最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

新潮読書クラブ 第六回 夏目漱石『吾輩は猫である』

ナレーター: 町田 康, 都甲 幸治
再生時間: 1 時間 28 分
5 out of 5 stars (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

新潮社のオフィシャル読書会で、名作を一緒に読みませんか? 

現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで―—。新潮社の倉庫をリニューアルしたレクチャースペース〈soko〉では、毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして公開読書会を開催しています。あなたもaudibleで参加してみませんか?

第六回の課題図書は、2016年に没後100年を迎える夏目漱石の『吾輩は猫である』(新潮文庫)を取り上げます。漱石の処女作であるこの超ロングセラー文学は、中学の英語教師・珍野苦沙弥(ちんのくしゃみ)家に飼われている名前のない猫「吾輩」の視点から、人間社会をユーモアたっぷりに描いた名作です。                   
今回の“一緒に読む人”は、作家の町田康さん、そして “読書クラブ”の部長として会を進行してくださるのは、翻訳家の都甲幸治さん。『猫にかまけて』『スピンク日記』など動物が登場する作品を書き、現代文学に最先端の「笑い」をちりばめ新しい日本語文学を確立した町田さんは、夏目漱石という先達をどう読むのか? 果たして文学における「笑い」とは、「救い」とは何なのか? 近代文学の起源に立ち返って、町田さんと一緒に考えていきます。
かつてこの本に魅せられた方、この読書会をきっかけに初めてページをめくる方、どんな方でもお気軽にご参加ください。新潮読書クラブでは、新しい出会いをご用意してお待ちしております。


*レクチャースペース〈soko〉は店舗内のオープンスペースのため、たまに環境音が入っていることがございます。ご了承くださいませ。
(C)2016新潮社soko カバーアート(C)新潮社soko

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。

同じ著者・ナレーターの作品