検索キーワード:著者 "太宰 治"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:66件
並べ替え:
    • 人間失格

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 福士 秀樹
    • 再生時間: 3 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 17
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 15
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 15

    他人を、自分を、欺き、道化となり生きてきた男は、しかし・・・ 数多い作品の中で、太宰治が自らのために書いたといわれている本著は、内面的真実の精神的自叙伝とも評されている。昔読んだ方も、ぜひ、もう一度。

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 福士 秀樹
    • 再生時間: 3 時間 48 分
    • 配信日: 2015/09/10
    • 4.5 out of 5 stars 17件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,500

    • 斜陽 / 雪の夜の話

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 奈良岡 朋子
    • 再生時間: 6 時間 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 4

    太宰治の代表作を奈良岡朋子が朗読。NHKラジオ第2で放送されたものをオーディオブック化。「斜陽」全24話、「雪の夜の話」全2話収録。

    価格: ¥ 3,000

    • 斜陽

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 澤田 雅世
    • 再生時間: 6 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    美しい、本物の貴族であるお母さまは病んで死に向かいつつある。弟の直治は出征し、無事南方から戻ったものの心は荒んでいく。かず子は新しい時代を生きるべく、自分なりのたくましさを身につけていく…… 演出=水城雄。(C)アイ文庫 【演出・朗読者について】 若さに似合わない落ち着きと品のある読みがこの作品にぴったり、と抜擢された澤田雅世。同性の一人語り文体、しかも語り手と同世代という、(一見あっていると思われがちですが)読み手としては最も難しい条件に、果敢に挑戦しました。聴けばおわかりのように、初の長編朗読とは思えない、物憂げでニュアンス豊かな斜陽的世界を描きだすことに成功しています。 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 澤田 雅世
    • 再生時間: 6 時間 21 分
    • 配信日: 2015/06/22
    • 5 out of 5 stars 4件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

    • 太宰治短編傑作集

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 2 時間 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    太宰が、思うところを思うままに(ときにユーモアを交え)綴った随筆を音声化しました。小説版とは一味違った太宰の魅力に触れてみてください。今まで知らなかった“太宰”がお楽しみいただけます!※本オーディオ商品は、無断で複製・転載・公衆配信できる状態にすることは法律により禁じられております。 制作・著作パンローリング株式会社

    価格: ¥ 2,000

    • 走れメロス

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 大塚 明夫
    • 再生時間: 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 7

    登場舞台となるシラクスは、現在の名前をシラクサといい、実在の地名です。現在では世界遺産にも登録されている観光名所になっています。また、暴君ディオニスも実在の人物です。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    価格: ¥ 1,000

    • 葉桜と魔笛

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 武川 智美
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

    『葉桜と魔笛』は1939年(昭和14年)「若草」に発表された作品。 老婦人の語りによるこの作品は、太宰が妻の美和子から聞いた悲話を素材にしたとの説もある。 太宰 治(だざい おさむ、青森県生まれ、1909年 - 1948年)。27歳の時、短編集『晩年』でデビューする。代表作として、『走れメロス』『斜陽』『人間失格』などがある。1948年(昭和23年)に入水自殺。

    価格: ¥ 500

    • ヴィヨンの妻

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 杉村 理加
    • 再生時間: 1 時間 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    飲んだくれの詩人を夫に持つ妻を語り手にして、男の異常なまでの日常を巧みに描いた作品で、昭和22年に発表された太宰の代表作の一つとされている。エピソードとして太平洋戦争末期から戦後に変わる庶民の生活が、作者の皮肉な眼を通して書かれているのも興味深い。

    価格: ¥ 1,200

    • 人間失格

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 茶川 亜郎
    • 再生時間: 4 時間 33 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 2

    累計部数600万部以上!「斜陽」「ヴィヨンの妻」「走れメロス」に並ぶ
    太宰治の代表作が遂にオーディオブックで登場。

    人と違う感覚を持ち、本当の自分を誰にもさらけ出せないまま波瀾の人生を歩んでいく男の半生を当人の視点で描く、
    著者の自伝的な小説とも「遺書」とも言われる名作を、じっくりと音声でお楽しみください。

    本作品は、1948年に連載小説として発表された太宰治の代表作であり、
    同年、連載最終回の掲載を待たずに自殺した太宰の、最後の完結作です。

    主人公である「自分」は人と違う感覚を持っており、
    本当の自分を他人に見せることができないまま、幼年期から青年期へと歳を重ねていきます。

    多くの女性と関係をもち、酒、煙草、さらには薬物へと手を伸ばした「自分」は、
    次第に混乱し、人としての道を踏み外していき・・・

    破滅的な人生へと堕ちていく男の半生を、当人の手記として描く本作品は、
    耳元で展開するオーディオブックでじっくりとお聴きいただくことで、
    より深く、リアルな物語として味わっていただけることでしょう。

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 茶川 亜郎
    • 再生時間: 4 時間 33 分
    • 配信日: 2015/07/07
    • 3.5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,500

    • wisの太宰治04「津軽(抄)」「雪の夜の話」他3編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    【解説】 「津軽」は、太宰の故郷訪問記。ある年(注:昭和19年)の春、私は、生まれ故郷の金木のある津軽半島を三週間かけて訪問した。蟹田での中学時代の唯一の友人N君からの歓待、T君とその友人らと観瀾山に登っての志賀直哉談義、Sさんのお家に招かれての疾風怒濤のような津軽らしい歓待ぶり、竜飛崎の凄愴な光景と巡ったのち、生家にたどり着く。長兄、次兄らとの対面には気疲れするが、嫂、姪、祖母らと再会できた。そしていよいよ、幼少の頃、子守として育ててくれたたけとの再会のために深浦に向かう。30年ぶりに念願の再会を果たし、私はたけの子だと改めてつくづく思うのであった(なお、朗読テキストは、響林社のサイトにてダウンロードできます(無料)。 変人で無精者の小説家の兄、妊娠している嫂と3人暮らしの「私」の家での、深々と雪が降る夜の他愛もないがほのぼのとした「雪の夜の話」。...

    価格: ¥ 2,500

    • wisの太宰治01「人間失格」「日の出前」他2編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 8 時間 16 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    【解説】 「人間失格」は、「恥の多い生涯を送って来ました。」という告白で始まる人間を恐れる男の手記。子どもの頃から、人間を恐れる一方で求愛するがために、道化となり人を笑わせる。長じて、女性に好かれる天性があることを悟り、女道楽に耽り心中未遂も起こす。実家から縁を切られた「私」は、編集者の女との同棲、荒れた飲酒などの日々の後、人を疑うことを知らない処女のヨシ子に惹かれて結婚。しかし、彼女が出入りの商人に汚され、「私」は荒れて薬物中毒となり、遂に脳病院に入れられてしまった。人間失格・・・。しかし、それでも、ある女性は彼のことを、「とても素直で気がきいて、神様みたいないい子でした。」と語るのだった。 「日の出前」は、実際にあった殺人事件をもとに書かれた小説で、昭和十七年に「花火」という題名で発表されたが、検閲で全文削除された。戦後に改題して刊行。高名な画家の息子が、非行に走り凶暴化していく。チベットで事業をやるなどと非現実的なことをいい、金や妹の着物、親の作品を持ちだして売り払う、家族を脅し、女中を犯す、無頼の作家や左翼の活動家とつきあう。一家は疲弊しきった。そんなある月夜の晩、泥酔した息子と一緒に、井の頭公園でボートに乗った父親が、一人だけで岸に戻ってきた…。最後の妹の言葉が衝撃的である。 ...

    価格: ¥ 3,000

    • 萌えで読む!「女生徒」

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 北村 幸子
    • 再生時間: 1 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    萌えで読むシリーズ第13弾!毎日は嫌なことだらけ。でも、一番嫌いなのは、からっぽな私…。悲しくて、不安で、無性に泣きたい日もあるけど。きっと明日は来るから、私は頑張って生きていく!悩み多き少女は、今日も精一杯の背伸びをする。萌えで読む!シリーズ-中原中也「山羊の歌」/三宅やす子「買ひものをする女」/芥川龍之介「蜘蛛の糸」/牧野信一「爪」/夢野久作「死後の恋」/豊島与志雄「死ね!」/素木しづ「追憶」/織田作之助「妖婦」/小山内薫「女の膝」/岸田國士「妻の日記+喪服の人形」/海野十三「宇宙女囚第一号」/橋本五郎「自殺を買う話」-朗読 北村幸子/企画/制作 アイデアフラッド合同会社/収録/編集 メディアゲート/デザインえらんと

    価格: ¥ 1,000

    • 富嶽百景

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 杉村 理加
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治による代表作のひとつ。 

    初出は「文化」[1939(昭和14)年]。

    東京での生活に傷ついた「私」が井伏氏の待つ富士山麓へと行くという物語。「私」はあまりにも俗な富士に辟易しながらも、そこでの人々との交流を通して少しづつ心を開いていく。井伏鱒二の勧めで御坂峠の天下茶屋に行ったことや石原美知子と見合いをしたことなど、太宰が1938年に実体験した出来事が素材となった作品。

    価格: ¥ 500

    • 桜桃

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 武川 智美
    • 再生時間: 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 6

    『桜桃』は、1948年(昭和23年)、太宰治の死後発表された晩年の短編小説。「子供より親が大事、と思いたい」・・・夫婦、家族に対する父親のジレンマを描いた作品。 太宰 治(だざい おさむ、青森県生まれ、1909年 - 1948年)。27歳の時、短編集『晩年』でデビューする。代表作として、『走れメロス』『斜陽』『人間失格』などがある。1948年(昭和23年)に入水自殺。

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 武川 智美
    • 再生時間: 22 分
    • 配信日: 2017/06/20
    • 4 out of 5 stars 7件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • 人間失格 6本セット

    • 著者: 太宰 治
    • 再生時間: 5 時間 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 4,000

    • ロマネスク

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 1 時間 13 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    ●「仙術太郎」 太郎は生まれたときからほかの子どもたちとは何かが違っていた。外で遊んだりすることもなく、毎日のように蔵の中に入っては父・惣助の蔵書を手当り次第に読んでいた。そのうちに蔵書の中に“仙術”の本を見つけた太郎は、これを最も熱心に読みふけった。そして蔵の中で一年ほど修行して、鼠と鷲と蛇になる法を体得する。やがて、隣りの油屋の娘に恋をした太郎は、津軽でいちばんのよい男になりたいと願う。そして太郎はおのれの仙術を使って、よい男になるように念じはじめる。十日目、その念願が叶う。しかし太郎は鏡の中を覗いてとても驚いた!? ●「喧嘩次郎兵衛」...

    価格: ¥ 1,200

    • 伊藤綾子朗読「走れメロス」

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 伊藤 綾子
    • 再生時間: 40 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

    太宰治の名著「走れメロス」を、フリー・アナウンサー伊藤綾子が朗読する。

    • 5 out of 5 stars
    • 少し残念

    • 投稿者: ニート・スカイウォーカー 日付: 2018/03/18

    価格: ¥ 1,500

    • wisの太宰治(3)「女生徒」「美少女」他3編

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 40 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    【解説】 太宰治の名作シリーズの第3として、5編を収録。 若い一人称独白小説のスタイル確立の先がけとなった「女生徒」。若い女子学生の感覚、心理、生理を その細かい襞まで描いている。 甲府盆地の猛烈な暑さによる汗疹を治す妻に誘われ、太宰は温浴場に出かけた先で出会った「美少女」。縁遠かった主人公が、小卒で離婚歴のある図案工と結婚し仲睦まじく暮らしていたが、吹き出物がポツっとできたことをきっかけに広がる不安と嫉妬を巧みに描く「皮膚と心」。 大学教授の娘の「私」が、小説家戸田さんの作品を現実のもとと勘違いして押しかけ大恥をかく抱腹絶倒の「恥」。若松屋の女中・トシちゃんは、しったかぶりの文学好きだが、粗相をし馬鹿にされていたが、その粗相の背後に、ある事情があったことが最後にわかる「眉山」。 【朗読】wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • 桜桃

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 大塚 明夫
    • 再生時間: 19 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    6月19日は太宰治の誕生日で、また入水自殺を図った二人(太宰治とその愛人の山崎富栄)の遺体が見つかった日でもあります。太宰を偲び、6月19日は桜桃忌と呼ばれています。太宰の墓は三鷹市の禅林寺にあり、毎年6月19日には桜桃忌が開かれます。他に有名な文学忌としては、河童忌(芥川龍之介の命日7月24日)などあります。 ※本朗読作品中には現代ではふさわしくない表現が含まれていますが、著者が差別助長の意図で使用していないこと考慮し、原作に忠実に再現しています。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 大塚 明夫
    • 再生時間: 19 分
    • 配信日: 2015/06/15
    • 5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 朗読執事~ヴィヨンの妻~

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 近藤 隆
    • 再生時間: 1 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      2 out of 5 stars 1

    人気の声優が名作作品を朗読する話題のiPhoneアプリ「朗読執事」。その朗読がついにオーディオブックになって登場!

    ◆あらすじ◆

    深夜、あわただしく玄関を開ける音を聞いて目を覚ました妻の前には、荒い息をした夫が帰っていた。
    いつになく優しい夫を奇妙に思っていると、続いて玄関から夫を呼ぶ怒声が聞こえ、年配の男女が姿を現す。

    彼らは夫を警察に突き出すと言ってきた。しかし一瞬の争いの末、夫が夜の闇に姿を消す。
    残された妻は、年配の男から、自分の夫が彼らにしてきた事の顛末を聞かされる。
    堕落した夫の始末をつけるべく、妻はいかなる行動をとるのであろうか……。

    価格: ¥ 1,000

    • 人間失格

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 清水 秀光
    • 再生時間: 4 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    主人公である「自分」は人と違う感覚を持っており、それゆえに他人とまともに会話が出来ない。周囲の人々に対する恐怖を道化を演じることでごまかしてきた。それにより、尊敬される、ということなるが、今度は、道化が見破られるのではないかという恐怖を感じるようになる…。そして道化は「或るひとりの全知全能の者に見破られる」という事件が起きる。「人間、失格。もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました」というところまで葉蔵の人生は流れていく…。この作品は主人公である葉蔵の手記という形で構成されています。主人公の語る過去には太宰自身の人生を彷彿とさせるところもあり、『人間失格』は、太宰の自伝的な小説であるとみなされています。太宰治の魂の告白をオーディオブックでお楽しみください! ※本作品は発表時の未熟な時代背景から、今日の社会では一般的でなく、不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品のオリジナル性を最大限に尊重し、なるべく当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。(C)2008青空文庫

    価格: ¥ 2,500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4