検索キーワード:ナレーター "三好 翼"

カテゴリー

名作文学

検索結果:7件
並べ替え:
    • 北大路魯山人 4本セット

    • 著者: 北大路 魯山人
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 1 時間 17 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 4,000

    • 舞姫

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 1 時間 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 3

    明治・大正期の文学者、森鴎外の代表的な短編小説作品。本作が森鴎外の処女小説である。初出は「国民之友」[1890年(明治23年)]。初期の代表作であり、1884年から5年間のドイツ留学時の体験を下敷きにして書かれた。主人公、太田豊太郎はエリート官吏である。彼はドイツ留学中に舞姫エリスと出会い、二人で暮らし始める。しかし、そのことによって周囲から中傷され官職を辞することになる。やがて、豊太郎は、前途を案じる友人からの勧めに応じて、エリスとの別れを決意。事情を知り発狂した身重のエリスを残し、豊太郎は日本へと帰国する。近代文学の代表的なロマンチシズム溢れる作品である。

    • 著者: 森 鴎外
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 1 時間 6 分
    • 配信日: 2018/05/16
    • 3 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 妖怪学

    • 著者: 井上 円了
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 4 時間 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    井上円了。江戸から大正までを生きた、仏教哲学者、教育家として名を残す。 迷信を打破する立場から妖怪を研究した。 妖怪を、オカルティズムを廃した、科学的見地で把握するために、研究したそうだが、じつは単に好きだったんでしょうと感じられる本書。すばらしい熱意。 むちゃくちゃにオモシロイのだが、明治の論文語体で読みづらいので、原文に忠実に、ナレーターの表現を極力抑えて仕上げたこのオーディオブックでお楽しみください。 ただし、妖怪大好きなお子さんと一緒に聞くのは、まだ妖怪を否定しているだけに思えるかもしれないので、ご注意ください。

    • 著者: 井上 円了
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 4 時間 11 分
    • 配信日: 2015/07/08
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 2,500

    • 良寛様の書

    • 著者: 北大路 魯山人
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    良寛さんといえば、山寺で子どもと毬をついているイメージ。 が、爺になっても実家のすねかじって女と暮らしていたり、と知ってどうなの!と思ったり・・・「災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。死ぬ時節には、死ぬがよく候。是はこれ災難をのがるる妙法にて候。」等の考え方にふれて、やっぱりすごい人だと思ったり・・・ 要するに人間味の強い器のおおきい方だったのでしょう。 そんな良寛禅師の書。上手に見せようとするのではなく、「一つの点を打つ」「一つの棒を引く」筆運びをしてかきあげたという書。 北大路魯山人にいわせると、良寛さんの類まれなる書はその器の大きさである、ということのようだ。太閤秀吉の書をひきあいに出したりしながら展開されるこの作品は、筆者から良寛さんにおくるレブレターである。

    価格: ¥ 1,000

    • 握り寿司の名人

    • 著者: 北大路 魯山人
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    まったくウルサイおやじである。 素晴らしいマグロがないとお話にならないとか(私はマグロはあったら食うけどなくてもいい)、飯に昆布や砂糖をいれたのはだめだとか(入れてました)。 店の経営方法やら、大正の人格やら、客の格やら、下世話で遠慮がない。 そこがおもしろいのが悔しい。 偉そうに!・・・と思いながら耳をそらせない。 寿司の人気の理由は「肴と飯が安直にいっしょに食べられるところが時代の人気に投じたものだろう。」などと日本料理の横綱かたなしだ。

    価格: ¥ 1,000

    • だしの取り方

    • 著者: 北大路 魯山人
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    こうるさいおやぢが目にみえるようである。 小煩い名を成した食通のセンセイが、眉間にシワをよせ、足を組み、指をたて て振り回しながら講釈を垂れている。 真剣に。 心の底から真剣に、横丁のおばさんにむかって。 横丁のおばさんにむかって、料理人たちに語りかけるときとおなじくらい心の 底から真剣に。 だしの素つかっているワタクシにそんなこと言われてもな。 苦笑いである。 でも、今晩は、ちょっとだしの素の説明書読んでから出汁を取ろうかな・・

    価格: ¥ 1,000

    • 料理の第一歩

    • 著者: 北大路 魯山人
    • ナレーター: 三好 翼
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    歴史に名を刻む人は、安楽な人生を送れないようになっているのか。 貧しい家に生まれ、両親は離婚、そののち父は自殺、養子に出されるが、画家 を志して決別、生母に巡りあうも拒絶され・・・這い上がるように名を成すも 戦争・敗戦・不遇な日々がーー 運命が人を選ぶのか。 人が運命を選ぶのか。 「人が運命を選ぶのだ。」と魯山人ならいうだろう、と、確信する。 本作品をしれば貴方もそう思われることだろうと思う。 これは単なる料理の書ではない、人生の書である。

    価格: ¥ 1,000