検索キーワード:著者 "森 鴎外"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:23件
並べ替え:
    • 舞姫

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 1 時間 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 3

    明治・大正期の文学者、森鴎外の代表的な短編小説作品。本作が森鴎外の処女小説である。初出は「国民之友」[1890年(明治23年)]。初期の代表作であり、1884年から5年間のドイツ留学時の体験を下敷きにして書かれた。主人公、太田豊太郎はエリート官吏である。彼はドイツ留学中に舞姫エリスと出会い、二人で暮らし始める。しかし、そのことによって周囲から中傷され官職を辞することになる。やがて、豊太郎は、前途を案じる友人からの勧めに応じて、エリスとの別れを決意。事情を知り発狂した身重のエリスを残し、豊太郎は日本へと帰国する。近代文学の代表的なロマンチシズム溢れる作品である。

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 1 時間 6 分
    • 配信日: 2018/05/16
    • 3 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 舞姫

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 五月女 忠夫
    • 再生時間: 1 時間 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    異国で身を立てるため勉学に励む青年と、父を亡くした貧しい娘の悲恋が、いま蘇る。

    明治から大正にかけて活躍した文豪・森鴎外の初期の代表作を、
    高雅な文体をそのままに、音声でお届けします。


    政府からの指示で5年前からドイツ・ベルリンへ留学していた主人公・太田豊太郎は、
    ドイツ語やフランス語を学び、政治学を修めようとしていました。

    幼いころに亡くした父の遺言と母の教えを守り、
    ヨーロッパの華やかさに目もくれず、心を動かすまいという固い決意を持って勉学に励んでいた彼は、
    ある時、エリスという女性に出会います。

    エリスは劇団に所属していましたが、その生活はひどく貧しいものでした。
    父の葬儀代が出せないという彼女の窮状を、豊太郎が救ったことをきっかけに、
    二人は惹かれあい、交際を始めます。

    しかし2人を待っていたのは、全く異なる身の上ゆえに容赦なく降りかかる、様々な困難でした。

    いつしか豊太郎は、政府の留学生としての自分の居場所と、
    エリスとの関係を天秤にかけざるを得ない状況に陥っていきます。

    ドイツ・ベルリンで、二人は果たしてどのような道を歩むのか――

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 五月女 忠夫
    • 再生時間: 1 時間 8 分
    • 配信日: 2015/06/10
    • 4 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 高瀬舟

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 6

    京都の罪人が遠島を申し渡されると、高瀬舟に乗せられる。島を申し渡された罪人は、重い罪を犯しているが決して盗みをするために火をつけ人を殺すというような極悪な人物が多数を占めていたわけではない。高瀬舟に乗る過半はいわゆる心得違いのために思わぬ罪を犯した人であった。
    ある春の夕に、珍しい罪人が高瀬舟に乗せられた。それは名を喜助といい、三十歳ばかりになる、住所不定の男である。護送を命ぜられて、一緒に舟に乗り込んだ同心羽田庄兵衛は、喜助が弟殺しの罪人だということだけを聞いていた。 喜助の様子を見ると、いかにも神妙でおとなしく、自分を役人として敬って、何事につけても逆らわないようにしている。しかもそれが、罪人の間に見られるような、素直を装って媚びる態度ではないのを庄兵衛は不思議に思った。 喜助の顔がいかにも楽しそうで、口笛を吹くとか、鼻歌を歌い出しそうなぐらいに思い、庄兵衛は始終喜助の顔から目を離さずにしていた。...

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 35 分
    • 配信日: 2017/03/10
    • 4.5 out of 5 stars 8件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • 文学のしずく 田畑智子/「高瀬舟」(森鴎外)

    • 著者: 森鴎外
    • ナレーター: 田畑智子
    • 再生時間: 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    名作文学をあらすじで紹介するNHKデジタルラジオ「文学のしずく」をオーディオブック化!「高瀬舟」は、江戸時代の随筆集「翁草」をもとに書かれました。鴎外はこの作品で、安楽死という現代にも続く大きな問題を提起しています。*CDブック「朗読 文学のしずく」第4巻(中経出版)より抜粋。*新時代のメディア・デジタルラジオの詳細については、http://www.nhk.or.jp/dr/をご覧ください。

    価格: ¥ 300

    • 阿部一族

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 菅原 拓真
    • 再生時間: 1 時間 47 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    江戸時代初期の肥後藩にあった史実を元に創作された作品。現代作品には少なくなった悲劇を真っ向から描いた作品です。 森鴎外は軍医という公職につきながら小説を発表しつづけた作家です。彼の時代小説は、立場上赤裸々に政府や国家を批判できなかった鴎外の、自身の生きる時代への糾弾であるとも言われています。

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 菅原 拓真
    • 再生時間: 1 時間 47 分
    • 配信日: 2015/06/22
    • 4.5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 山椒大夫

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 相原 麻理衣
    • 再生時間: 1 時間 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    父の任地へ向かう、頼りなげな母と子二人と女中の一行。行き暮れ疲れた彼らの隙につけいったのは、恐ろしい人買いたちだった。母と引き離され山椒大夫に売り飛ばされた安寿と厨子王は過酷な毎日を強いられる。いつか父母に会える日がくることを祈りながら耐える二人だったが――(C)アイ文庫 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 2,000

    • 舞姫

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: ささき のぞみ
    • 再生時間: 1 時間 19 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    19世紀末、国家と生家の期待を担ってドイツに留学した太田豊太郎は、日本の封建的な文化とは異なる空気に触れ、それまでの自己に疑問を持ち、自他に批判を強めるようになっていく。

    そんなある日、彼は古びた教会の裏道で泣き崩れる美しき少女、エリスに出会う。
    言葉に尽くせないほどの美しさと清らかさを持つ少女に心を奪われた豊太郎は、彼女の苦難に力を貸すことなった。

    しかし、日頃同僚たちに妬まれていた彼は、その件がきっかけでその地位を剥奪され、異国の地で孤立してしまう。

    儚き美少女エリスへの愛情と、望郷の想いとに揺らぎながら、豊太郎は幼き「舞姫」と生活を共にしていくのであった。

    ※ 字幕におきまして、底本で「二の字点」を使われている部分はひらがなに変更させていただいております。あらかじめご了承下さい。

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: ささき のぞみ
    • 再生時間: 1 時間 19 分
    • 配信日: 2018/05/15
    • 4 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 高瀬舟

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 西 靖
    • 再生時間: 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 13
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 10
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 11

    『高瀬舟』は、1916年(大正5年)、「中央公論」に発表された短編小説。安楽死をテーマにおいた作品。 森鴎外(もり おうがい、島根県生まれ、1862年 - 1922年)。小説家、翻訳家などのほかに陸軍軍医という一面を持つ。明治・大正の文豪であり、『舞姫』『うたかたの記』『雁』『山椒大夫』など多くの作品を残している。

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 西 靖
    • 再生時間: 38 分
    • 配信日: 2017/06/16
    • 4 out of 5 stars 13件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • 森 鴎外 3本セット

    • 著者: 森 鴎外
    • 再生時間: 1 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 3,000

    • 寒山拾得/寒山拾得縁起(アイ文庫LIVE収録版)

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 野々宮 卯妙
    • 再生時間: 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    唐の時代、地方長官の閭は僧・豊干に頭痛をたちどころに治療され、赴任先の天台にある国清寺に現代の普賢と文殊=拾得と寒山がいることを教えられる。赴任後、閭は部下を従え輿に乗って、さっそく二人に会いに行くが……。「なんだかよくわからないけれどすごそう!」と思う一般人の心理を鋭く突き、警句を発する「寒山拾得」と、娘のおねだりがきっかけになった誕生秘話であるとともに、さらに謎をかけ知性を問われるかのような「寒山拾得縁起」を、ライブ朗読で! ※ライブ向けに「縁起」をふたつに分け、冒頭と末尾に挿入する形にしています。 【朗読者について】 バロック朗読家(?)野々宮卯妙が、重々しくも特異な声で森鴎外の名短編の全編朗読ライブを敢行。これまでにない独特の解釈で豊干ら登場人物を表現し、原作を知る人にもさらに考えさせる作品へと再創造しました。ライブならではの緊張感と表現を味わって下さい! (C)アイ文庫 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 5 out of 5 stars
    • 文豪鴎外にあらためて出会った感があった。

    • 投稿者: さぜねん 日付: 2017/12/16

    価格: ¥ 500

    • 最後の一句

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 美藤 啓文
    • 再生時間: 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    『最後の一句』は大正4年(1915年)「中央公論」に発表された作品。
    父親のために自らの命を投げ出そうとする気丈な娘が、お上に放った強烈な一言とは・・。鴎外の権威に対する批判の気持ちが込められた名作。
    森鴎外(もり おうがい 島根県生まれ、1862 - 1922)。小説家、翻訳家などのほかに陸軍軍医という一面を持つ。明治・大正の文豪であり、『舞姫』『うたかたの記』『雁』『山椒大夫』などの多くの作品を残している。

    価格: ¥ 500

    • 最後の一句

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 中村 恵子
    • 再生時間: 33 分
    • 完全版
    • 総合評価
      1 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      1 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    死罪を申し付けられた船乗業桂屋太郎兵衛の娘、16歳のいちは、願い書を書いて弟妹たちとともに奉行所に父の助命を乞いに行く。「お上の事には間違はございますまいから」――官僚でもあった文豪の心の綾を垣間見るような佳編。かつては高校の教科書に採録されていました。(C)アイ文庫 【朗読者について】 声優、ナレーターとして活躍中の中村恵子。ふだんの仕事とはまったく異なる格調高い硬質な文章ながら、本好きの面目をほどこす真面目な取組で、新鮮な鴎外作品が生まれました。 「ことのは出版オーディオブックの情報はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 500

    • 高瀬舟

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 渡部 龍朗
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

     高瀬川は、にぎわう京の木屋町や四条通りなどをひっそり抜けて、やがて伏見の宇治川に流れ込む。その昔は京の都と大阪を結ぶ水運の大動脈であった。 徳川時代、島流しになる京都の罪人は、この川筋を高瀬舟でくだって大阪に送られた。護送する同心にとってそれはうっとおしい役回りだった。ある夜、高瀬舟に乗せられた罪人の様子がいつもとは違う。同心の庄兵衛は不思議に思って聞いてみた。すると弟殺しの罪で島に送られる喜助は・・  「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 渡部 龍朗
    • 再生時間: 不明
    • 配信日: 2015/09/02
    • 5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • エドガー・アラン・ポー「十三時」

    • 著者: エドガー・アラン・ポー, 森 鴎外
    • ナレーター: 中島 定吉
    • 再生時間: 33 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 2

    【評議員達は二度特別会議を開いて重大な決議をした。・第一条。何事に依らず古来定まりたる事を変更すべからず。・第二条。本市以外には一切取るに足る事なしと認む。・第三条。市民は先祖伝来の時計及キヤベツを忘却すべからず。】 エドガー・アラン・ポーのなんとも異様で滑稽な作品です。原題は「THE DEVIL IN THE BELFRY」。オランダ・スピイスブルク市の話です。最後に時計が十三時を打った時、そこでいったい何が起こったのか…。森鴎外の翻訳でお楽しみください。 ※本作品は発表時の未熟な時代背景から、今日の社会では一般的でなく、不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品のオリジナル性を最大限に尊重し、なるべく当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。(C)2008青空文庫

    価格: ¥ 500

    • 矢口真里:朗読「山椒大夫」(森鴎外)

    • 著者: 森鴎外
    • ナレーター: 矢口真里
    • 再生時間: 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    元モーニング娘。矢口真里さんが名作文学の朗読に挑戦!NHKラジオ第1「きらり10代!名作を読もう」で放送され、好評を得た作品がオーディオブックに登場!朗読終了後、本人による感想や作品への思いなども聞きどころのひとつです。

    価格: ¥ 200

    • 安寿と厨子王 世界の童話シリーズその270

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 田中嶋 健司, 桜木 信介, 福田 純, 、その他
    • 再生時間: 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    Yellow Bird Project制作、世界の童話シリーズ第270話。大人も子どもも楽しめる童話オーディオブックを、多彩なキャストとBGMでお届けします。『悪い人買いにだまされて、母と引き離されてしまった、安寿と厨子王の幼い姉弟。二人は人買いの家で、無理矢理働かされていました。どんなに苦しくても、いつか再び家族に会う事を夢見て、二人は必死に暮らしていました。しかし、ある晩の事です・・』

    価格: ¥ 500

    • 高瀬舟

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 金田 賢一
    • 再生時間: 36 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    「高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である」。 あるとき高瀬舟で護送の任を担った同心が、いつもとは違う雰囲気を持った罪人に興味を引かれます。その罪人の額は晴れやかで、目にはかすかな輝きがあったのです。生まれながらの極貧の生活を強いられながらも、欲心のない喜助。人助けの気持ちから弟の自害に手を貸してしまい、殺しの罪を負ってしまいます。この作品では人間の欲望ということと、現代でも大きな問題となっている安楽死の問題を取り上げています。 金田賢一の朗読は、同心と罪人のゆるやかなテンポで交わされる会話を、まるで船上に居合わせたが如く、味わい深く聴かせてくれます。

    価格: ¥ 1,000

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 金田 賢一
    • 再生時間: 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    ある夏の日の朝、温泉宿の近くに湧き出る清らかな泉でのとある光景を散文のように綴った小作品です。 十一、二の少しなまめかしさを醸し出し始めた年頃の、大人ぶった少女たちが七人。賑やかに銀の杯で泉の水を汲んでいるところにやってきた十四、五の異国人の娘が一人。和を乱された少女たちはよそ者の娘の黒い杯をからかい始めます。ところが、その娘は「私は、器は小さくても自分の杯で飲みます」ときっぱりといいます。ここには鴎外の生き方の姿勢が含まれているようです。 金田賢一の抑制の効いた、娘たちを見守るような優しさ溢れる朗読をお楽しみください。 ※本朗読作品中には現代ではふさわしくない表現が含まれていますが、著者が差別助長の意図で使用していないことを考慮し、原作に忠実に再現しています。

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 金田 賢一
    • 再生時間: 12 分
    • 配信日: 2016/03/22
    • 5 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 木精

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 金田 賢一
    • 再生時間: 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    「フランツはいつもここへ来てハルロオと呼ぶ。暫くすると、大きい鈍いコントルバスのような声でハルロオと答える。これが木精である。」 いつも谷川にいって当たり前のように木精を楽しんでいた少年が、大きくなってしばらく振りで谷川を訪れて呼びかけるが、答えがありません。しかし、同じ日の夕方再び出かけてみると、小さい子供たちの呼びかけに木精は答えているのです。 成長とともに失われるもののあることを知る少年の戸惑いと哀しみ。そしてそれを受け入れる少年の純粋さ。金田賢一の素直な朗読が少年の心の移ろいを見事に表現しています。

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 金田 賢一
    • 再生時間: 12 分
    • 配信日: 2016/03/22
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 1,000

    • 高瀬舟

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 佐川 有香
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    罪人を護送する船の上、町奉行所の同心は悲しい事情で弟を殺めた男の話に胸をうたれていく。 森鴎外の名作を、声優の佐川有香が朗読します。(C)2011 OTOyomu

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 佐川 有香
    • 再生時間: 不明
    • 配信日: 2015/06/15
    • 5 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2