検索キーワード:ナレーター "平川 正三"

カテゴリー

自己啓発 (生き方・人生論)

検索結果:9件
並べ替え:
    • 人生は楽しいかい?

    • 著者: ゲオルギー・システマスキー, 北川 貴英
    • ナレーター: 平川正三
    • 再生時間: 6 時間 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 340
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 281
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 283

    本タイトルには付属資料が用意されています。お求めの方はライブラリーに追加した上で、Audibleカスタマーサービス(customerservice@audible.co.jp)までお問い合わせください。
    PDF提供元:株式会社夜間飛行
    ※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

    もう他人の価値観には振り回されない! 笑って泣けてためになる、感動のストーリー。

    うだつの上がらないサラリーマンの僕が出会った謎のロシア人“ゲオ"。

    一見小太りでパッとしないゲオが僕に伝えてくれたのはロシア特殊部隊で生まれた「人生を変える方法」=「システマ」だった――。

    ■システマとは?

    冷戦後のロシア発! アメリカ、ヨーロッパ、中東、アジアの45か国、 250以上の団体で実践。
    世界各国の教育、医療、軍事、セキュリティ、関係者が絶賛する人 間能力開放メソッド。

    ■システマで人生が変わった声、続々!

    「お客様からのクレームで叱責されても落ち着いて話をきけました」
    「呼吸の力で、面接を突破しました!...

    • 5 out of 5 stars
    • ストーリー仕立てで面白い

    • 投稿者: セイウチ父さん 日付: 2018/05/30

    価格: ¥ 3,000

    • ワクワクすることが人生にお金をつれてくる!

    • 才能をお金に換える技術
    • 著者: 本田 健
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 3 時間 43 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 24
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 16
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 16

    46万部突破の大人気シリーズ第3弾は「お金」 『大好きなことをやって生きよう!』『自分の才能の見つけ方』など、 シリーズ【46万部】を突破した 「大好き&才能」シリーズの最新刊のテーマは、 「才能をお金に換える技術」です。 大好きなことをやって生きていくのに、 つねにつきまとう大きなテーマが 「お金」ではないでしょうか? そもそも「お金」とは何なのか? 「お金」とどうやって付き合っていけばいいのか? そして、 大好きなことや才能を どのようにお金に換えていけばいいのか? 「お金の専門家」である 本田健さんが「大好きなこと」と「お金」について、 徹底的に説き明かしてくれたのが本書です。 「人に喜んでもらって、お金をもらう」という生き方 多くの人が「自分の大好きなことをやって生きない」 大きな理由の1つに、 「好きなことをやっていては、生活ができない!」 と思い込んでいるというものがあります。 この本では、「大好きなこと」と「お金」に フォーカスを当てています。 著者の本田さんは、 本書の「はじめに」でこう語っています。 「今の社会で上手に生きるためには、 お金ときれいに付き合う技術も必要です」 それは、いったいどういうことでしょうか? 人からお金を奪うのではなく、 ずるいことをやるわ

    • 5 out of 5 stars
    • 生きるヒントがいっぱい

    • 投稿者: 家族の笑顔 日付: 2019/04/22

    価格: ¥ 2,500

    • 「孤独」が男を変える

    • 著者: 里中 李生
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 3 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 16
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 13
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 12

    ■「孤独」とは生産性の高い行為である

    歴史的な偉人、後世に残る偉大な作品を残した作家やアーティストたちは仲間と群れていただろうか。
    毎晩のように友達と飲み歩いていただろうか。

    そんなわけはない。

    織田信長が家臣らとワイワイやっていた印象はない。
    孤高の武士、孤独だったはずだ。
    孤独のなかで男を磨き、より強くなっていった。

    あなたは孤独を恐れてはいけない。
    しかし「孤立」してはいけない。
    だが、仲間欲しさに群れていては、絶対に後で後悔をする。
    「時間の無駄遣いをしてきた」と。

    あなたに仲間がいっぱいいるのは、
    あなたが成功していないからである。
    男女どちらも、成功すればそれまでの友達は離れていく。
    あなたが成功をすれば、その成功した世界で友人ができる。

    男が変わる方法は、贅肉をそぎ落とすことだ。
    ダイエットと同じである。
    孤独とは、とても生産性の高い行動なのだ。

    ■目次
    第1章 「いい人」の殻をぶっ壊すと「本物」が寄ってくる
    群れる男はバカになる
    成功する男は必ず「孤独」を経験している
    無害な「いい人」の仮面を外してみないか
    インターネットは弱者のメディアだ

    第2章 あなたを「嫌

    価格: ¥ 2,500

    • 欲求がない男は一流になれない!

    • 著者: 井上 裕之 
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 3 時間 44 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 18
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 12
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 12

    ■「欲」を追求する人間は、品格ある一流になれる!
    欲求が弱い男は、一流になれない――。
    自分の中の小さな欲求を明確にして、大きく育てた男だけが、
    満足できる価値ある人生を謳歌する――。これが、本書のテーマです。

    私は誤解を恐れず、あえて言わせていただきます。
    「自分の中の欲求に忠実に従い、行動する男だけが、
    多くのものを得て、理想の人生を実現する」

    一流の人間になるなら、この本質の話を知ることが必須の条件です。
    根本的なことを知らなければ、どんなすばらしい道具(能力や情報)を
    持っていても、ゴールにはたどり着けません。

    あらゆることで満足する結果を得ているのは、
    優しい男、真面目な男、頭がいいだけの男、
    能力が高いだけの男ではありません。

    衝動に従って情熱的に行動してしまう男こそ、
    欲しいものを手にし、上質な人生を生きています。
    これが、真実なのです。

    何事も、行動しなければ、結果は得られないからです。
    人間は自分に甘い生き物です。漫然と日々を過ごしていても、
    行動など一生起こしません。

    ■そこで、欲求の力を借りるのです。
    欲求ほど強い「行動への動機付け」はないからです。

    自分の中の欲求を見つけ、大きく

    • 5 out of 5 stars
    • 綺麗事ではない、本質の話

    • 投稿者: 清水翔平 日付: 2018/01/03

    価格: ¥ 2,500

    • 復路の哲学ーされど、語るに足る人生

    • 著者: 平川 克美
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 4 時間 31 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    日本人よ、品性についての話をしようじゃないか。 成熟するとは、若者とはまったく異なる価値観を獲得するということである。政治家、論客、タレント……「大人になれない大人」があふれる日本において、成熟した「人生の復路」を歩むために。日本人必読の一冊! !

    *内田樹氏、絶賛! * ある年齢を過ぎると、男は「自慢話」を語るものと、「遺言」を語るものに分かれる。今の平川君の言葉はどれも後続世代への「遺言」である。噓も衒いもない。

    価格: ¥ 2,500

    • 才能に気づく7つのステップ

    • あなたの中に眠っている
    • 著者: 中山 和義
    • ナレーター: 平川正三
    • 再生時間: 2 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 4

    累計32万部突破のベストセラーシリーズを出せた本当の理由
    「あなたもビジネス書のスター著者になりませんか?」
    「ベストセラー著者になれるノウハウを教えます」
    という弊社の企画から、見事ベストセラー著者となった中山和義氏。押切もえさんの推薦で話題となり16万部突破のベストセラーとなった『大切なことに気づく24の物語』を皮切りにシリーズ4作の累計部数は32万部を突破。今や、ビジネス書のスター著者としての地位を確立しつつあります。
    なぜ、彼はベストセラーを出せたのか?それは後に「伝説」と言われる、あるセミナーがきっかけでした。仕事、人間関係、恋愛など、人生がうまくいく人の「ある共通点」とは?当時を振り返って、中山氏は以下のように書いています。

    友人の勧めもあってこの企画に応募した私は1次の書類選考を通過した後、2次選考の太田社長との面接に行きました。その時、太田社長に「あなたの強みは何ですか?」と質問をされたので「私の強みはテニス事業で人を集めたことです。だから、それを本に書きたい」と答えました。太田社長は、私の顔をじっと見ながら「中山さん、あなたの本当の強み、才能はそんなことではありません。本当の自分を見つめれば本当の強みと弱みが分かるはずです。それが分かってから本を書かないと売れる本にはなりません」と言いました。続けて

    • 1 out of 5 stars
    • 過去の視点のみ

    • 投稿者: ゆたか 日付: 2018/08/26

    価格: ¥ 2,000

    • 男スピと女スピ?

    • BK_YKHK_000134
    • 著者: 鏡 リュウジ
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    よく聞かれることなんですが、どうもいわゆる「スピリチュアル」の世界には、 男性にアピールするものと女性にアピールするものがあるよう。別に僕は女性だけを意識して講座をやったり本を書いているわけではないのですが、おつきあいくださっている方は圧倒的に女性の方が多いのですよね。 その一方、どうも男性を多く引き付けるようなジャンルもあるようで……(まあ、どの業界でも全体としては女性のほうが何でも熱心で多いということは言えそうですが)一体どこが違うのかなあとぼんやりと考えていたりします。(本文より)  占星術等占いはもちろん、心理学や哲学、神秘学、等にまつわるエッセイを中心にしたメルマガ鏡リュウジ「プラネタリー夜話」はこちらから→http://yakan-hiko.com/kagami.html

    価格: ¥ 500

    • 「迷信」とは何か

    • BK_YKHK_000132
    • 著者: 鏡 リュウジ
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    最近読んでいた本で「なるほど」と思ったことがあります。「迷信」とは何か、 ということです。僕のやっているような占いは、近代的には「迷信」だと考えら れることが多いですよね。 迷信を広辞苑でひくと「迷妄めいもうと考えられる信仰」とあります。ただ、さすが広辞苑、「その判定の標準は常に相対的で、通常、現代人の理性的判断から見て不合理と考えられるものについていう」とあります。ある信念が「迷信」かどうかは、その時代のパラダイムによって変動するわけですよね。 ただし、その「迷信」という概念そのものも、時代によって大きく変動してきて いるらしいのです。(本文より)  占星術等占いはもちろん、心理学や哲学、神秘学、等にまつわるエッセイを中心にしたメルマガ鏡リュウジ「プラネタリー夜話」はこちらから→http://yakan-hiko.com/kagami.html

    価格: ¥ 500

    • 魔女たちの信条

    • BK_YKHK_000133
    • 著者: 鏡 リュウジ
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    西洋のものは何でもいち早く取り入れるのにたけた日本人ですが、全くと言って いいほど日本で理解されない大きな西洋カルチャーが一つ、あります。それが「 魔女」たちの世界。僕がイギリスで魔女たちに出会うというと、ほとんどの日本 人は呆れた顔をするか、一種のジョークだと思うようです。 でも、このメルマガを読んでいる人たちにはもう周知のことだと思うのですが、 欧米で「魔女」というのは、大きな文化的運動になっていて、魔法の文化を生き ている人たちは極めてシリアスなのです。Witchcraft(ウィッチクラフト)といえば、広い意味でのPaganism(ペイガニズム)運動の一つです。ペイガニズムとは、キリスト教、あるいはもっといえばアブラハム宗教と対照的な、ヨーロッパ土着の宗教を復興しようという運動のこと。その意味でネオペイガニズムともいわれ ます。(本文より)  占星術等占いはもちろん、心理学や哲学、神秘学、等にまつわるエッセイを中心にしたメルマガ鏡リュウジ「プラネタリー夜話」はこちらから→http://yakan-hiko.com/kagami.html

    価格: ¥ 500