カテゴリー

名作文学

検索結果:753件
並べ替え:
    • アルケミスト

    • 夢を旅した少年
    • 著者: パウロ・コエーリョ, 山川 紘矢, 山川 亜希子
    • ナレーター: 梶山 はる香
    • 再生時間: 6 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 72
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 61
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 61

     羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドへ旅に出た。錬金術師の導きと様々な出会いの中で少年は人生の知恵を学んでゆく。世界中でベストセラーになった夢と勇気の物語。 

    • 5 out of 5 stars
    • 何度も聞きたい。

    • 投稿者: パセリ 日付: 2018/12/19

    価格: ¥ 3,000

    • チベット旅行記

    • 著者: 河口 慧海
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 32 時間 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 28
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 25
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 25

    明治時代、「仏教原典」を求めて、鎖国のチベットに数々の困難を乗り越えながら単独入国を果たした僧侶の旅行記。

    住職を辞め、旅の資金を貯めた後、まわりに惜しまれ呆れられながらも仏教原典を求める姿や、巡礼乞食をしながらチベットを目指し、氷がある河を泳ぎ、ヒマラヤを超えるなど、クレイジーな河口慧海師の魅力と出会える作品です。 

    チベットの生活や習慣などが浮かび上がってくる活き活きとした朗読でお楽しみください。

    • 5 out of 5 stars
    • 明治の日本人は凄いの一言

    • 投稿者: jukan 日付: 2018/12/08

    価格: ¥ 5,100

    • いちばん長い夜に

    • 芭子&綾香3
    • 著者: 乃南 アサ
    • ナレーター: 大森 ゆき
    • 再生時間: 10 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 11
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 11

    佐々本家にかかってきた謎の電話。それは次女・夕里子を恋人にする、という不気味な宣言だった。

    価格: ¥ 3,500

    • 夏目漱石「こころ」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 10 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 30
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 25
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 25

    拭い去れない過去の罪悪感を背負ったまま、世間の目から隠れるように暮らす“先生”と“私”との交流を通して、人の「こころ」の奥底を、漱石が鋭い洞察と筆力によって描いた不朽の名作。過去に縛られ、悔やみ、激しい葛藤のなかで身動きのとれなくなった“先生”の人生の様はあなたに何を訴えかけるだろうか。人は弱いものなのか…、シンプルでもありまた不可解でもある人の「こころ」のありようを夏目漱石が問いかける。人はどのように救われるのか?(C)青空文庫

    • 5 out of 5 stars
    • 文体に合った、落ち着いたナレーション

    • 投稿者: 矢崎ひかり 日付: 2018/05/01

    価格: ¥ 3,500

    • 中島敦 「山月記」

    • 著者: 中島 敦
    • ナレーター: 蘇武 ケンジ
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 7

    中島敦の短編小説。唐の時代に書かれた「人虎」として知られる中国の変身譚を元にしている。教材としても人気があり、高等学校の現代文の教科書に多く掲載されている。李徴は博学才穎で、若くして名を馳せ役人となったが、自尊心が強く官職に満足できなかった。官職を辞し詩作に耽るも、上手くいかずに挫折する。その後、生活のために地方官となるも、屈辱的な日々に自尊心はひどく傷つき、ついに発狂して姿を消してしまった。翌年、李徴の友人である袁参が、人喰虎が出るという道を危険を顧みずに進んでいると、一匹の猛虎が躍り出た。虎は、かつての友人李徴であった。李徴は袁参に語る。なぜ自分は虎になったのか。人との交わりを避け、詩家を目指すも切磋琢磨を怠った。それは臆病な自尊心と、尊大な羞恥心の所為であった。この羞恥心が心のうちに潜む虎であり、家族や友人を傷つけた。そうしてついに、本当の虎になってしまったのだ。誰しもが心中には猛獣を飼っている。それが自分や人を傷つける。李徴の場合はそれが虎であった。

    価格: ¥ 500

    • 星の王子さま

    • 著者: サン=テグジュペリ, 管 啓次郎
    • ナレーター: 梶山 はる香
    • 再生時間: 2 時間 36 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 46
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 37
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 36

    砂漠に不時着した主人公と、彼方の惑星から来た「ちび王子」の物語。人の心をとらえて離さないこの名作は、子供に向けたお伽のように語られてきた。けれど本来サン・テグジュペリの語り口は淡々と、潔い。原文の心を伝えるべく、新たに訳された王子の言葉は、孤独に育った少年そのもの。ちょっと生意気で、それゆえに際立つ純真さが強く深く胸を打つ――。「大切なことって目にはみえない」。感動を、言葉通り、新たにする。

    • 5 out of 5 stars
    • Rikka

    • 投稿者: Ragnarok 日付: 2018/01/31

    価格: ¥ 2,000

    • 吾輩は猫である

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 渡辺 知明
    • 再生時間: 19 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 12
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 9

    一匹の猫の目を通して人間社会を風刺的に描き、世代を超えて読み継がれている名作。
    『吾輩は猫である』は明治38年(1905年)に発表された夏目漱石による最初の長編小説であり、「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」の書き出しであまりに有名な作品である。
    “先生""の家に住みついた猫“吾輩""の視点から観察される苦沙弥先生ら滑稽な人間たちの様子は、朗読でこそ、また新たな楽しみを見つけられる。
    吾輩がまるで語り手として実在するかのように臨場感溢れる朗読で、私たち人間の滑稽さと、日本一有名な猫の一生の物語をどうぞお楽しみください。

    • 5 out of 5 stars
    • やはり、名作

    • 投稿者: Amazonのお客様 日付: 2018/07/23

    価格: ¥ 4,500

    • 芥川龍之介全集 一

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: パンローリング
    • 再生時間: 10 時間 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    日本の文学史でも、指折りの短編小説の名手である芥川龍之介。多くの傑作を残し、その作品は平易な文体ながらも、その秀逸な言葉選びや、深くまで切り込んだ心理描写の生々しさも相俟って、読み手を瞬く間に作品世界に引き込みます。

    「羅生門」
    ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨が止むのを待っていた。彼は四五日前に主人に暇を出されていた。雨が止んだところで、彼に行き先は無かったのである。羅生門の楼の内には、噂に聞いた通り、幾つかの死骸が無造作に棄てられていたが、その中に蹲っている人間を見た。檜皮色の着物を着た、背の低い、痩やせた、白髪頭の、猿のような老婆であった。その老婆は、女性の死骸の首に両手をかけると、丁度、猿の親が猿の子の虱をとるように、その長い髪の毛を一本ずつ抜きはじめた。その様を見た下人は、悪を憎む心に駆られ、太刀に手をかけながら、大股に老婆の前へ歩みよった。老婆は、一目下人を見ると、まるで弩にでも弾かれたように、飛び上った。下人は、老婆が死骸につまずきながら、慌てふためいて逃げようとする行手を塞いで、こう罵った。
    「おのれ、どこへ行く」……

    「魔術」
    私が友人を介して交際していたインド人のマティラム・ミスラは魔術の大家でもあったが、実際に彼が魔術を使ったところを見たことの無かった私は、約束を取り

    価格: ¥ 3,500

    • 夏目漱石「三四郎」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 9 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 14
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 12
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 12

    「我はわが愆を知る。わが罪は常にわが前にあり」 美禰子 『三四郎』は明治42年(1909年)に発表された夏目漱石の長編小説であり、続いて書かれた『それから』、『門』とあわせて前期三部作と呼ばれる作品である。 大学進学のために熊本から上京した三四郎は、見る物聞く物すべてが目新しい世界に戸惑いながら、故郷、学問、恋愛、というそれぞれの「世界」に、身を置いていることに気が付く。自由気侭な都会の女性 里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれて恋慕する三四郎だが、曖昧な態度をとる彼女に翻弄され続けるが……。 誰もが経験する不安や戸惑いを、三四郎が自分の進むべき道を模索し始める過程の中に描く。恋愛を中心に、人間の孤独や本質を追求した青春文学の傑作を、落ち着いた朗読で収録。

    • 5 out of 5 stars
    • 感動しました

    • 投稿者: エミ 日付: 2018/07/26

    価格: ¥ 3,500

    • 著者: フランツ カフカ
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 20 時間 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    フランツ・カフカの未完の長編作品。

    ある城に雇われた主人公、測量士K。
    雇われたはずなのに、雪道やら役所の複雑な組織に阻まれ城の門は開く様子はない。 城に行くことを待つ間、寒村に滞在するがその村にある奇妙な習慣になじむことがでない。 小さな世界で従うべき慣習は「法律」であり、城に入れないとは疎外された人間・・・
    1920年台の作品ですが今を生きるわたしたちにも通底する要素や カフカの鋭くも奇妙で味わい深い作品を朗読でお楽しみください。 

    • 5 out of 5 stars
    • 名作文学の種類

    • 投稿者: くま 日付: 2019/02/06
    • 著者: フランツ カフカ
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 20 時間 38 分
    • 配信日: 2018/08/26
    • 5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 4,600

    • 雪国

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 9

    ”国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。” とはじまってゆき、”「この子、気がちがうわ。気がちがうわ。」・・・・” と、終わってゆく。 雪にはじまり、炎におわる、薫りたつような一編。 うつろいゆく愛を描いた、すみずみまで美しくエロティックなこのノーベル文学賞受賞作を、俳優であり、また「『木を植えた人』を聴くプロジェクト」等で知られる朗読家である 榊原忠美が、じっくりとよみあげました。 「伊豆の踊り子」、「奥の細道」に続く、演出家・水城雄とのコラボレーション作品です。時間をかけ満を持してお届けする会心の作品です。 ”・・・踏みこたえて目を上げた途端、さあと音を立てて天の河が島村のなかへ流れ落ちるようであった。” ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 配信日: 2015/06/12
    • 5 out of 5 stars 9件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,700

    • 花匂う

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    <内容紹介…

    価格: ¥ 1,000

    • 掌の小説 全122編収録

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 14 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

    【スキマ時間にも味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編です。 【監督】吉田純子【...

    価格: ¥ 4,000

    • 吾輩は猫である

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 田中 尋三
    • 再生時間: 21 時間 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 8

    約100年前の作品が今なお日本人の心をとらえて放しません。 露戦争前後の風俗を背景に、高校の英語教師宅に飼われる名無しの猫の視点で描き出される人間喜劇と、痛烈な社会批判。飼い主の教師・苦沙弥先生、友人の美学者・迷亭、物理学者・寒月、その他続々登場する人々もこぞって秀逸で、現代人も抱腹絶倒間違いなし! 朗読の田中尋三は、多数のキャラクターを演じ分けて名作を生き生きと現代に蘇らせます。 総時間21時間の超大作です。ゆっくりゆっくりお聞きください。 (C)アイ文庫 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 4,500

    • 明暗

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 19 時間 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    明治期の文学者、夏目漱石の未完の長編小説。 初出は「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1916(大正5)年]。漱石の死によって中断した。わずか十日ほどの時間の出来事を書いて、未完でありながら漱石最大の長編となった。主人公津田を中心に、わずかな期間におけるごく狭く平凡な生活の中に多くの登場人物を配置し、これまで漱石が主題としてきた社会、家族、愛、金銭、我執、孤独などを構造的に取り込んだ漱石文学の集大成。 

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 19 時間 37 分
    • 配信日: 2018/08/26
    • 4 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 4,600

    • ドグラ・マグラ

    • 著者: 夢野久作
    • ナレーター: 小林 直人
    • 再生時間: 21 時間 20 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 7

     「日本三大奇書」のひとつといわれる夢野 久作のドグラ・マグラ。
    精神病棟を舞台に記憶を失った青年の混乱した世界を夢野独自の文体で話が展開されていきます。
    文体がクセになる(かもしれない)作品をオーディブルでお楽しみください。 

    • 5 out of 5 stars
    • 改めて、聴いてみるとなかなか面白い

    • 投稿者: シミ 日付: 2018/09/04

    価格: ¥ 4,600

    • フランツ・カフカ「変身」

    • 著者: Franz Kafka
    • ナレーター: 入江 崇史
    • 再生時間: 3 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 16
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 14
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 14

    ある朝夢から目覚めると、毒虫になっていた。突然虫になってしまった男と、その家族の生活という日常。あまりにも非日常的な出来事には、説明も何もない。ただ、【突然虫になってしまった】事実があるのみである。 「この子は虫じゃない。私達の家族だもの。」 そんなこと、現実では有り得ない。目の前に居るのは、どう見ても毒虫である。ただ、それだけ。家族を養えず、母親を気絶させ、下宿人を追い出そうとする、そんな虫が、家族である訳がない――。20世紀を代表する不条理小説として、現代でも必読書に挙げられることの多いカフカの「変身」。本作では実力派の朗読家が、非日常の日常を、淡々と冷ややかに読み上げる。人間のエゴや弱さを鋭く突く、問題作。

    • 5 out of 5 stars
    • 良かったです

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/04/10

    価格: ¥ 2,500

    • 草枕

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 渡部 龍朗
    • 再生時間: 6 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    「山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。……」あまりにも有名な一節で始まる、漱石のロマンティシズムの極致を示す名篇。カナダの名ピアニスト、グレン・グールドも愛読していたという漱石の「草枕」 画家の“非人情”紀行は変人美女の登場でどんな展開を見せるのか?漱石ならではのユーモアと芸術論を交えた、じわりと面白くなる奥深い名作を、渡部龍朗が全編朗読! (C)アイ文庫 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 5 out of 5 stars
    • ゆったりと幽玄的な

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/06/06
    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 渡部 龍朗
    • 再生時間: 6 時間 22 分
    • 配信日: 2015/06/16
    • 4.5 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

    • 高見侑里朗読「銀河鉄道の夜」

    • 著者: 宮沢 賢治
    • ナレーター: 高見 侑里
    • 再生時間: 2 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 15
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 13
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 12

    宮沢賢治の童話作品「銀河鉄道の夜」を、フリー・アナウンサー高見侑里が朗読する。

    • 5 out of 5 stars
    • 素晴らしいナレーションとBGM

    • 投稿者: ニート・スカイウォーカー 日付: 2018/03/26

    価格: ¥ 2,000

    • 遠野物語

    • 著者: 柳田 国男
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 2 時間 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 6

    かつての岩手県遠野は、山にかこまれた隔絶の小天地で、民間伝承の宝庫だった。柳田国男は、遠野郷に古くより伝えられる習俗や伝説、怪異譚を丹念にまとめた。その幅広い調査は自然誌、生活誌でもあり、失われた昔の生活ぶりを今に伝える貴重な記録である。日本民俗学を開眼させることになった「遠野物語」は、独特の文体で記録され、優れた文学作品ともなっている。「物深き所にはまた無数の山神山人の伝説あるべし。 願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。」 民俗学者・柳田國男のあまりにも有名な表題作品を原文忠実に読み上げました。口伝の民間伝承をまとめた本作だけに、味わい深くも楽しんで聞けるオーディオブック。朗読者は映画・舞台で活躍中のベテラン俳優・根本泰彦氏。

    価格: ¥ 2,000

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 38