最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

十代目金原亭馬生 ベスト オブ ベスト 「今戸の狐」「淀五郎」 今戸の狐(1976.11.17新橋演舞場稽古場)

今戸の狐(1976/11/17 新橋演舞場 稽古場)
著者: 乾坤坊 良斎
ナレーター: 十代目 金原亭 馬生
再生時間: 43 分
5 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 500
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

江戸時代の名人初代三笑亭可楽の門下に若い二つ目の良輔がいた。寄席の上がりだけでは生活が出来ない上に、通い弟子なので暮らしに困りはてていた。師匠は厳しく内職を禁じていたので、芸人の見栄もあるために、我慢をしていたが..。
当時の噺家の暮らしぶりがうかがえる噺で、父の五代目古今亭志ん生譲り。馬生は噺の雰囲気を生かして演じている。
(C)1976 日本コロムビア株式会社

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。