カテゴリー

名作文学

検索結果:727件
並べ替え:
    • 赤ひげ診療譚

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 10 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 40
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 35
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 35

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 <あらすじ> 幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長・新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。それは、許嫁の天野ちぐさが登を裏切ってしまい、娘の不貞を恥じた天野源伯の手回しによるものだった。 御番医に任じられる約束を反故にされたこと、長崎で得た最新の医学知識を医長の新出に全て無条件で差し出すことなど、登は全てが不満だった。ささやかな抵抗として登は、養生所の規則やそれを決めた新出に逆らい続けるが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。 「狂女の話」「駆込み訴え」「むじな長屋」などの八遍からなる、患者との葛藤を描いたヒューマンストーリー。 <収録内容> 狂女の話 駈込み訴え むじな長屋 三度目の正直 徒労に賭ける 鶯ばか おくめ殺し 氷の下の芽 <山本周五郎(やまもと・しゅうごろう)> 1903~67年。小説家。山

    • 4 out of 5 stars
    • 若い医師の成長

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/08/05

    価格: ¥ 3,500

    • 星の王子さま

    • 著者: サン=テグジュペリ, 管 啓次郎
    • ナレーター: 梶山 はる香
    • 再生時間: 2 時間 36 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 38
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 32
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 31

    砂漠に不時着した主人公と、彼方の惑星から来た「ちび王子」の物語。人の心をとらえて離さないこの名作は、子供に向けたお伽のように語られてきた。けれど本来サン・テグジュペリの語り口は淡々と、潔い。原文の心を伝えるべく、新たに訳された王子の言葉は、孤独に育った少年そのもの。ちょっと生意気で、それゆえに際立つ純真さが強く深く胸を打つ――。「大切なことって目にはみえない」。感動を、言葉通り、新たにする。

    • 5 out of 5 stars
    • Rikka

    • 投稿者: Ragnarok 日付: 2018/01/31

    価格: ¥ 2,000

    • 人間椅子

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 27
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 23
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 23

    作家である佳子の元に届いたのは一通の奇妙な手紙だった。 それは一人の椅子職人によるものであり、奇妙奇天烈な告白であった。 彼は醜い容貌を持つ椅子職人であり、腕前は一流ではあるものの、人に愛されずに生きてきた。自分が丹精込めて作り上げた椅子を手放したくない、出来ることなら、その椅子と一緒に、どこまでもついて行きたい――そんな単純な願いはいつしか妄想と共に昇華して、己の身体を出来上がった椅子の中に入れ、その椅子の一部となることに行き付いたのであった……

    江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ) 日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。

    • 5 out of 5 stars
    • 鬼気迫る語り口

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/06/14

    価格: ¥ 1,000

    • 夏目漱石「こころ」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 10 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 24
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 20
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 20

    拭い去れない過去の罪悪感を背負ったまま、世間の目から隠れるように暮らす“先生”と“私”との交流を通して、人の「こころ」の奥底を、漱石が鋭い洞察と筆力によって描いた不朽の名作。過去に縛られ、悔やみ、激しい葛藤のなかで身動きのとれなくなった“先生”の人生の様はあなたに何を訴えかけるだろうか。人は弱いものなのか…、シンプルでもありまた不可解でもある人の「こころ」のありようを夏目漱石が問いかける。人はどのように救われるのか?(C)青空文庫

    • 5 out of 5 stars
    • 文体に合った、落ち着いたナレーション

    • 投稿者: 矢崎ひかり 日付: 2018/05/01

    価格: ¥ 3,500

    • 走れメロス

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 大塚 明夫
    • 再生時間: 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 8

    登場舞台となるシラクスは、現在の名前をシラクサといい、実在の地名です。現在では世界遺産にも登録されている観光名所になっています。また、暴君ディオニスも実在の人物です。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    価格: ¥ 1,000

    • アルケミスト

    • 夢を旅した少年
    • 著者: パウロ・コエーリョ, 山川 紘矢, 山川 亜希子
    • ナレーター: 梶山 はる香
    • 再生時間: 6 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 27
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 22
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 22

     羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドへ旅に出た。錬金術師の導きと様々な出会いの中で少年は人生の知恵を学んでゆく。世界中でベストセラーになった夢と勇気の物語。 

    • 1 out of 5 stars
    • 中身スカスカ

    • 投稿者: KF 日付: 2018/10/09

    価格: ¥ 3,000

    • 心理試験

    • 著者: 江戸川 乱歩
    • ナレーター: 楠木 華子, 野口 晃, 宮負 潤
    • 再生時間: 1 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

     貧しい大学生・蕗屋清一郎は、親友の斎藤勇から、彼の下宿先の家主である老婆が部屋代の収入や金貸しで大金を貯め込んでいることを聞いた。 

    • 5 out of 5 stars
    • 面白い

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/08/15

    価格: ¥ 1,000

    • フランツ・カフカ「変身」

    • 著者: Franz Kafka
    • ナレーター: 入江 崇史
    • 再生時間: 3 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 15
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 13
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 13

    ある朝夢から目覚めると、毒虫になっていた。突然虫になってしまった男と、その家族の生活という日常。あまりにも非日常的な出来事には、説明も何もない。ただ、【突然虫になってしまった】事実があるのみである。 「この子は虫じゃない。私達の家族だもの。」 そんなこと、現実では有り得ない。目の前に居るのは、どう見ても毒虫である。ただ、それだけ。家族を養えず、母親を気絶させ、下宿人を追い出そうとする、そんな虫が、家族である訳がない――。20世紀を代表する不条理小説として、現代でも必読書に挙げられることの多いカフカの「変身」。本作では実力派の朗読家が、非日常の日常を、淡々と冷ややかに読み上げる。人間のエゴや弱さを鋭く突く、問題作。

    • 5 out of 5 stars
    • 良かったです

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/04/10

    価格: ¥ 2,500

    • 春琴抄

    • 著者: 谷崎 潤一郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 2 時間 59 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 8

    春琴は大阪道修町の薬種商を営む富裕な家の次女として文政12年5月24日に生まれた。容姿端麗な春琴は4歳の頃から舞を習い、その姿は優艶で舞妓も及ばぬほどであった。また、早くから読み書きの道を学び、上達が早く二人の兄を凌駕した。
    しかし、春琴が9歳の時、両眼の明を失い、これを機に舞技を断念し、専ら三味線の稽古に励んだ。 春琴は琴の師匠である春松検校の家へ丁稚に手をひかれて稽古に通った。 その丁稚の名は佐助といい、春琴より4つ歳上で13歳の時に始めて奉公に上った。 春琴に忠実である佐助は春琴の稽古の付き添いをするうちに、彼女の好むものを好むようになり、密かに三味線を購入した。
    そして寝静まった頃、誰にも気が付かれないように押入れで練習するが、やがて発覚する。 一番番頭に呼びつけられ大眼玉をくらったが、春琴が「聴いてみたい」と言ったことで皆の前で披露することとなった。 短時間の独学にしてはかんどころも確かで、節回しも出来きていて皆は感心した。それから、春琴は佐助に稽古をすることとなり、春琴と佐助は主従の上にさらに師弟関係となった。春琴の稽古は厳しく、撥をもって頭を殴り佐助がシクシク泣き出すことも珍しくなかった。 春琴の稽古時の粗暴な振舞を案じた春琴の両親は佐助を春松検校の門に入れさせ、春琴が直接教授することを封じてしまったのである。...

    • 著者: 谷崎 潤一郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 2 時間 59 分
    • 配信日: 2017/03/13
    • 4.5 out of 5 stars 9件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,000

    • 人間失格

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 福士 秀樹
    • 再生時間: 3 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 18
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 16
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 16

    他人を、自分を、欺き、道化となり生きてきた男は、しかし・・・ 数多い作品の中で、太宰治が自らのために書いたといわれている本著は、内面的真実の精神的自叙伝とも評されている。昔読んだ方も、ぜひ、もう一度。

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 福士 秀樹
    • 再生時間: 3 時間 48 分
    • 配信日: 2015/09/10
    • 4.5 out of 5 stars 18件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,500

    • 注文の多い料理店

    • 著者: 宮澤 賢治
    • ナレーター: 上泉 雄一
    • 再生時間: 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 18
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 13
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 13

    『注文の多い料理店』は、1924年(大正13年)9作品を収めた短編集『注文の多い料理店』の表題作。二人の青年紳士が猟に出て路に迷い、入ったレストランで経営者から逆にとんでもない注文されてしまう話で、都会文明に対する賢治の痛烈な批評精神をあらわした作品。 宮沢 賢治(みやざわ けんじ、岩手県生まれ、1896年 - 1933年)。童話作家、詩人。郷土をこよなく愛し、作品中にも岩手をモチーフにした架空の理想郷が登場する。『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』といった童話作品が知られている。

    • 5 out of 5 stars
    • おもしろかった。

    • 投稿者: 燕の尾 日付: 2018/03/02

    価格: ¥ 500

    • 夏目漱石「三四郎」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 9 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

    「我はわが愆を知る。わが罪は常にわが前にあり」 美禰子 『三四郎』は明治42年(1909年)に発表された夏目漱石の長編小説であり、続いて書かれた『それから』、『門』とあわせて前期三部作と呼ばれる作品である。 大学進学のために熊本から上京した三四郎は、見る物聞く物すべてが目新しい世界に戸惑いながら、故郷、学問、恋愛、というそれぞれの「世界」に、身を置いていることに気が付く。自由気侭な都会の女性 里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれて恋慕する三四郎だが、曖昧な態度をとる彼女に翻弄され続けるが……。 誰もが経験する不安や戸惑いを、三四郎が自分の進むべき道を模索し始める過程の中に描く。恋愛を中心に、人間の孤独や本質を追求した青春文学の傑作を、落ち着いた朗読で収録。

    • 5 out of 5 stars
    • 感動しました

    • 投稿者: エミ 日付: 2018/07/26

    価格: ¥ 3,500

    • 高見侑里朗読「銀河鉄道の夜」

    • 著者: 宮沢 賢治
    • ナレーター: 高見 侑里
    • 再生時間: 2 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 10
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 9

    宮沢賢治の童話作品「銀河鉄道の夜」を、フリー・アナウンサー高見侑里が朗読する。

    • 5 out of 5 stars
    • 素晴らしいナレーションとBGM

    • 投稿者: ニート・スカイウォーカー 日付: 2018/03/26

    価格: ¥ 2,000

    • 赤毛のアン

    • 著者: モンゴメリ, 松田 伸子
    • ナレーター: 黒川 なつみ, 山下 啓介, 小宮 和枝
    • 再生時間: 1 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 27
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 24
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 24

    『赤毛のアン』にとって2008年は記念すべき年です。それはこの物語が刊行されてちょうど100年の節目を迎えるからです。カナダが生んだ最も著名な女流作家モンゴメリは、自然豊かなプリンス・エドワード島を舞台に、一人の赤毛の少女を登場させました。想像力溢れるアンは数々の失敗を繰り返しつつ、周囲の人々との絆を深め、そして愛されながら、輝くように成長して行きます。そのアンの姿は100年の間、少女のみならず、世界中を魅了してきました。このオーディオ・ドラマ『赤毛のアン』はドラマ仕立て。思わずあなたをプリンス・エドワード島に引き込む、魅力の配役でお送りします。さぁ、あなたもプリンス・エドワード島にようこそ!

    • 5 out of 5 stars
    • ドラマ形式良いですね

    • 投稿者: Lt.Hiro 日付: 2018/02/03

    価格: ¥ 1,400

    • 夏目漱石「坊ちゃん」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 中島 定吉
    • 再生時間: 5 時間 32 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 12
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 11

    子供のころから無鉄砲な坊っちゃんが四国の旧制中学校に数学の教師として赴任します。着任早々、校長には狸、教頭には赤シャツ、画学の教師には野だいこ、英語の教師にはうらなり、数学の主任教師には山嵐と勝手にあだ名をつけ大騒動を繰り広げます。 曲がったことが大嫌いな『坊ちゃん』の痛快な物語をオーディオブックでお楽しみください。また違った味わいがあります。(C)青空文庫

    価格: ¥ 3,000

    • それから

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 10 時間 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 12
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 11

    明治後期の東京を舞台に、高等遊民・代助の煩悶を描く
    日本文学最高峰の純愛小説

    <あらすじ>
    長井代助は一軒家を構えて書生の門野を置き、父親の援助で高等遊民として、悠々自適の日々を送っていた。生家が事業で財を成したことに甘えて、代助は卒業後も職に就こうとせず、世間とは距離を置いて暮らしていた。そうした態度を父の得に咎められ、佐川という財閥の令嬢との結婚を勧められるが、代助にはその気がなく、生活態度も一向に改めようとはしない。そして、代助を「代さん」と呼んで憎からず思う兄嫁・梅子の愛情に甘えていた。

    一方、代助の同窓生で親友の平岡は、大学を卒業してから銀行に就職し、上方の支店勤務となる。そんなとき、代助の同窓生で平岡と共通の知人だった菅沼が、大学卒業を目前にしてチフスにかかって亡くなり、後には北海道で困窮する父親と妹の三千代だけが残された。三千代を深く愛しながらも、拠る術のない三千代の前途を心配した代助は、銀行勤めの平岡との仲を取り持って、二人を夫婦にしたのだった。だが、三千代は子供の死をきっかけに体調を崩し、歩くこともままならないほどの身体になってしまう。

    その後、部下による公金の使い込みに端を発して、平岡は辞職を余儀なくされてしまう。困り果てた平岡は、三千代と共に上京し、代助に就職の斡旋を頼む。三千代の前途を思って自

    価格: ¥ 3,500

    • 恩讐の彼方に 後編

    • 著者: 菊池 寛
    • ナレーター: 横内 正
    • 再生時間: 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 4

    主殺しの大罪の上に悪事の限りを尽くし、その贖罪の旅に出た市九郎。いよいよ難所の鎖渡しの絶壁に隧道を穿つ、という大誓願を実行に移します。決して挫けることのない市九郎の努力は実を結ぶのか…。敵討ちの登場シーンなど横内正の語りの真骨頂をお聴き下さい。(C)2007 TOKYO FM & Appleway

    価格: ¥ 1,000

    • 文字禍

    • 著者: 中島 敦
    • ナレーター: 矢島 正明
    • 再生時間: 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 5

    古代アッシリアの図書館で毎晩怪しい声がする。大王に召された老学者ナブ・アヘ・エリバはこの「文字の精霊」についての研究をすることになるが・・・朗読矢島正明で送ります。

    • 著者: 中島 敦
    • ナレーター: 矢島 正明
    • 再生時間: 25 分
    • 配信日: 2018/07/03
    • 5 out of 5 stars 5件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 700

    • 高野聖

    • 著者: 泉 鏡花
    • ナレーター: 根本 泰彦, 川本 克彦, 吉川 亜紀子
    • 再生時間: 57 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 5

    「高野聖」の作家、泉鏡花は明治後期から昭和中期まで活躍した、非常に個性的な非現実的な世界を描いた作品を発表した作家として知られている。「高野聖」も、一人の青年が宿で一緒になった老僧から聞いた修行時代に経験した世にも不思議な物語-彼が飛騨の山越えをした時、大蛇が何匹も横たわったり、蛭が襲って来る林を命からがら抜け出した時、一軒の山家で豊満な身体を持つ美女に誘惑されかかると云う物語で、鏡花の代表作の一つ。

    価格: ¥ 1,200

    • やまなし

    • 著者: 宮沢 賢治
    • ナレーター: 斉藤 壮馬
    • 再生時間: 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 5

    宮沢賢治の短編童話。 一、五月 二疋ひきの蟹かにの子供らが青じろい水の底で話していました。 『クラムボンはわらったよ。』 『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』 『クラムボンは跳はねてわらったよ。』 『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』 上の方や横の方は、青くくらく鋼はがねのように見えます。そのなめらかな天井てんじょうを、つぶつぶ暗い泡あわが流れて行きます――

    価格: ¥ 500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 37