最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

新潮読書クラブ 第七回 太宰治『人間失格』 

ナレーター: 穂村 弘, 瀧井 朝世
再生時間: 1 時間 39 分
4 out of 5 stars (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

新潮社のオフィシャル読書会で、名作を一緒に読みませんか? 

現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで―—。新潮社の倉庫をリニューアルしたレクチャースペース〈soko〉では、毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして公開読書会を開催しています。あなたもaudibleで参加してみませんか?

第七回の課題図書は、太宰治の『人間失格』(新潮文庫)を取り上げます。本作は、あの有名な「恥の多い生涯を送って来ました」から始まる、“本当の自分を誰にもさらけ出す事の出来ない男の人生”を描いた太宰の代表作。新潮文庫では累計600万部を超え、夏目漱石の『こころ』と並ぶベストセラーとしても知られています。

今回のゲストは、『人間失格』の「自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです」という主人公の叫びにびびりながら共感してしまうという穂村弘さん。この作品を読んだ時、「生き延びる」ことを共通目的とする世界の網の目から零れてしまう恐怖、同時に零れてしまった「もうひとつの世界」にしかない「生きている意味」を、穂村さんは感じたと言います。 “読書クラブ”の部長として会を進行してくださるのは、古今東西さまざまな本を読んできたライターの瀧井朝世さん。王道の名作ともいえる本作、お二人によってどのように語られるのでしょうか。

かつてこの本に魅せられた方、この読書会をきっかけに初めてページをめくる方、どんな方でもお気軽にご参加ください。新潮読書クラブでは、新しい出会いをご用意してお待ちしております。
(進行:新潮社 宮川直実)

*レクチャースペース〈soko〉は店舗内のオープンスペースのため、たまに環境音が入っていることがございます。ご了承くださいませ。
(C)2016新潮社soko カバーアート(C)新潮社soko

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 島田 明日美
  • 2018/08/01

読んだことなかったけど

太宰治を読んでみようという気になりました。面白かった。