カテゴリー

評論・対談

検索結果:341件
並べ替え:
    • 悩みどころと逃げどころ

    • (小学館)
    • 著者: ちきりん, 梅原 大吾
    • ナレーター: 野崎 千華, 檜山 尚人
    • 再生時間: 4 時間 19 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 5

    月間200万ページビューの社会派ブロガーちきりん氏と、世界一のプロゲーマー梅原大吾氏の異色人生対談。

    立ち位置も考え方もまったく違う二人が、足かけ4年、100時間にもわたって語り合い、考え抜いた人生談義。

    学校で真面目に勉強してきたのに競争社会で行き詰まっている人、やりたいことが見つからなくて悩んでいる人必読! 

    今日から人生が変わります!

    価格: ¥ 2,500

    • 後妻業

    • 著者: 黒川 博行
    • ナレーター: 前田 一世, 野々村 のん
    • 再生時間: 11 時間 10 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

     小説が現実を凌駕した、あの話題作がオーディオブック化!   

    • 5 out of 5 stars
    • オーディオブックだからこその楽しさ

    • 投稿者: 林檎 日付: 2018/09/10

    価格: ¥ 3,500

    • 世界を変えた10冊の本

    • 著者: 池上 彰
    • ナレーター: 早川 諄
    • 再生時間: 7 時間 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

     何かと話題の『アンネの日記』、『コーラン』『種の起源』、ケインズ、フリードマンの経済書まで。 『聖書』の基礎を知ることで見えてくる歴史の流れとは? 

    価格: ¥ 3,100

    • 打ちのめされるようなすごい本

    • 著者: 米原 万里
    • ナレーター: 谷合 律子
    • 再生時間: 18 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     「ああ、私が10人いれば、すべての療法を試してみるのに」。2006年に逝った著者が、がんと闘いつつ力をふり絞って執筆した「私の読書日記」(週刊文春連載)に加え、1995年から2005年まで10年間の全書評を収録した最初で最後の書評集。 

    価格: ¥ 4,000

    • 中島ハルコはまだ懲りてない!

    • 著者: 林 真理子
    • ナレーター: 大森 ゆき
    • 再生時間: 4 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      2 out of 5 stars 1

     天上天下唯我独尊! 日本一、傍若無人な女社長、中島ハルコがパワーアップして帰ってきた! 今回持ちこまれる相談事も、医者の息子の進路問題、歌舞伎役者の浮気、相続問題とさまざま。 

    価格: ¥ 2,500

    • 私的幸福論

    • 著者: 浅田 次郎
    • ナレーター: 浅田 次郎
    • 再生時間: 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 8

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。様々な人生経験を持つ浅田次郎が「幸福とは何だろう」と考える。自身の幼少期や、明治日本の歴史的背景、中国古典などを引き合いに「労働は美徳である」という因習に異を唱え、幸福の実感について踏み込んでゆく。(2001年7月5日 北本市文化センター 菊池寛生誕百周年記念講演会より)
    ●笑ってはいけない ●嘘をついてはいけない ●苦労しなきゃならない ●遊ぶことは許されない ●ものは考えようで ●よく笑いよく遊ぶ 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • 慶應MCC夕学セレクション 「話が通じない人の思考」

    • 著者: 養老 孟司
    • ナレーター: 養老 孟司
    • 再生時間: 1 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 24
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 16
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 16

    独創的な考え方とは、むしろ誰にでもわかることでなくては意味がない。コミュニケーションの難しさ・大切さを「養老節」で語ります。(C)養老孟司、慶應丸の内シティキャンパス

    価格: ¥ 2,000

    • 小林秀雄と人生を読む 4本セット

    • 著者: 池田 雅延
    • 再生時間: 4 時間 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 4,000

    • 慶應MCC夕学セレクション 「亜門流コーチング」

    • 著者: 宮本 亜門
    • ナレーター: 宮本 亜門
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    役者達との意見の衝突から学んだ、人間関係やコミュニケーションを円滑にする方法とは・・・。 演出家・宮本亜門氏ならではの「コーチング術」です。(C)宮本亜門、慶應丸の内シティキャンパス

    価格: ¥ 2,000

    • イノベーターズ・トーク 03 世界を変えるテクノロジー

    • 著者: NewsPicks編集部
    • ナレーター: 堀江 貴文, 落合 陽一
    • 再生時間: 52 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 27
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 17
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 18

    独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたちが、時代を切り取るテーマについて語り合う連続企画「イノベーターズ・トーク」。
第3回は、実業家の堀江貴文氏と、メディアアーティストの落合陽一氏が「世界を変えるテクノロジー」をテーマに語り合う。 堀江氏は日本のIT業界を黎明期から牽引し、現在もテクノロジーの観点から有望だとみなした数々のスタートアップへの支援を行なっている。一方の落合氏は人工知能をはじめとする、数々の最先端技術を応用したメディア表現を研究し、国内外から注目を集めている。 そんなテクノロジーの最先端にいる2人が、注目するテクノロジーとそこから派生するビジネスについて本音で語る。招待制イベント「NewsPicksカンファレンス」で実施され、大反響を巻き起こした対談の全模様を、Audible限定コンテンツでお届けする。

    • 2 out of 5 stars
    • 聞き取りにくい

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/09/12

    価格: ¥ 1,000

    • 漱石と司馬遼太郎の見た日本

    • 著者: 半藤 一利
    • ナレーター: 半藤 一利
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 2

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。 司馬の晩年、遺言めいたひと言が漱石の〝憂い〟と交差する。「半藤君、この国はこのままでは滅びてしまうネ」 「まだ間に合うと思うんだ、だから…」(2000年 秋田県能代市文化会館ホール 演原題「夏目漱石と司馬遼太郎」より)
    ●我々の幸福 ●紫の女 ●司馬さんの遺言 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • 南島論

    • 著者: 吉本 隆明
    • ナレーター: 吉本 隆明
    • 再生時間: 4 時間 42 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ※可能な限り音質向上を試みましたが、本作には聴きづらい箇所がございます。音源の歴史的価値を考慮して配信しておりますこと、予めご了承ください。

    1969年に刊行された学問案内のシリーズ 「筑摩総合大学」のPRで計画された講演。 講演日:1970年9月3日/10日 主催:筑摩書房 場所:新宿・紀伊國屋ホール 収載書誌:春秋社『〈信〉の構造PART3』(2004年)、中公文庫『語りの海1幻想としての国家』(1995年)

    (毎月第4水曜配信予定、全183巻)

    価格: ¥ 500

    • 中国近代史を読む

    • 著者: 浅田 次郎
    • ナレーター: 浅田 次郎
    • 再生時間: 1 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 7

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」で描いた清朝末の中国について、その含蓄に深い中国愛を交えて語る。アヘン戦争の惨禍は中国の人々の心やさしい気質に西欧列強がつけこんだものです。(1998年5月12日 松山キャメリアホール 文藝春秋講演会より)
    ●味の樹 ●羹に懲りて ●火が喰う ●命の木 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • 菊池寛の文学

    • 著者: 松本 清張
    • ナレーター: 松本 清張
    • 再生時間: 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 3

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。 『点と線』『砂の器』『黒革の手帳』でおなじみの松本清張が菊池寛の文学性と人間性をその生い立ちと作品から解き明かす。豊富な含蓄がユーモラスなトークに融け込み、論理を超えたヒューマニズムで心に聞かせる名講演!希少な松本清張の肉声をお楽しみ下さい。(1987年10月31日 高松市四国新聞社ホール 菊池寛生誕百周年記念講演会より)
    ●人生派リアリズム~生まれついての逆境~ ●裏側にあるところのもの ●人生の裏、人間の裏、悲喜交々 ●つくりものでない感動 ●永久に残る作品 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • 新潮読書クラブ 第一回 山田詠美『蝶々の纏足・風葬の教室』

    • 著者: 瀧井 朝世, 村田 沙耶香
    • ナレーター: 瀧井 朝世, 村田 沙耶香
    • 再生時間: 1 時間 2 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    新潮社のオフィシャル読書会で、名作を一緒に読みませんか? 現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで―—。新潮社の倉庫をリニューアルしたレクチャースペース〈soko〉では、毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして公開読書会を開催しています。あなたもaudibleで参加してみませんか? 第一回の課題図書は、山田詠美さんの『蝶々の纏足・風葬の教室』(新潮文庫)。美しい親友からの支配、教室という牢獄、初めて嗅いだ死の匂い――切ないほど残酷な思春期の感性をリリカルに描き、「10代のバイブル」として愛され続ける傑作です。“読書クラブ”の部長として会を進行してくださるのは、古今東西さまざまな本を読んできたライターの瀧井朝世さん。そして今回の “一緒に読む人”は、山田文学の熱狂的な愛読者である作家の村田沙耶香さんです。 かつてこの本に魅せられた方、この読書会をきっかけに初めてページをめくる方、新潮読書クラブでは、どんな方にも新しい出会いをご用意してお待ちしております。 *レクチャースペース〈soko〉は店舗内のオープンスペースのため、たまに環境音が入っていることがございます。ご了承くださいませ。

    価格: ¥ 1,000

    • 慶應MCC夕学セレクション「脳と創造性」

    • 著者: 茂木 健一郎
    • ナレーター: 茂木 健一郎
    • 再生時間: 1 時間 14 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 6

    何かを創造する時、モノを購入するとき、人生の決断をするとき・・・。人間の行動が脳のどのような働きに基づいているかを解き明かす、ユーモアたっぷりの講演です。(C)茂木健一郎、慶應丸の内シティキャンパス

    • 5 out of 5 stars
    • セレンディピティとは何か?

    • 投稿者: 小中 寛顕 日付: 2018/06/17

    価格: ¥ 2,000

    • からごころは嘘をつく

    • 著者: 丸谷 才一
    • ナレーター: 丸谷 才一
    • 再生時間: 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    名だたる文筆家が登場する、文藝春秋の文化講演会。どうして日本には恋愛文学があるのに中国にはほとんど無いのだろう?本居宣長が提示した疑問を紐解いてゆくと、日本と中国の国民性、文学の伝統が見えてくる…明治以後の恋愛文学は西洋文学の影響では無かったのです。(1992年11月3日 高松市民会館 文藝春秋七十周年記念講演会より)
    ●まるで無いような顔 ●一事が万事 ●恋する国家 ●朝日に匂う山桜 ●文学の伝統 文藝春秋の文化講演会は、文学談や執筆秘話に人生論も交え、含蓄と味わい深い講演があなたの生き方に豊かさと彩りを添えます。

    価格: ¥ 1,000

    • 新潮社創業120年記念トーク「筒井康隆ワールドの過去・現在・未来」

    • 著者: 筒井 康隆, 佐々木 敦
    • ナレーター: 筒井 康隆, 佐々木 敦
    • 再生時間: 1 時間 21 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    2016年、新潮社は創業120周年を迎えます。これを記念して、日本を代表する作家のひとり、筒井康隆さんのトークイベントを開催しました。 1960年代にSF作家としてデビューして以来、ドタバタ爆笑小説、実験小説、そして純文学と、ジャンルの壁を軽やかに乗り越え、旺盛な創作活動を続けてこられた筒井さん。新潮文庫でも『家族八景』『虚航船団』『パプリカ』『聖痕』をはじめとする名作たちが今なお新しい読者を獲得し続けており、昨年暮れには曰く「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」という『モナドの領域』でファンを大いに驚かせ、また、感動させてくれました。 対談のお相手を務めるのは、「新潮」2016年1月号に出色の『モナドの領域』論を寄稿した佐々木敦さん。『あなたは今、この文章を読んでいる。』(慶應義塾大学出版会)で、メタフィクションを拡張するパラフィクションという概念を提起し、筒井さんをして「創作意欲を触発させられた」と言わしめたこの稀代の批評家に、筒井康隆ワールドの過去・現在・未来について、鋭く切り込んでいただきます。 50年以上にわたり創作の第一線で活躍してきた筒井さんの今後の展望とは――。作家の生の声に接する貴重な機会をお見逃しなく!

    価格: ¥ 1,500

    • 新潮読書クラブ 第三回 ドストエフスキー『罪と罰』

    • 著者: 島田 雅彦
    • ナレーター: 島田 雅彦
    • 再生時間: 1 時間 26 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

    新潮社のオフィシャル読書会で、名作を一緒に読みませんか?  現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで―—。新潮社の倉庫をリニューアルしたレクチャースペース〈soko〉では、毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして公開読書会を開催しています。あなたもaudibleで参加してみませんか? 第三回の課題図書は、いよいよ文学史上に比類のないモンスター級の傑作『罪と罰』の登場です。「世界で最も有名な1冊」といっても過言でない小説ですが、意外に読んだことがないという方も多いかもしれません。貧しさの中で殺意を抱いていく主人公のラスコーリニコフ。「善」という目的のためならば、人を殺しても許されるのか? ドストエフスキーが『罪と罰』で仕掛けたこの根源的な問いは、時代を超えてなお私たちをとらえて離してくれません。 一緒に読む人は、さまざまな古典を「いま」とリンクさせながら分かりやすく読み解く、作家の島田雅彦さん。『罪と罰』の面白さを、徹底的に教えていただきます! ひとつ目のポイントは、現代にも強烈に通じるテーマです。ドストエフスキーが描いたのは、運命に翻弄される人間の小ささ。それは、格差社会、テロ、SNSなど、「いま」の私たちの問題と繋がっていきます。そしてもうひとつのポイントは、いつ読んでも誰かしら

    • 2 out of 5 stars
    • 「罪と罰」そのものをAudible で聞ければよいのに

    • 投稿者: とっと 日付: 2018/05/28

    価格: ¥ 1,000

    • 新潮読書クラブ 4本セット (1)

    • 著者: 瀧井 朝世 村田 沙耶香
    • 再生時間: 5 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    こちらは複数の作品のセット商品です。

    価格: ¥ 4,000

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 18