8月28日、Audibleの会員特典は「オンデマンド制 (聴き放題)」から「コイン制」に変わります

カテゴリー

ビジネス (マーケティング・セールス)

検索結果:316件
並べ替え:
    • AIの破壊力

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.156
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 45 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    空前のAI(人工知能)ブームが巻き起こっている。AI関連のニュースリリースが相次いでいるほか、都内では連日のようにセミナーが開かれている。決算発表でも、将来見通しの中でAIに言及する企業はもはや珍しくなくなった。米グーグルやフェイスブックに続き、国内でもドワンゴやリクルートがAI研究所を設立。トヨタは今後5年間で1200億円を投じる。何が企業を引き付けるのか。  

    本誌は『週刊東洋経済』2015年12月5日号掲載の10ページ分を電子化したものです。

    • 5 out of 5 stars
    • おもしろい

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/08/17
    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • インスタグラムの流儀

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.180
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 24 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    写真を介したビジュアルなSNSで躍進する「インスタグラム」。2012年からはフェイスブック傘下となり、資金面でも大きな支えができ、ユーザ獲得に専念できる環境が整った。米国本社でも日本市場に本腰を入れ、2015年秋からは広告事業を本格稼働させた。スナップチャットやツイッターなどライバルも手ごわい中、インスタグラム創業者のケビン・シストロム・共同創業者兼CEO、マイク・クリーガー・共同創業者兼CTOの両氏に日本市場をどう攻めていくかインタビューを試みた。  

    本誌は『週刊東洋経済』2016年5月14日号掲載の6ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • ビジネスに効く AI

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.221
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 海老塚 久蔵
    • 再生時間: 1 時間 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    優れたアルゴリズム、大量のデータ、高速なコンピュータ。3つの要素がそろい新たなAI時代が到来した。企業の現場でもAIの実用事例が増えている。だが、AIをめぐる誤解も多々ありそうだ。機械学習に適したデータか? 問題解決の手段はAI以外でも十分ではないか? 人や組織とAIが融合し最適化できるか? またAIビジネスにかかわる法的リスクとは…。基本をおさえてビジネスに効くAIに触れてみよう。  

    本書は『週刊東洋経済』2017年7月8日号掲載の26ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 新聞・テレビは生き残れるか

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.200
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     

    新聞・テレビを頼りにするのは50代以上。彼らがリタイア世代となる10年後、伝統的なマスメディアを取り巻く環境は一段と厳しくなっているだろう。新聞は部数減と配達販売店の苦境を克服できるのか。テレビはネットとの融合は可能なのか。テレビ業界最大の有料メディアNHKの受信料問題とは?。本誌ではメディア業界の現状と未来を考える。  

    本誌は『週刊東洋経済』2016年11月19日号掲載の24ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • ドローン襲来!

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.123
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 42 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 3

    首相官邸への侵入事件を皮切りに、日本を騒がせているドローン。だが、日本ではドローン利用に関する法規制が整備されていない。空撮やホビー、配送などドローンの需要は急拡大しているが、期待どおりにドローン産業が立ち上がるかは、極めて不透明な状況だ。本格的な盛り上がりを見せるドローン産業で、日本はどう対応すべきなのか。  

    本誌は『週刊東洋経済』2015年6月20日号掲載の12ページ分を電子化したものです。

    • 5 out of 5 stars
    • おもしろい

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/08/16
    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 家電量販サバイバル

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.130
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    家電量販チェーンの業界再編が進んでいる。かつて売り上げ全国トップを誇ったベスト電器やコジマはそれぞれヤマダ、ビックカメラの軍門に下った。その一方、業界最大手のヤマダは2カ月で50もの大量閉店という事態に追い込まれた。  薄型テレビなどのデジタル家電の普及が一巡し、需要が右肩上がりの時代は終わった。生き残りを懸けた熾烈な攻防戦が繰り広げられる家電量販業界。その最前線を追った!  

    本誌は『週刊東洋経済』2015年7月25日号掲載の22ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 世界最強頭脳集団 Google

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.121
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 2 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    1998年創業のグーグル。検索エンジンから始まり、YouTube、グーグルマップ、Gメール、アンドロイド、グーグルクロームと次々とサービスを拡大。ネットユーザーの2人に1人が、これら六つのサービスのいずれかを利用している。最近ではAI技術を核に、自動運転車やロボット開発にも乗り出した。彼らはどんな世界を思い描いているのだろうか。誰もが働いてみたいグーグル。世界最強組織の全貌に迫った!  

    本誌は『週刊東洋経済』2015年6月13日号掲載の34ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 漂流する巨船 ソニー

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.101
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 2 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    戦後、焼け野原だった東京で井深大と盛田昭夫が創業したソニーは革新的な商品を次々と開発し、世界的なブランドに育った。だが、2000年代に入ってからは業績の低迷が続いている。漂流する巨船・ソニーはどこに向かうのか。  

    収益改善を進める平井社長の手腕や、北朝鮮からのサイバーテロで話題になった映画『ザ・インタビュー』をめぐる波紋をまとめた。  さらに、1999年ソニーが輝いていた時の出井社長が語った「ザ・ソニー」や、出井氏の退陣インタビューに加え、創業者・井深氏の53年前のインタビューや異色の3代目大賀氏の素顔なども収録。  

    本誌は『週刊東洋経済』2015年8月9・16日号、9月27日号、11月8日号等掲載の33ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 掘り起こせIoT金脈

    • 週刊東洋経済eビジネス新書No.192
    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 43 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 2

    ARM創業者・へルマン・ハウザー氏は、「メインフレーム、ミニコンピュータ、ワークステーション、パソコン、スマホという5つの波に、6つ目として加わったのがIoT」と言う。あらゆるモノがインターネットにつながるIoTの世界。そこにはどのようなパラダイムシフトへの可能性や金脈が眠っているのか。ソフトバンクグループのARM買収など、現在の姿を紹介しつつ、IoTの未来に迫る。  

    本誌は『週刊東洋経済』2016年9月17日号掲載の25ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 自動車成長神話の危機(週刊東洋経済eビジネス新書No.184)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

     自動車産業の潮目が変わった。燃費不正や電撃的な再編。技術変革と環境規制が達成困難な負担を迫っているのか。同時に自動運転やライドシェアの台頭で、販売台数のみを競う時代はもはや終わりつつある。いくつものハードルが待ち受ける自動車業界の今をリポートする。

     本誌は『週刊東洋経済』2016年6月25日号掲載の16ページ分を電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • お金と心を動かす会話術

    • 著者: 浅川 智仁
    • ナレーター: けんぞう
    • 再生時間: 3 時間 59 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 27
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 21
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 21

    本タイトルで参照する付属資料は以下URLよりダウンロードいただくことができます。
    http://download.audible.com/product_related_docs/BK_KANK_000015.pdf
    PDF提供元:かんき出版

    驚きの効果が出る、禁断のメソッドを大公開。
    売れ過ぎちゃって
    ごめんなさい!!

    「レクサス」「リクルート」「湘南美容外科」「ソニー生命」「プルデンシャル生命」などで、「売れる人」が続出!

    浅川さんのアドバイスのお蔭で、2015年度から3年連続で「レクサス」トップ・オブ・セールス1位を達成しました!
    (平澤賢治様/レクサス足立店 レクサススペシャリスト)

    借金まみれでバイク便をやっていた頃、浅川さんに出会ってから僕の人生が好転していきました。不動産会社時代には、入社1年半で課長、受注額、新規件数で1位を獲得。リクルートに転職してからは、月間MVP2回、月間新規王2回など数々の記録を達成しました!
    (渡邉雄太様/株式会社リクルートキャリア)

    浅川さんから学び始めてすぐに、創業して17年で過去最高の売上を達成しました!さらに、過去最高利益も達成しました...

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 全米は、泣かない。

    • 著者: 五明 拓弥
    • ナレーター: 浅井 慶一郎
    • 再生時間: 18 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 6

    ※この作品は原著を要約したものです。映画のコピーとしてありふれた表現である「全米が、泣いた」。もちろん私たちは、そのコピーを額面通りに受け取ることはない。しかし、本書はそれをあえて「全米は、泣かない。」と言葉にすることによって、コピーライティングの難しさ、そしておもしろさを表現している。秀逸なタイトルだ。 本書はお笑いトリオ「グランジ」のメンバーである五明拓弥氏が、業界をけん引するトップコピーライターやCMクリエイターにインタビューする形式で進められる。登場するのは、一度は耳にしたことのあるコピーや誰もが知っているCMを手がけている、超大物ばかりだ。 あの有名なコピーはどのように生まれたのか。あのCMはどうやって作られたのか。各人の広告に対する考え方や、アイディアの出し方、さらには業界の裏話なども随所に盛り込まれており、読者を飽きさせることがない。さらに、インタビューの最後には、クリエイターたちから著者へ、CMの企画立案やコピー作りなどの「課題」が課される。著者がその課題に挑戦した結果とともに、クリエイターたちによる講評が掲載されている。プロの添削から、テーマに対する目の付けどころ、思考の道筋などをうかがい知ることができ、非常に興味深い。 コピーライティングやCM制作を仕事にしたい人だけでなく、言葉に関心がある人にとっては、手に取るべき一冊であるといえる。(池田 明季哉)

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 一生仕事で困らない企画のメモ技(テク)

    • 著者: 高橋 晋平
    • ナレーター: 浅井 慶一郎
    • 再生時間: 18 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 13
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 7

    ※この作品は原著を要約したものです。多くのビジネスパーソンが、仕事やプライベートにわたって、さまざまな場面で求められる「企画」。とはいえ、苦手意識を持っていたり、締め切りの前日に慌てて考えたりしている方も多いだろう。 本書の著者は、バンダイから発売されて爆発的にヒットした「∞プチプチ」の企画を担当し、今は株式会社ウサギの代表取締役という立場で様々な企業の企画ブレーンとして活躍する高橋晋平氏。「企画のプロ」としてキャリアの階段を駆け上がっていったように見えるが、実はバンダイに入社して3年目ころまでは、ほとんど企画を通すことができなかったという。ただしある事実にたどりついてからは、「この先一生企画に困ることはない」と公言するほど多くの、かつ魅力的な企画を生み出せるようになった。 その事実とは、著者自身が自分の欲求に気づいていなかったということだ。人々が欲しがる商品には、自分の潜在的な欲求をセンサーにして、外にヒントとなる情報(=ネタ)を探さなければならないということがわかったという。 そして彼は、...

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • PV争奪戦 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.42)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 1 時間 3 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 8

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     スマホの普及で、「誰でもいつでもどこでも」ネットにつながる環境が急速に整ってきた。その裏側で、ネットの閲覧を奪い合う熱戦が繰り広げられている。ウェブサイトの閲覧数を競う、「ページビュー(PV)争奪戦」だ。

     PVとはあらゆるウェブサイトの実力を測る共通指標。ヤフーやサイバーエージェントなどのネット専業に限らず、メディアや一般企業、個人などもPV獲得に関心が高い。

     無数のウェブサイトをページビュー(PV)争奪戦に突き動かしているのが、インターネット広告市場の成長だ。2012年のネット広告市場は8680億円へと拡大。新聞・雑誌広告の合計に匹敵する水準となり、4マスと呼ばれるテレビ、新聞、雑誌、ラジオの各広告市場と比べ、成長力は断トツである。

     主要サイトのPVランキング、スマホで変わる勢力図、ホリエモンとサイバーエージェント藤田社長の対談から、8680億円市場の表と裏を解明する!

    • 2 out of 5 stars
    • 答え合わせとして

    • 投稿者: ちんぽむ 日付: 2018/07/22
    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 先細りの大衆薬 ネット解禁の勝者は? (週刊東洋経済eビジネス新書 No.22)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     安倍首相の鶴の一声で、ネット販売の原則解禁が決まった大衆薬。年初の最高裁判決以来、かつてないほど大衆薬が注目されているが、当の主役は戸惑っている、といった状況だ。市場規模は1兆円を少し上回る水準で、自動車の2%程度しかなく、長期的に縮小傾向が続く。周囲が成長戦略の目玉とはやす割に元気がないのである。

     最大の要因は健康食品(健食)やサプリメントとの競合だろう。「大衆薬は摂取しすぎると危ない。健食やサプリは大丈夫」。もちろんこれは事実と違う。健食、サプリが原因の健康被害もあるし、逆に取りすぎて平気なものは効能が怪しい。それでもこうした妄信は根強くある。

     本書では、ネット販売に揺れる大衆薬業界の動向に加え、胃腸薬や解熱剤などのカテゴリー別の状況を詳しくまとめた。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 爆速ヤフーの突破力 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.12)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 6

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

     営業利益率50%を超える超高収益企業ヤフー。そのヤフーが2010年代の営業益倍増に向け、抜本的な経営改革に乗り出している。

     振り返れば2012年3月、ヤフーが新体制へ移行するという発表は唐突なものだった。サービス開始以来、15期連続増収増益を成し遂げているにもかかわらず、経営陣を大幅刷新。井上雅博社長ら経営陣は会長職などにいっさい就かないという内容は、一見不可解にも思えた。「爆速でヤフーを変える」。宮坂学新社長が掲げたこの言葉は、ヤフーの新体制を象徴するものとして認知されるまでになった。

     日本のインターネットサービスの雄、ヤフーは今どう変わろうとしているのか。好調に見える彼らをそこまで駆り立てるものは何なのか。ヤフーの中枢部に密着した。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 消沈の電機業界でV字回復 日立に学べ! (週刊東洋経済eビジネス新書 No.34)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 31 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 9
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 8

     深刻な業績不振にあえぐ電機業界で、業績をV字回復させた日立製作所。しかし09年3月期には、日本の製造業として過去最大の7873億円の巨額赤字に苦しんでいた。沈む巨艦、迷走、人材不足--。そんな日立を、わずか3~4年で確実に稼ぐ体質に変えた秘密とは何か。

     改革を主導した中西宏明・社長、川村隆・会長のロングインタビューに加え、国内外の競合他社との違い、さらにこれからの日立の課題を追った。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • どう使う?ビッグデータ (週刊東洋経済eビジネス新書 No.11)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 海老塚 久蔵
    • 再生時間: 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 8

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audible カスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:東洋経済新報社
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

    IT業界では、2011年~12年は「クラウド化」、12~13年はそれに加えて「ビッグデータ」がテーマだという。「ビッグデータ」とは何なのか。どう使うのか。

     スマートフォンやSNSの普及に伴い、そこから集まる口コミや購入・行動履歴などの情報が急増している。サーバーの能力向上によって、その膨大なデータを保存し、分析することが可能になった。今この「ビッグデータ」によって、マーケティング、製品開発、防災などが変わりつつある。これまで、IT投資はコスト削減に使われることが多かったが、ビッグデータは売上高を伸ばすために活用できる。多くの企業が注目する理由も、そこにある。

     では、先進企業はどのように活用しているのか。本書では、小売り、外食などの実例を見ながら、導入する企業側の目線でビッグデータを考える。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • パズドラの破壊力 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.15)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 長谷川 俊介
    • 再生時間: 1 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

     ダウンロード数が1500万件を突破し、ますます勢いに乗るスマホ向けゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」。1個100円弱のアイテム販売だけで、月商100億円を超えるお化けタイトルだ。ここまで成功した理由と今後の課題を、開発元ガンホーの森下一喜社長と山本大介プロデューサーへの単独インタビューで探る。

     また「そもそもパズドラとは何なのか」の紹介に加え、夏野剛氏・マックスむらい氏への「パズドラのすごさ」に関するインタビュー、パズドラを追いかける国内外の競合アプリ、そしてゲーム業界の3強である任天堂・ソニー・マイクロソフトの巻き返し策、さらに未成年課金の問題も含めて、「パズドラ」を徹底分析した。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • アリババの正体 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.64)

    • 著者: 週刊東洋経済編集部
    • ナレーター: 岩見 聖次
    • 再生時間: 1 時間 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 6

     中国の超巨大ネット通販企業・アリババ。年間の商品取扱高は25兆円にも及び、イーベイや楽天を圧倒。利益水準ではアマゾンにも勝つ。

     そのアリババが米国への上場計画を発表し、世界の株式市場を揺るがしている。いまや同社は内需拡大や金融改革など中国の経済政策を動かすほどの存在だ。

     創業15年でここまで駆け上がった「怪人」馬雲(ジャック・マー)会長の実像、アリババを動かす中核メンバー、創業期を支えたソフトバンクや米ヤフーとの関係など、謎に包まれた企業の正体に迫った。

     本誌は『週刊東洋経済』2014年5月24日号緊急特集の20ページ分を抜粋して電子化したものです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 16