カテゴリー

地理・旅行

検索結果:147件
並べ替え:
    • チベット旅行記

    • 著者: 河口 慧海
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 32 時間 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 38
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 34
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 34

    明治時代、「仏教原典」を求めて、鎖国のチベットに数々の困難を乗り越えながら単独入国を果たした僧侶の旅行記。

    住職を辞め、旅の資金を貯めた後、まわりに惜しまれ呆れられながらも仏教原典を求める姿や、巡礼乞食をしながらチベットを目指し、氷がある河を泳ぎ、ヒマラヤを超えるなど、クレイジーな河口慧海師の魅力と出会える作品です。 

    チベットの生活や習慣などが浮かび上がってくる活き活きとした朗読でお楽しみください。

    • 5 out of 5 stars
    • 明治の日本人は凄いの一言

    • 投稿者: jukan 日付: 2018/12/08

    価格: ¥ 5,100

    • 神々の指紋 下

    • 著者: グラハム・ハンコック, 大地 舜
    • ナレーター: 広瀬 竜一
    • 再生時間: 10 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 8

     二〇〇トンもの岩を軽々と持ち上げて組み上げ、ピラミッドのような巨大な建造物を驚くほど正確に、天文学的に配置したのは誰か。 

    価格: ¥ 3,500

    • アジア「罰当たり」旅行

    • 著者: 丸山ゴンザレス
    • ナレーター: 寿盛俊
    • 再生時間: 4 時間 59 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 7

    日本人旅行者はなめられている。歓楽街に行けば外国人料金の中でも最も高い金額を要求され、ピックアップバス乗り場では、「おとなしい日本人」という理由で後回しにされる。強盗は日本人は金持ちだと真っ先に狙うし、白人バックパッカーは主体性がなくて英語べたなイエローモンキーとはき捨てる。 俺には、それがたえられん。己の欲望のまま旅を楽しむ肉体派ライターの過激で笑える本能の旅行記。今こそ立ち上がれ、日本人バックパッカー!※本商品は『アジア「罰当たり」旅行』(彩図社刊 丸山ゴンザレス著ISBN:978-4-88392-483-7 1,260円(税込))をオーディオ化したものです。(C)2005. Gonzaresu Maruyama

    価格: ¥ 2,500

    • 神々の指紋 上

    • 著者: グラハム・ハンコック, 大地 舜
    • ナレーター: 広瀬 竜一
    • 再生時間: 12 時間 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 19
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 17
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 17

     一五一三年に描かれたという奇妙な地図。 

    価格: ¥ 3,500

    • 海外ブラックロード 最狂バックパッカー版

    • 著者: 嵐よういち
    • ナレーター: 山神敏史
    • 再生時間: 4 時間 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 4

    強盗に遭ったらどうするか、世界各地の夜遊び事情、各国を代表する「マズい」物、当たりのタクシーとはずれのいタクシーの見極め方… 普通の旅行ガイドなどには絶対に載っていない「ここでしか聞けない」裏事情が満載。これは、ただのエピソードでは終わらない、身の安全を守るための「裏」旅行ガイドなのである。旅行をする際、絶対に安全な国など存在しない。どこの国にも必ず危険や裏の世界がある。そんな海外へ旅行に行く前、現地へ向かう航空機の中で、または現地での移動の最中に、絶対に聴いておきたい、まったく新しい形のガイドブックである。※本商品は「海外ブラックロード 最狂バックパッカー版」 (彩図社刊 嵐よういち著 ISBN:978-4-88392-444-0 1,200円(税込))をオーディオ化したものです。

    価格: ¥ 2,500

    • どくとるマンボウ航海記 オーディオブック版全話セット

    • 著者: 北 杜夫
    • ナレーター: 相原 麻理衣
    • 再生時間: 7 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 3

    新潮文庫刊 北杜夫:著 『どくとるマンボウ航海記』(ISBN 4101131031)より表題作「どくとるマンボウ航海記」をオーディオブック化しました。 昭和30年代前半、水産庁の漁業調査船に船医として乗り込んだ若き精神科医・マンボウ先生の、世界漫遊5ヶ月間の珍道中。航海中の生活、アジア、アフリカ、ヨーロッパの寄港地で出くわす事件や珍事、人々との珍妙なやりとり。思わずふきだすエピソードや、豊かな教養に裏打ちされた卓抜な文明批評が、マンボウ先生独特の変な造語やユーモアたっぷりの文章で、縦横無尽に描き出されます。 青春のパワーと好奇心、型破りで自由な精神が横溢する抱腹絶倒旅行記の傑作!(C)新潮社(C)ことのは出版   「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 4,500

    • 海外ブラックロード 危険度倍増版

    • 著者: 嵐よういち
    • ナレーター: 寿盛俊
    • 再生時間: 5 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    これから個人旅行に行く人に警告したい。あまり知られてはいないが、行方不明になったり、殺されたりする人がかなり多いのだ。ネパールのカトマンズにある日本食レストランには、ミッシングの貼り紙が多い。その貼り紙に載っている人の父親とかが「この男を見ませんでしたか?」と尋ねてくる。俺の知り合いのイトコは4年前にインドのニューデリーで殺された。ボンベイのぼったくりタクシー、ブダペストのネオナチ、差別の国コスタリカ、モンバサの追い剥ぎなど、聞いただけでもゾッとするブラックロードの危険体験が満載。※本商品は「海外ブラックロード 危険度倍増版」(彩図社刊 香取貴信著ISBN:978-4-88392-480-6 580円(税込))をオーディオ化したものです。(C)2005. Youichi Arashi

    価格: ¥ 2,500

    • アジア「裏」旅行

    • 著者: 平間康人
    • ナレーター: 寿盛俊
    • 再生時間: 4 時間 52 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    「明るい、近い、安い、楽しい」というイメージのアジア。しかしそれはアジアの素顔ではない。観光客に見せる「営業用」の顔なのである。「気軽に行けるから」とアジア旅行をあなどってはいけない。旅行中のトラブルの件数は圧倒的にアジアが多いのである。観光客から金を騙し取ろうとする宿のオヤジ、ぼったくることしか考えていないタクシー、性格のひん曲がったインド人、信用できない悪徳警官、ばったもののドラッグ売人、いたるところに「アジアの洗礼」は待ちかまえている。※本商品は『アジア「裏」旅行』(彩図社刊 平間康人著ISBN:978-4-88392-367-0 1,260円(税込))をオーディオ化したものです。(C)2003. Yasuto Hirama

    価格: ¥ 2,500

    • 神々の魔術 (上)

    • 失われた古代文明の叡智
    • 著者: グラハム・ハンコック, 大地 舜
    • ナレーター: 坂巻 学
    • 再生時間: 9 時間 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 7

     1995年にトルコで発見されたギョベックリ・テぺの遺跡は炭素年代法分析で紀元前9600年のものであることがわかった。世界最古といわれるメソポタミア文明より7000年も古い。これは何を意味するのか? 

    価格: ¥ 3,500

    • 「人にネグラあり」だから男は旅に出る

    • 著者: 三浦 朱門
    • ナレーター: 福士 秀樹
    • 再生時間: 5 時間 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    驚き・冷や汗・大笑い、ある時は妻を忘れて走り出し…。人生も旅も、何事が起きるかわからない。著者が明かす、ロマンとスリルにあふれた旅行実録。

    価格: ¥ 3,000

    • ビジネスパーソンのための最強のホテル(週刊東洋経済eビジネス新書No.059)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 1 時間 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 6

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     朝食の「エッグベネディクト」で人気の浅草・ザ・ゲートホテル雷門、東京駅に近い立地と和テイストが受け高稼働を続けるホテル龍名館――。今、全国各地でこうしたホテルが少しずつ増えている。安かろう、悪かろうだったビジネスホテルが、ワンランク上の居心地やサービスを提供するようになった。  宿泊予約もネット中心の時代となり、ホテル経営の成否は口コミが左右する。大手チェーンでないホテルであっても、客観的な口コミ評価が発信され、集客につながっている。  特集では、こうしたホテル業界の地殻変動を詳細にリポート。旅行ジャーナリストなどプロが選んだ、全国13エリア別のベストホテルランキングも掲載!  本誌は『週刊東洋経済』2014年3月22日号第1特集の35ページ分を抜粋して電子化したもので、お求めになりやすい価格となっています。

    価格: ¥ 1,000

    • 世界恐怖旅行

    • 著者: 大井優子
    • ナレーター: 神保朋子
    • 再生時間: 4 時間 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    問答無用の危ない旅行 アドレナリンがとまらない! イルクーツクの寂しい中華レストラン。 私のテーブルにワインを届けて、ボーイは言った。 「あちらの紳士がご一緒したいそうですが」 そして、その夜、私は震え上がるような恐ろしい目にあった… 約40ヶ国を股にかけ「気になったら命懸け」の覚悟で、 あらゆるボッタクリや怪しい誘いについていく…。 どこまでも危なく、果てしなく愉快な旅行記。※本商品は「世界恐怖旅行」(彩図社刊 大井優子著 ISBN:978-4-88392-551-3 1,260円(税込))をオーディオ化したものです。

    価格: ¥ 2,500

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之四拾弐 宮崎・椎葉 「ヤル気」満々 平家の落人

    • 宮崎の秘境・椎葉村 那須与一の弟と合流した平家の落人達は、再起を図る意欲満々!!
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 30 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    宮崎県西部、険しい山の谷あいにある秘境・椎葉村。伝承によれば、壇ノ浦で敗れた平家が落ち延び隠れ住んだが、源頼朝の命で那須与一の弟・大八郎が追討にやって来る。が、狩猟や焼畑など、山の暮らしで精一杯で、戦闘意欲を捨てた落人達を見て、便宜を図り、ともに暮らしたという。大八郎は、落人達のために、平家繁栄のシンボル・厳島神社を勧請さえした。さらに、平家の女官である鶴富姫と結ばれ、一子設けたという。大八郎はやがて頼朝の召還命令により椎葉を去るが、鶴富姫は娘に婿を取り那須姓を継がせ、その子孫が代々椎葉の庄屋を継いだ。その那須家の江戸時代の邸が今も椎葉に残っており、「鶴富屋敷」と呼ばれている。しかし、この鶴富屋敷や、椎葉村北部の十根川集落は、斜面に石垣を築いて屋敷を構えており、まるで山城に見え、十分に戦闘意欲を感じさせる。十根川には、大八郎御手植えと伝わる樹齢八百年の杉が聳える十根川神社があるが、これは彼らが再起を図ることを誓った記念碑のようにも見える。神仏習合色を残した神楽や、呪術性の強い正月行事、猪のお供えなど、山深い地ゆえの独特の文化が見られ、柳田國男も「後狩詞記」を著し「日本民俗学発祥の地」と言われる椎葉。その源泉たる「落人のエネルギー」を探る。

    価格: ¥ 1,000

    • 第二十一話アンダルシア嬉遊曲:ぼくの旅の手帖〜または珈琲のある風景

    • 著者: 森本 哲郎
    • ナレーター: 小野田 英一
    • 再生時間: 不明
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    本書は、1950年代から60年代にかけて、新聞記者として世界各地を巡った著者の"旅のエッセイ"集です。それは……ドイツが西と東に分かれていたころ。ベトナムのハノイに米軍の爆撃機が来襲していたころ。アメリカが、まだ人種差別を克服できずにいたころ。ソビエト連邦という「東」の大国があったころ……。旅人の目に映った、そんな時代の世界の素顔が25編のエッセイに綴られています。遺跡の町アテネの広場で、キリマンジャロのふもとのロッジで、サハラ砂漠の満天の星の下で、夕月が見下ろすカサブランカの市場で、ヒマラヤを望むネパールの丘で、コーヒーの香りとともに刻まれる旅の記憶、いくつもの出会い。珠玉のエッセイを、小野田英一さんの朗読でお楽しみください。(c)株式会社AIR

    価格: ¥ 500

    • 第十六話ヒマラヤの曙光:ぼくの旅の手帖〜または珈琲のある風景

    • 著者: 森本 哲郎
    • ナレーター: 小野田 英一
    • 再生時間: 15 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    本書は、1950年代から60年代にかけて、新聞記者として世界各地を巡った著者の"旅のエッセイ"集です。それは……ドイツが西と東に分かれていたころ。ベトナムのハノイに米軍の爆撃機が来襲していたころ。アメリカが、まだ人種差別を克服できずにいたころ。ソビエト連邦という「東」の大国があったころ……。旅人の目に映った、そんな時代の世界の素顔が25編のエッセイに綴られています。遺跡の町アテネの広場で、キリマンジャロのふもとのロッジで、サハラ砂漠の満天の星の下で、夕月が見下ろすカサブランカの市場で、ヒマラヤを望むネパールの丘で、コーヒーの香りとともに刻まれる旅の記憶、いくつもの出会い。珠玉のエッセイを、小野田英一さんの朗読でお楽しみください。(c)株式会社AIR

    価格: ¥ 500

    • 第十八話バンコックの憂鬱:ぼくの旅の手帖〜または珈琲のある風景

    • 著者: 森本 哲郎
    • ナレーター: 小野田 英一
    • 再生時間: 不明
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    本書は、1950年代から60年代にかけて、新聞記者として世界各地を巡った著者の"旅のエッセイ"集です。それは……ドイツが西と東に分かれていたころ。ベトナムのハノイに米軍の爆撃機が来襲していたころ。アメリカが、まだ人種差別を克服できずにいたころ。ソビエト連邦という「東」の大国があったころ……。旅人の目に映った、そんな時代の世界の素顔が25編のエッセイに綴られています。遺跡の町アテネの広場で、キリマンジャロのふもとのロッジで、サハラ砂漠の満天の星の下で、夕月が見下ろすカサブランカの市場で、ヒマラヤを望むネパールの丘で、コーヒーの香りとともに刻まれる旅の記憶、いくつもの出会い。珠玉のエッセイを、小野田英一さんの朗読でお楽しみください。(c)株式会社AIR

    価格: ¥ 500

    • どくとるマンボウ航海記 オーディオブック版第5集

    • 著者: 北 杜夫
    • ナレーター: 相原 麻理衣
    • 再生時間: 1 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    新潮文庫刊 北杜夫:著 『どくとるマンボウ航海記』(ISBN 4101131031)より表題作「どくとるマンボウ航海記」をオーディオブック化。 第5集では 海には数々の魔物が棲む/本の話から船乗りのこと/コロンボのカレー料理/帰ってきた燕とマンボウ/あとがき までを約1時間あまりで朗読しました。 昭和30年代前半、水産庁の漁業調査船に船医として乗り込んだ若き精神科医・マンボウ先生の、世界漫遊5ヶ月間の珍道中。航海中の生活、アジア、アフリカ、ヨーロッパの寄港地で出くわす事件や珍事、人々との珍妙なやりとり。思わずふきだすエピソードや、豊かな教養に裏打ちされた卓抜な文明批評が、マンボウ先生独特の変な造語やユーモアたっぷりの文章で、縦横無尽に描き出されます。 青春のパワーと好奇心、型破りで自由な精神が横溢する抱腹絶倒旅行記の傑作!(C)新潮社(C)ことのは出版   「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 1,500

    • 第五話アテナイの幻想:ぼくの旅の手帖〜または珈琲のある風景

    • 著者: 森本 哲郎
    • ナレーター: 小野田 英一
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    本書は、1950年代から60年代にかけて、新聞記者として世界各地を巡った著者の"旅のエッセイ"集です。それは……ドイツが西と東に分かれていたころ。ベトナムのハノイに米軍の爆撃機が来襲していたころ。アメリカが、まだ人種差別を克服できずにいたころ。ソビエト連邦という「東」の大国があったころ……。旅人の目に映った、そんな時代の世界の素顔が25編のエッセイに綴られています。遺跡の町アテネの広場で、キリマンジャロのふもとのロッジで、サハラ砂漠の満天の星の下で、夕月が見下ろすカサブランカの市場で、ヒマラヤを望むネパールの丘で、コーヒーの香りとともに刻まれる旅の記憶、いくつもの出会い。珠玉のエッセイを、小野田英一さんの朗読でお楽しみください。(c)株式会社AIR

    価格: ¥ 500

    • 第二話ボーデの雨:ぼくの旅の手帖〜または珈琲のある風景

    • 著者: 森本 哲郎
    • ナレーター: 小野田 英一
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    本書は、1950年代から60年代にかけて、新聞記者として世界各地を巡った著者の"旅のエッセイ"集です。それは……ドイツが西と東に分かれていたころ。ベトナムのハノイに米軍の爆撃機が来襲していたころ。アメリカが、まだ人種差別を克服できずにいたころ。ソビエト連邦という「東」の大国があったころ……。旅人の目に映った、そんな時代の世界の素顔が25編のエッセイに綴られています。遺跡の町アテネの広場で、キリマンジャロのふもとのロッジで、サハラ砂漠の満天の星の下で、夕月が見下ろすカサブランカの市場で、ヒマラヤを望むネパールの丘で、コーヒーの香りとともに刻まれる旅の記憶、いくつもの出会い。珠玉のエッセイを、小野田英一さんの朗読でお楽しみください。(c)株式会社AIR

    価格: ¥ 500

    • どくとるマンボウ回想記

    • 著者: 北 杜夫
    • ナレーター: 網野 隆
    • 再生時間: 4 時間 24 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「あの、何かお飲みになりませんか。コーラとペプシコーラとどっちがいいですか?」・・作者が散らかしっ放しにしていた雑誌に足をとられて転倒し顔を強打・出血した細君をむかえにきた救急車の運転手さんに、作者が言ったせりふである。「救急車なんて呼んだこともなかった。そんなものがやってきたことが実に申訳ないように思われた。」ためだそうな。本書は、日本経済新聞に『私の履歴書』として連載されたものに加筆修正したものである。文学への目覚め、執筆開始、躁とウツ、父と母妻と娘、先輩や友人、歳晩に思うこと・・・大河ドラマの総集編を見るような趣のある一冊である。 「さしてこれと言った仕事もできなかったが、それ以上をべつに望むことは全くない。」作品数128作に及ぶ作家は人生をそう総括する。 この”厚み”に挑戦するのは、昭和一桁生まれの網野隆。 「わが人生、やはり幸せと言ってよかろう ・・」 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 3,100

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 8