検索キーワード (著者:"山本 周五郎")(すべてのカテゴリー)

カテゴリー

検索結果:58件
並べ替え:
    • 樅ノ木は残った 上

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 10 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    「伊達騒動」幕府と一族との領土半分の受け渡し密約 この密約を見抜いた宿老・原田甲斐はただ一人藩を守るべく闘いを始める。

    価格: ¥ 3,500

    • 樅ノ木は残った 下

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 12 時間 18 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    宿老・原田甲斐はついに叩き抜き伊達家を守る。風評恐れず闘い抜く姿は感動的で物語はいよいよ終末へと向かう。

    価格: ¥ 3,500

    • 樅ノ木は残った 中

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 10 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    宿老・原田甲斐は極悪人の風評恐れず密約を受けた伊達兵部の懐に入り込み忍従し藩内、江戸で引き起こされる陰謀・暗殺計略を未然に防ぎ。

    価格: ¥ 3,500

    • 日本婦道記

    • 著者: 山本周五郎
    • ナレーター: 平川正三
    • 再生時間: 7 時間 36 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    婦人倶楽部で連載された日本の婦人、女性像を巧みに描いた作品。

    価格: ¥ 3,000

    • 季節のない街

    • 著者: 山本周五郎
    • ナレーター: 三好翼
    • 再生時間: 11 時間 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    黒澤明監督の映画『どですかでん』の原作にもなった“風の吹溜まりに塵芥が集まるようにできた貧民街"で懸命に生きようとする庶民の人間らしさを描いた作品。

    価格: ¥ 3,500

    • 若き日の摂津守

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 1 時間 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 19
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 17
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 17

     山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 

    価格: ¥ 1,000

    • 法師川八景

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

          <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 

    価格: ¥ 1,100

    • さぶ

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 西村 健志, 安田 愛実
    • 再生時間: 12 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 66
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 59
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 59

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。  その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 <あらすじ> 江戸の町で、経師屋に勤めるさぶと栄二。一人では何も出来ないが、底抜けに人の良いさぶと、仕事の筋はよいが向こうっ気の強い栄二は、いつか二人で店を持とうと互いを励まし合い、仕事に励んでいた。  ところがある日のこと、得意先で高価な「金襴の切」が見あたらなくなるという事件が起こる。ちょうど仕事で通っていた二人の道具袋を念のために旦那が探してみたところ、栄二の道具袋から「金襴の切」が見つかった。 身に覚えのない疑いをかけられた栄二は、10年も勤めた経師屋の主人が自分を信じてくれず、辞めさせられたことに納得がいかず、得意先の旦那に直談判に出向くがたたき出されてしまう。事情を聞いてくれた与力にも反発する栄二だったが、扱いに困った奉行所は、とうとう栄二を石川島の「人足寄場」へ送ってしまったのであった…… <山本周五郎> 1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東

    • 5 out of 5 stars
    • 言うことなし

    • 投稿者: Amazon Customer 日付: 2018/04/20

    価格: ¥ 3,500

    • 赤ひげ診療譚

    • 著者: 山本周五郎
    • ナレーター: 根本泰彦
    • 再生時間: 10 時間 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    数々のメディア化された赤ひげ先生。

    価格: ¥ 3,500

    • 初蕾

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 13 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 13 分
    • 配信日: 2019/01/18
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 1,000

    • 修行綺譚

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 1 時間 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

           山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 

    価格: ¥ 1,100

    • 山本周五郎「ひやめし物語」

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 2

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純…

    価格: ¥ 1,200

    • 赤ひげ診療譚

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 10 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 49
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 43
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 43

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 <あらすじ> 幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長・新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。それは、許嫁の天野ちぐさが登を裏切ってしまい、娘の不貞を恥じた天野源伯の手回しによるものだった。 御番医に任じられる約束を反故にされたこと、長崎で得た最新の医学知識を医長の新出に全て無条件で差し出すことなど、登は全てが不満だった。ささやかな抵抗として登は、養生所の規則やそれを決めた新出に逆らい続けるが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。 「狂女の話」「駆込み訴え」「むじな長屋」などの八遍からなる、患者との葛藤を描いたヒューマンストーリー。 <収録内容> 狂女の話 駈込み訴え むじな長屋 三度目の正直 徒労に賭ける 鶯ばか おくめ殺し 氷の下の芽 <山本周五郎(やまもと・しゅうごろう)> 1903~67年。小説家。山

    • 4 out of 5 stars
    • 若い医師の成長

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/08/05

    価格: ¥ 3,500

    • 花匂う

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    <内容紹介…

    価格: ¥ 1,000

    • 髪かざり

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介…

    価格: ¥ 1,000

    • 湯治

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

       山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 配信日: 2018/07/27
    • 4 out of 5 stars 5件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 山本周五郎「雨あがる」

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 24 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、…

    価格: ¥ 1,100

    • 尾花川

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

            山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 37 分
    • 配信日: 2018/10/17
    • 4 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • ひとごろし

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 1 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 26
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 23
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 23

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
     その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

    <あらすじ>
     双子六兵衛は臆病者といわれていた。二十六歳の六兵衛は妹のかねと二人でひっそり暮らしていた。二人共独身であるが、縁談を持ち込まれることもなく、行き遅れを気にするかねはしばしば六兵衛を責めた。
     六兵衛はある日、狩場で小姓を斬って逃げた仁藤昂軒の討ち手を引き受けた。藩主の命で追討の令が出ていたものの、剣と槍の達人である彼を恐れて誰もその役目を引き受けようとしなかった中、名乗り出たのである。六兵衛は六兵衛で長い間の「臆病者」の汚名をすすごうとしたのであった。
     まともにやりあっても勝ち目はなかったが、六兵衛は仁藤昂軒を追い詰める術を思いついた。それは彼がこれまで「臆病者」と罵られ、人の評判を気にすることもないからこそ思い付いた、意外な方法であった……

    <山本周五郎>
    1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六

    • 5 out of 5 stars
    • 山本周五郎ファンになりました。

    • 投稿者: なみかぜ書店 日付: 2018/05/15

    価格: ¥ 1,500

    • 土佐の国柱

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 1 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 27
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 22
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 22

    "山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。  その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 <あらすじ> 高閑斧兵衛は主君である土佐守山内一豊が危篤となり、城中に詰めていた。二十日以上一度も下城せずに回復を祈っていた斧兵衛は、一豊に呼ばれ、すぐに病間の主君を見舞った。斧兵衛は一豊がまだ若い頃から付き従っていたこともあり、身分こそ高くなかったが深い信頼を得ていた。一豊の心残りは、元の国主であった長曾我部氏に懐いていた領民の心を掴めなかったことであった。しかし、一豊は高圧的に領民を従わせることを良しとしなかった。  一豊を追って腹を切るつもりだった斧兵衛だが、一豊はすぐには許さず、「三年の間に土産を作って参れ」と伝える。四十余年、戦塵の間に生死を共にした二人は、この場で何かを約束したのであった…… <山本周五郎> 1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周五郎商店」にちなんだ。20代前半に作家活動を始め、39歳の時『

    価格: ¥ 1,200

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • 3