検索キーワード:ナレーター "後藤 敦"

カテゴリー

社会・政治

検索結果:4件
並べ替え:
    • これだけは知っておきたい「相続・贈与」の基本と常識

    • 著者: 天野 隆
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 4 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    本タイトルで参照する付属資料は以下URLよりダウンロードいただくことができます。
    http://www.forestpub.co.jp/audible/data/B-1688/ 
    PDF提供元:フォレスト出版
    ※ iOS, Android、Windows10をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただくことができません。
    当タイトルをaudible.co.jp上で検索していただきますと、「あらすじ・解説」の箇所に、PDFファイルのURLを掲載しておりますのでぜひご利用ください。
    ■絶対に損をしたくない!トラブルも避けたい! 絶対に損しない、トラブルにならない、 ベストな相続・贈与対策を 税金も法律もみんなまとめて解説した《入門書》です。 平成27年1月1日以降の相続に適用される 相続税・贈与税の大改正については みなさん否応なしに関心を持たれていると思います。 1 平成6年の改正以来20年以上も据え置かれていた基礎控除が6割の水準に引き上げられた 2 相続税の最高税率の引上げ 3...

    価格: ¥ 2,500

    • お金を払いたくなる商品、サービスについて考える

    • 著者: 本田 雅一
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 24 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      1 out of 5 stars 1

    僕はクルマを運転するのが大好きで、10年近くK4-GPという燃費制限の厳しいクローズドサーキットを使ったレースイベントに参加しています。旧車に搭載された1000cc以下のエンジン、あるいは990cc以下(ターボ換算1.5倍なので基本は軽自動車用です)のエンジンを用い、車体のルールは“ほとんどナシ”。その代わり(大まかに言うと)1000キロを平均時速100km以上、燃費10km/L以上ぐらいの条件で走るというルールがおもしろく、富士スピードウェイでの1000km耐久や、マレーシアのセパン・サーキットに遠征して24時間耐久レースに出場していました。(本文より)本田雅一の「続・モバイル通信リターンズ」はこちらから→https://yakan-hiko.com/honda.html

    価格: ¥ 500

    • 無料サービスの時代に有料サービスを売っていくためのヒント

    • 著者: 本田 雅一
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 37 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      2 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      2 out of 5 stars 1

    「今度、焼鳥屋に出資したんだよ」 ちょっとした打ち合わせで顔を合わせた、飲食店とは縁遠い知人が唐突に切り出した。なんでも行き付けの焼鳥屋に、特別焼き技術の高い若手がいたそうで、その店の常連が独立を支援したということらしい。そんな話を聞いた半年後、東京・恵比寿にある「喜鈴」を訪問した。 東京に美味しい焼鳥屋はたくさんある。それこそ昔ながらのキタナシュランから、ミシュランの星を持つ名店、ワインペアリング込みで2万円という高級店もある。1万円を超えると、さすがに焼鳥としては割高ではないか? と疑問が出てくるが、恵比寿・喜鈴はお酒込みで6000~7000円。よほどの大食漢でない限り、あるいは高価なワインを注文しない限り、一般常識における「高級焼鳥」の予算範囲に収まるはずだ。(本文より) 本田雅一 続・モバイル通信リターンズはこちらから→http://yakan-hiko.com/honda.html

    価格: ¥ 500

    • モノが売れない時代の物づくり

    • 著者: 本田 雅一
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 31 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ◇新型ロードスター開発陣に聞く“高付加価値商品の開発手法” まだ一度も記事を書いたことがない『レスポンス』からの連絡を受け、はじめて自動車のプレス試乗会に参加した。いや、正確には横浜で「アウディA5」が新発売となったとき、インプレッション記事を書いたことがあるから2回目か。しかし、いずれにしても門外漢であることは間違いない。 そんな『レスポンス』編集部の気まぐれも手伝ってか、鹿児島が5年ぶりの大雪に見舞われ13センチの積雪を記録した。僕はその翌日、一面銀世界の鹿児島空港に降り立つという貴重な経験をした。このとき、鹿児島空港で撮影した滑走路の写真をSNSにアップロードし「雪国に来たよ~」と書いても誰も疑わなかっただろう。 実に貴重な体験と言えるが、鹿児島の雪景色以上の貴重だったのは、後輪にチェーンを巻いたマツダ新型ロードスターに乗り込んだことかもしれない。ロードスターにチェーンを履かせて走る機会は、そうそうあるものじゃない。(本文より) 本田雅一 続・モバイル通信リターンズはこちらから→http://yakan-hiko.com/honda.html

    価格: ¥ 500