検索キーワード:ナレーター "寺川 府公子"

カテゴリー

現代文学

検索結果:4件
並べ替え:
    • 夢の罠

    • 著者: 高樹 のぶ子
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 1 時間 1 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    作家本人と思しき女性が、オーロラ見物と白夜体験のため、真冬と初夏の二度、アラスカを訪ねる、という筋立ての短篇。二月はマイナス30℃近く、ブリザード(猛吹雪)が来れば、遭難しかねず、反対に30℃近くに達する夏は一転、植物の色彩で溢れるが、油断をすると凍土に足をとられ、身動きできなくなる。そんな極地で、作家は「ウルフトラッパー」を名乗る日本人男性と出会う。
    「ウルフトラッパー」は、先住民の中でも特に狩に秀でたアサバスカ族から送られた尊称で、狼を銃で撃つのではなく、罠、つまり知恵で捕らえる賢者を指す。年齢不詳、一人でテント生活をしているらしい男に、作家は徐々に親しみを覚えてゆく。謎めいた男が明かす極地の真実、また“五感の訓練”とは? フィクションの愉楽に満ちた逸品。

    価格: ¥ 1,000

    • ポンペイアンレッド

    • 著者: 高樹 のぶ子
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 1 時間 1 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      2 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    「深紅よりもっと鮮やかな朱赤」と描写される“ポンペイアンレッド”の椅子をモチーフにした幻想譚。
    小雨の降る四月、還暦の誕生日を一週間後に控えた語り手の女性のところに、家具店からお探しの商品が漸く見つかったと、電話が入る。360度回転し、リクライニングを倒すと180度水平になる本革製の椅子。最も難しい条件が色の指定で、どうしてもポンペイアンレッドでなければならなかった。強く輝き、その強烈さゆえ座る人間を体内から崩壊させるような赤い椅子に、「私」はこの先の人生を託す意気込みなのだ。生憎、現物はなかったものの、革素材と写真を確かめ、即決で購入を決めた。
    椅子が届いて数日後、すっかり満足した「私」のところに、一通のダイレクトメールが届く……。時空を超えて官能の世界へと誘う怪しげな赤がとりわけ印象に残る佳編。 

    価格: ¥ 1,000

    • 旅する火鉢

    • 著者: 高樹 のぶ子
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 2

    円熟の境地にある芥川賞作家が描く、“もの”を巡る幻想譚のシリーズ短篇。祖先の来し方を探るエッセイのように筆を起こし、何時の間にか、するっと時空を超越し、読者を想像の彼方へと誘って、馥郁たる余韻を残して着地する。
    本作の“主役”は、作家が生まれた頃から慣れ親しみ、今も所有している一つの火鉢。日露戦争で中国大陸に出兵した祖父が入手したらしい有田焼の火鉢は、姿形を変えぬまま、およそ百年を生き抜いてきた。火鉢には、江戸時代の旅人たちが描かれていた。現在の山口県防府市で地主の惣領として生まれながら祖父は学問を志して東京へ出て、大学を卒業すると、徒歩で郷里に帰ったという。祖父は、火鉢に描かれた旅人に興趣を覚えたのではないか? 不動の火鉢に、作家は有為転変の来歴を与え、「旅する火鉢」に想いを馳せる。

    価格: ¥ 1,000

    • 私が愛したトマト

    • 著者: 高樹 のぶ子
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 57 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 3

    作家を思わせる語り手の女性が、人生の折々に鮮烈に現われたトマトとの関わりを追想する、という趣向の短編。幼い頃、科学者だった父親と二人で出かけた地元近くの海水浴場に浮かんでいたトマト。「おばあちゃん」になった今では、猛暑のなか、孫が止めるのにも耳を貸さず、アーチ状の「トマトの林」を丹精込めて育てている。こうしたトマトはいったいどこからやってきたのか?
    語り手にとってトマトは、男たちとの交際の記憶を幼時に齧った折の青ぐささと共に甦らせる不思議な存在だ。学生時代、初めてキスし、交わった男は農業大学の研究生。アステカ族が住む地域でトマトの原種を育成研究するため、「私」のもとを去り、メキシコへ渡った。一個のトマトをベッドに残して……。
    南米アンデス山脈原産のトマトは、大航海時代にイタリア半島にもたらされたが、毒性が恐れられ、当初は観賞用だったとされる。「黄金の果実」を巡って、作家の奇想が冴えわたる作品。

    価格: ¥ 1,000