変地異が続き都が寂れてきた、そんなある時、一人の下人が羅生門の下で雨やみを待っていた。
    仕えてきた主人に解雇され途方にくれていた下人は、「盗人」になる決意をしきれず、ぼんやり、雨を眺めていた。
    羅生門の上に人の気配を感じた下人が門の上を覗き込むと、身寄りのない、打ち捨てられた死体の中に一人、老婆が立っていた。

    • 4 out of 5 stars
    • ナレーションは良いです。オーディオフォーマットの次のレベルに書き込みを上げます

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/11/26

    価格: ¥ 500

    • 芥川 龍之介 7本セット (2)

    • 著者: 芥川 龍之介
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 3,500

    • 羅生門(全十四話・後書)

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 宮本 充
    • 再生時間: 5 時間 23 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    本オーディオブックは、大正六年に刊行された短篇集「羅生門」全十四話と後書を読んだものです。この集に入っている短篇は、「羅生門」「狢」「忠義」を除いて、芥川龍之介が数え年二十五歳の一年間に書かれたものです。そして多くは自分たちが経営した雑誌「新思潮」に一度掲載されたものです。恐らく初めてお聞きになる作品もあるとおもいますが、二十五歳という青年が人の心の奥に潜むものをここまで描ききった作品に出会えることに感動を覚えることと思います。当時の出版では、版を重ねるたびに作者自身が変更を加えることもよくありましたので、みなさんのご存知の内容と微妙に違うところもあるかもしれません。本オーディオブックでオリジナルに近いものをお聞きください。また「羅生門の後に」と題した後書にも思わぬ発見をすることとおもいます。(C)株式会社AIR

    価格: ¥ 3,000

    • 芥川龍之介全集 三

    • 著者: 芥川龍之介
    • ナレーター: でじじ
    • 再生時間: 11 時間 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    日本の文学史でも、指折りの短編小説の名手である芥川龍之介。その名を冠する「芥川龍之介賞」(芥川賞)は、今日に至るまで権威のある文学賞として社会的関心を集めています。主に短編小説に多くの傑作を残し、その作品は平易な文体ながらも、その秀逸な言葉選びや、深くまで切り込んだ心理描写の生々しさも相俟って、読み手を瞬く間に作品世界に引き込みます。 <収録作品> 父 百合 三衛門の罪 妙な話 魚河岸 開化の殺人 開化の良人 袈裟と盛遠 犬と笛 文章 貉 糸女覚書 三つの宝 地獄変 南京の基督 邪宗門 <あらすじ> 「地獄変」 堀川の大殿様の元に良秀という天下一の絵師がいた。しかし、人柄は高慢で横柄かつ無慈悲で人情がなく、おごり高ぶっており、その腕前は評価されているものの、人には疎まれていた。 その一方で彼の娘は良秀とは違って気立てがよく、愛敬もあって利口で、殿様にも気に入られていた。やがて娘は殿様の側で仕えるようになっていたが、娘を溺愛する良秀はそれが気に入らず、ある時などは望みの褒美を言えと言われて、娘を返してくれと頼んだほどであった。 ある日、良秀に殿様から「地獄変」の屏風を描けとの命令が下る。実際に目にしたものしか描けないという良秀は、戸を閉め切った部屋で弟子を鎖で縛りつけたり、ミミズクに襲わせたり、またそのミミズクを蛇と戦わせたりして、

    価格: ¥ 3,500

    • 芥川龍之介全集 二

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 10 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    日本の文学史でも、指折りの短編小説の名手である芥川龍之介。その名を冠する「芥川龍之介賞」(芥川賞)は、今日に至るまで権威のある文学賞として社会的関心を集めています。主に短編小説に多くの傑作を残し、その作品は平易な文体ながらも、その秀逸な言葉選びや、深くまで切り込んだ心理描写の生々しさも相俟って、読み手を瞬く間に作品世界に引き込んでくれます。それも一因となって非常に人気が高い作家であり、没後には、何度も全集が刊行されて広く愛読されています。この度、芥川龍之介全集が、満を持してオーディオブックに登場です。代表作以外にも隠れた傑作が数多く収録されています。通勤や移動の合間にも、文学史上に輝く綺羅星のような作品に触れられる当オーディオブックは、きっと感性にも豊かに響く、意義深い時間を届けてくれることでしょう。こちらはシリーズ第二集です。第一集に続きまして、名作の数々をお届けします。

    <あらすじ>
    「鼻」
     禅智内供の鼻は長さが五六寸あり、上唇の上から顋の下まで下っていた。
     そして内供は、人に笑われ、馬鹿にされるこの鼻のことを非常に気にしていた。絶えず他人の鼻を気にしたり、内典外典の中に、自分と同じような鼻のある人物を見出して、せめても幾分の心やりにしようとさえ思った事がある。一方ではまた、積極的に鼻の短くなる方法を試みたが、どれも上手く

    価格: ¥ 3,500

    • 羅生門

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 高橋 正臣
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    羅生門で、死体から盗みを働く老婆に遭遇した男は……。芥川龍之介の代表作「羅生門」を、俳優の高橋正臣が渋い声で朗読します。(C)2011 OTOyomu

    価格: ¥ 500

    • 蜘蛛の糸

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 大塚 明夫
    • 再生時間: 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    『杜子春』と同じく、地獄が場面として登場します。芥川龍之介は怪奇物が好きだったようです。極楽の様子と比べて、地獄の描写は細かいところや心情までが描かれています。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    価格: ¥ 1,000

    • 羅生門

    • 著者: 芥川 龍之介 
    • ナレーター: ささき のぞみ
    • 再生時間: 26 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    平安時代。飢饉や辻風など天変地異が続き都が寂れてきた、そんなある時、一人の下人が羅生門の下で雨やみを待っていた。
    仕えてきた主人に解雇され途方にくれていた下人は、「盗人」になる決意をしきれず、ぼんやり、雨を眺めていた。
    羅生門の上に人の気配を感じた下人が門の上を覗き込むと、身寄りのない、打ち捨てられた死体の中に一人、老婆が立っていた。

    価格: ¥ 500

    • 杜子春

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 大塚 明夫
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    冒頭では、杜子春が置かれた立場と、当時の洛陽の繁栄ぶりのコントラストが際立っています。特に、杜子春の境遇を描写する技法は、同じく芥川龍之介の代表作『羅生門』と似ているような気がします。夕暮れという時間設定。ぼんやりと門で空を見上げている様子。それらを際立たせるこうもり(『羅生門』ではからすでした)などのアクセサリーなどです。ただし、『杜子春』は童話としてかかれているので、『羅生門』ほど凝った描写にはなっていないようです。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    価格: ¥ 1,000

    • 芥川龍之介 04「鼻」/「ピアノ」/「猿蟹合戦」

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    『鼻』 あらすじ:禅智内供(ぜんちないぐ)という僧侶がいた。彼は鼻の長さが18cmと長く、内供は始終この鼻を苦に病んで来たが、表面上は気にしない風を装っていた。ある日、内供は鼻を短くする方法を知り、その方法を試し、鼻を短くすることに成功する。しかし、数日して短くなった鼻を見て笑う者が出始めた。そして内供は鼻が長かった頃よりも馬鹿にされているように感じるようになった。鼻が短くなり一層笑われるようになってしまった内供は、鼻が短くなったことを逆に恨むようになる。ある夜、内供は鼻がかゆく眠れない夜を過ごしていた。その翌朝に起きると、短かった鼻が元の長い鼻に戻っていた。内供はもう自分を笑う者はいなくなると思った……。 『ピアノ』 あらすじ:震災後の横浜、山の手。或家の崩れた跡にピアノがある。人影のない藜の中でそのピアノの音を「わたし」は聴く……。 『猿蟹合戦』 解説:昔話「猿蟹合戦」のその後の話を描いた短編作品。蟹を始め同志のものが仇を討ったあと彼らが、世の人々からどのように思われ、どのような運命に逢着したかが語られている。

    価格: ¥ 500

    • 杜子春

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 馬野 雅行
    • 再生時間: 45 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 6

    『杜子春』は、1920年(大正9年)雑誌「赤い鳥」に発表された短編小説で中国の古典を童話にしたもの。親と子の愛情や物事の本質に気づかせてくれる芥川の名作である。
    芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、東京生まれ、1892年 - 1927年)。作品の多くは短編小説であるが、『蜘蛛の糸』『杜子春』のような児童向けから『地獄変』のような古典を題材にした作品も数多く執筆した。

    価格: ¥ 500

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 宮本 充
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    本オーディオブックは、大正六年に刊行された短篇集「羅生門」全十四話に収められたものです。その大きさも形も奇妙な鼻を持った禅智内供が、なんとかならないかと思案、実行する様が描かれていますが、さて最後に彼が得たものとは。夏目漱石に褒められたという本作品、どうぞお楽しみください。二十五歳という青年が人の心の奥に潜むものを描いた作品に出会えることに感動を覚えることと思います。当時の出版では、版を重ねるたびに作者自身が変更を加えることもよくありましたので、みなさんのご存知の内容と微妙に違うところがあるかもしれません。本オーディオブックでオリジナルに近いものをお聞きください。(C)株式会社AIR

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 宮本 充
    • 再生時間: 不明
    • 配信日: 2015/07/13
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 500

    • 皆藤愛子朗読「杜子春」

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 皆藤 愛子
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    あの名作が、アナウンサーの美声で甦る! 芥川龍之介著「杜子春」を、フリー・アナウンサーの皆藤愛子が朗読。 「子どもから大人まで誰もが親しめるような作品で、これから生きていくにあたって大切にしたいなと思うシーンや台詞が沢山ありました。すごくいいお話なので、そういった大切な事が聞いて頂いた方に伝わればいいなと思っています」(皆藤愛子談)

    価格: ¥ 1,500

    • 地獄変

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 秋 茜
    • 再生時間: 1 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    良秀は当代一の絵師と評判をとりながら下品で横柄で高慢で皆から嫌われている。その娘は堀川の大臣の屋敷で可愛がられていた。大臣は良秀に「地獄変」の屏風の制作を命じ、良秀はその完成のため檳榔毛の車の炎上する様子を見せてほしいと大臣に頼む。大臣はさすが一流の絵師とその頼みを受け入れるが…… ベテランの秋茜が数ヶ月にわたる準備をして臨んだ「地獄変」。語り手そのものの迫力で聞かせます。 「文芸朗読作品制作の アイ文庫の情報はhttp://ibunko.com/にて」

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 秋 茜
    • 再生時間: 1 時間 39 分
    • 配信日: 2015/06/24
    • 4 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,000

    • 芋粥

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 宮本 充
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    本オーディオブックは、大正六年に刊行された短篇集「羅生門」全十四話に収められたものです。平安朝の頃、名前も記されていない周囲から馬鹿にされていた五位という身分の者の物語。日頃たいしたものも食べていないこの五位が当時美味と言われていた芋粥を満腹になるほど食べてみたいというが夢でした。これを藤原利仁にたらふく食べさせてやろうと言われてついていったのだが。当時の出版では、版を重ねるたびに作者自身が変更を加えることもよくありましたので、みなさんのご存知の内容と微妙に違うところがあるかもしれません。本オーディオブックでオリジナルに近いものをお聞きください。(C)株式会社AIR

    価格: ¥ 500

    • 芥川龍之介 03「蜘蛛の糸」/「トロッコ」/「尼提」

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    『蜘蛛の糸』 あらすじ:ある日の事、釈迦は極楽の蓮池のふちに佇み、はるか下の地獄をふと覗いた。すると地獄の底にカンダタという大泥棒を見つける。カンダタは生前、小さな蜘蛛を助けた事があった。そこで釈迦は地獄の底のカンダタを極楽への道へと案内するために、一本の蜘蛛の糸をカンダタに下ろす。カンダタは極楽から伸びる蜘蛛の糸を見て、極楽に行けるかもしれない、と考える。そして蜘蛛の糸をのぼり始める。ところがのぼっている途中でふと下を見ると数限りない罪人が糸をせっせとのぼってくる。もし万一途中で断れたらと思ったカンダタは「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己(おれ)のものだぞ。お前たちは一体誰に尋(き)いて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」と喚いた。その途端、蜘蛛の糸が、カンダタのぶら下がっている所から切れ、カンダタは再びに地獄に落ちてしまう……。 『トロッコ』...

    価格: ¥ 500

    • 藪の中

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 来栖 正之
    • 再生時間: 43 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    『藪の中』は、1922年(大正11年)に「新潮」に発表された作品。 「藪の中」で発見された男の死体、事件にかかわる人々の証言のくい違い。真相は「藪の中」の、語源とも言われる芥川の代表作である。 芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、東京生まれ、1892年 - 1927年)。作品の多くは短編小説であるが、『蜘蛛の糸』『杜子春』のような児童向けから『地獄変』のような古典を題材にした作品も数多く執筆した。

    価格: ¥ 500

    • wisの芥川龍之介01「羅生門」「蜘蛛の糸」「舞踏会」他2編

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 1 時間 45 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    【解説】 「羅生門」「蜘蛛の糸」「舞踏会」「鼻」など、芥川龍之介の多彩な内容の短篇を5作品収録。 天災や飢饉でさびれた京の都の荒れ果てた羅生門で、死人の髪の毛を一本一本抜いている老婆を見つけた下人が、生きるために老婆から着物を奪い取る「羅生門」。地獄に落ちた男が、蟻に慈悲を一度だけ見せたことがあるために垂れてきた救いの蜘蛛の糸を上るも、自分だけが助かりたいという身勝手さを出した途端にまた地獄に落ちる「蜘蛛の糸」。明治19年、鹿鳴館の舞踏会に初めて参加した名家の令嬢明子は、その美しさにより周囲の注目を一身に集める。やがて、フランスの海軍将校とワルツやマズルカを踊り、夜空を眺めながら語らう。明治の開化物の代表作「舞踏会」。他に、顎まで下がる長い鼻を気に病む高僧が、鼻を短くするために四苦八苦する可笑しみを描く「鼻」、仙人になりたいといって医者の家に長年住みこむ男を描いた「仙人」を収録。 【朗読時間】1時間45分47秒 【朗読】wis(透明感のある声で知られる女性朗読家です)

    価格: ¥ 1,000

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 6