最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

新潮読書クラブ 第三回 ドストエフスキー『罪と罰』

著者: 島田 雅彦
ナレーター: 島田 雅彦
再生時間: 1 時間 26 分
3.5 out of 5 stars (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

新潮社のオフィシャル読書会で、名作を一緒に読みませんか? 

現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで―—。新潮社の倉庫をリニューアルしたレクチャースペース〈soko〉では、毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして公開読書会を開催しています。あなたもaudibleで参加してみませんか?

第三回の課題図書は、いよいよ文学史上に比類のないモンスター級の傑作『罪と罰』の登場です。「世界で最も有名な1冊」といっても過言でない小説ですが、意外に読んだことがないという方も多いかもしれません。貧しさの中で殺意を抱いていく主人公のラスコーリニコフ。「善」という目的のためならば、人を殺しても許されるのか? ドストエフスキーが『罪と罰』で仕掛けたこの根源的な問いは、時代を超えてなお私たちをとらえて離してくれません。

一緒に読む人は、さまざまな古典を「いま」とリンクさせながら分かりやすく読み解く、作家の島田雅彦さん。『罪と罰』の面白さを、徹底的に教えていただきます! ひとつ目のポイントは、現代にも強烈に通じるテーマです。ドストエフスキーが描いたのは、運命に翻弄される人間の小ささ。それは、格差社会、テロ、SNSなど、「いま」の私たちの問題と繋がっていきます。そしてもうひとつのポイントは、いつ読んでも誰かしらに心を重ねてしまうキャラの立った登場人物たち。島田さん自身は20代で主人公ラスコーリニコフに共感し、最近では退廃的な中年男スヴィドリガイロフに惹かれるようになったといいます(六本木あたりで一緒にお酒を飲んでみたいのだとか)。ドストエフスキーの多重人格的な、華麗なるキャラクターの描き方にも注目です。                                     
かつてこの本に魅せられた方、この読書会をきっかけに初めてページをめくる方、どんな方でもお気軽にご参加ください。新潮読書クラブでは、新しい出会いをご用意してお待ちしております。
(進行:新潮社 宮川直実)

*レクチャースペース〈soko〉は店舗内のオープンスペースのため、たまに環境音が入っていることがございます。ご了承くださいませ。
(C)2015新潮社soko カバーアート(C)新潮社soko

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • とっと
  • 2018/05/28

「罪と罰」そのものをAudible で聞ければよいのに

人の解説を聞くのもよいのですが、どうして原作の視聴ができないのでしょか? 考えてみれば日本の名作はいろいろ聞けるようになりましたが、欧米の名作はほとんど収録されていないように思えます。今後に期待しています。

3人中3人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • totoga
  • 2018/04/19

講演!

最後の京都訛りのドストエフスキー、最高です。罪と罰、読み返して見たくなりました。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。