検索キーワード:著者 "林 芙美子"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:12件
並べ替え:
    • 幸福の彼方

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 上田 悦子
    • 再生時間: 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 12
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 11

    「幸福の彼方」は、昭和15年(1940年)短編集『魚介』に収録された作品。 主人公の絹子は見合い結婚した夫の信一から、ある日思いがけない告白をされる・・・。母性愛、夫婦愛、家族愛など、普遍的なテーマを巧みに描いた芙美子の名作である。 林芙美子(はやしふみこ、1903年 - 1951年) 『放浪記』『浮雲』『晩菊』など多くの名作を執筆、特に庶民の生活を叙情的に描いた作品を得意とした。

    価格: ¥ 500

    • 大山のぶ代:朗読「放浪記」(林芙美子)

    • 著者: 林芙美子
    • ナレーター: 大山のぶ代
    • 再生時間: 8 分
    • 要約版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    様々な分野で活躍するタレントや声優が名作文学のハイライトシーンを朗読します。 NHKラジオ第1「きらり10代!名作を読もう」で放送され、好評を得た作品がオーディオブックに登場! 朗読は大山のぶ代さん。主な出演作:アニメ「ドラえもん(初代ドラえもん)」、「サザエさん(初代カツオ)」ほか

    価格: ¥ 200

    • 白鷺

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 相本 由美子
    • 再生時間: 1 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    〈花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき〉 うつくしく、なのに、いや、だからこそ踏みにじられ苦しむ花。つかれはてた女、そして男。慈しみを込めて描かれた端正な佳作。

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 相本 由美子
    • 再生時間: 1 時間 58 分
    • 配信日: 2015/09/10
    • 5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 林 芙美子 3本セット

    • 著者: 林 芙美子
    • 再生時間: 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 3,000

    • 晩菊

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 相本 由美子
    • 再生時間: 1 時間 1 分
    • 完全版
    • 総合評価
      1 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      1 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    「けつして自分の老いを感じさせては敗北だ」 元赤坂の芸者だった老女・きんは、入念に支度をして昔の男・田部を迎える。「外は嵐がごうごうと吹き荒さんでゐるのにさ、君ばかりは何時までたつても変らない……不思議な人だよ」しかし、田部の目的はきん自身にはなかった・・・“女”として生きることの意地と孤独と贅沢。

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 相本 由美子
    • 再生時間: 1 時間 1 分
    • 配信日: 2016/04/21
    • 1 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 水仙

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 相本 由美子
    • 再生時間: 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 2

    〈花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき〉 うつくしく、なのに、いや、だからこそ踏みにじられ苦しむ花。つかれはてた女、そして男。慈しみを込めて描かれた端正な佳作。

    価格: ¥ 1,000

    • 「下町」「旅情の海」-Wisの朗読シリーズ(63)-“終戦の夏”に読みたい小品選(1)

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 1 時間 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「下町」は、終戦後、良人がシベリア抑留からまだ戻らないリヨが、幼い子供を連れてお茶の行商する際に知り合った気さくな鶴吉との交情を描く。休暇の日、浅草に3人で遊びに行ったところ、急な雨で宿屋に泊ることになったのだが・・・。「旅情の海」は、人柄が良く前向きな「民間飛行家の志田さん」に焦点を当てたもの。自分で作った飛行場を軍に接収されたことを契機に旅に出た時に出会った、終戦で親に捨てられた純真な少年に心打たれ、彼を引き取ることなった・・・。ともに、戦争と平和について考えさせる小品の佳作。

    価格: ¥ 1,000

    • 美しい犬

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 栗原 小巻
    • 再生時間: 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    野尻湖はいまでも国際的な避暑地として知られています。外国人の別荘が点在しているようです。作品の中に登場する「柏原」や「大久保村」も、実在する地名です。柏原はJR信州本線の黒姫駅近くの湖畔側の地名です。そこから湖畔に向かって数kmいきますと、大久保に着きます。さらに湖畔に向かいますと、別荘地となります。なお、野尻湖は別名「芙蓉湖」と呼ぶそうです。林芙美子の芙の字と重なっているような気がします。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    価格: ¥ 1,000

    • 幸福の彼方

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 栗原 小巻
    • 再生時間: 31 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    「病めるときも、健やかなる時も…」。人を愛するとき、その人の全てを愛したいですね。いいところも、わるいところも、全てを受け入れてこそ「愛」なのだと思います。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    価格: ¥ 1,000

    • 婚期

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 原 ミユキ
    • 再生時間: 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    漱石の「草枕」を愛読する登美子は、まだなかなか結婚する気になれないでいた。そんなおり、自分にきた見合いの相手・安並を妹が気に入り、結婚が決まった。妹の結婚相手として挨拶にきた安並は、思いのほか登美子の心を揺さぶる。気にする妹へ配慮しながら複雑な心境をもてあます登美子。が、結婚して上海へ渡った妹がやがて亡くなって……。女性心理を繊細に描き出す、「放浪記」林芙美子の佳品。演出=水城雄。(C)アイ文庫 【演出・朗読者について】少しずつ自身ならではの表現を獲得しつつある原ミユキが、女性の揺れる心を描く林芙美子作品に挑戦。明るいトーンの声が、揺れる女心を繊細に描き出しています。 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 原 ミユキ
    • 再生時間: 25 分
    • 配信日: 2015/07/08
    • 4 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • 多摩川

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 岩崎 さとこ
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    突然呼び出され、津田周次はかつての許婚と多摩川の料理旅館で二人きりで話をする。かつて自分を捨て別の金持ち男のもとへ去ったくみ子は夫に先立たれ、東京に出てきたのだ。数日後、母と女中のツヤを外出に誘うと、偶然か、多摩川へ行きたいと言う。くみ子とツヤ、二人の女の間で、津田の胸のうちにたつさざなみのような思い……。仕立ての良いドラマのような男と女の物語を、女優・岩崎さとこが抑制のきいた朗読で描き出します。(C)アイ文庫 【朗読者について】 富良野塾出身、今村昌平監督門下で映画出演等キャリアを積んできた女優・岩崎さとこ。朗読では夏目漱石「夢十夜」「こゝろ」、織田作之助「夫婦善哉」などで独特の世界をつくりだして高い評価があります。初めて取り組んだ林芙美子作品でしたが、しっとりとした雰囲気作りはさすが。大人のドラマをお楽しみ下さい。 「ことのは出版オーディオブックの情報http://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 500

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 栗原 小巻
    • 再生時間: 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ほうせん花というと秋のイメージがありますが、赤い花をつけていることから、作品の設定が夏だということが分かります。都会では蛙を見つけることは難しくなってきていますが、雨の夜、かわいらしい雨蛙のことを想像してみるのも楽しいかと思います。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    • 著者: 林 芙美子
    • ナレーター: 栗原 小巻
    • 再生時間: 9 分
    • 配信日: 2015/06/15
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 1,000